あなたは大丈夫?「運転マナーが悪い人」はどんな人?

マナー

自分の運転のマナーが悪いことに気付いていない人は多くいます。
自分の運転を客観的にみるのは難しいかもしれませんが…自分の運転を見直すためにはとても大切なことです!
無意識に周りの運転手に嫌な思いをさせてしまっている可能性もあります。

マナーの悪い運転でトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。
ここでは運転マナーが悪い人の特徴を詳しく紹介するので、自分が当てはまるか当てはまらないかをしっかり見極めましょう!
当てはまる項目がある場合は運転をするときに意識しながら行いましょう。
意識を変えることで運転のマナーは改善することが出来ます。

また運転マナーが悪い車に出会ってしまった時の対処方法も紹介します。
自分はマナーを守っていても周りの車全て守っている訳ではありません。
このような車に出会ってしまったときは注意して対処し大きなトラブルに繋がらないようにしましょう!

車の事故は毎日起きています。その中にはマナーが悪いことが原因で起こってしまうものもあるのです!
マナーの良い運転は安全運転にも繋がるのでとても大切です!

運転マナーが悪い人の特徴5つ

運転のマナーが悪いと言われる人はどのような運転をしているのかここでは具体的に紹介します。
自分はここで紹介したような運転をしたことがあるか、ないかを確認しましょう!
もしもある場合は今後同じような運転をすることがないように注意しましょう。

①ウィンカーを出すのが遅い

ウィンカーを曲がる直前でだしたり、曲がりながら出していてはまったく意味がありません。
前もって周りの車に曲がることを知らせるためにウィンカーはあります。
曲がることが分かっていれば周りの車も事前にスピードをおとすことが出来ますね!
それが出来ないと急ブレーキをかけなくてはいけなくなったりと事故につながってしまう可能性もあります。
事故が起きなくても周りの車の運転手の中にはドキッとしたりイラっとしたりしている人がいることを忘れないようにしましょう!

②お礼をしない

車を運転していると道を譲ってもらったり、前に入れてもらったりと親切にしてもらうことがあると思います。
そんな時は相手にお礼を伝えましょう!
お礼もしないと親切にしてくれた人が嫌な気持ちになってしまいます。
お礼の方法には手をあげたり、ハザードランプを数回点滅させるなどがあり、とても簡単なので行いましょう!

③車間距離が短い

前の車の運転手が嫌な思いをしています。自分的には無意識で車間距離が短くなってしまっている人も結構いるので注意が必要です。
相手に嫌な思いをさせるだけでなく急ブレーキをかけなくてはいけないことなってしまったり、最悪の場合事故に繋がる可能性があります。

④健常者なのに障害者用駐車スペースに止める

駐車場が混んでいると健常者なのに止めてしまう運転手がいます。
少しの時間だから大丈夫だろうとか障害者用駐車場はいくつもあるから大丈夫だろうと自分のよい方に考えてしまってはいけません!
本当に体が不自由で困ってしまう人が出てきてしまいます。

⑤ヘッドライトを点灯しない

ヘッドライトは日没前から点灯するようにしましょう!
しかしきちんと日没30分前から点灯する人は0.9%しかいないことが分かっています。
ヘッドライトは自分が見やすいように点灯するだけでなく周りに自分の車の存在を知ってもらうためにも使われます。

運転マナーが悪い車に出会ってしまったら

自分は運転のマナーに気を付けていても、運転マナーの悪い車に出会ってしまうことはありますよね…
そんな時に対処方法を紹介します。
トラブルにならないために知っておいた方が良いと思うので是非読んでみて下さい!

まずマナーの悪い車に出会っても自分は決して同じことをしないようにしましょう!
事故に繋がってしまったり、相手とトラブルになる可能性がとても高くなります。

①マナーの悪い車から離れる

近寄らないのはもちろんですが、後ろにマナーの悪い車がいる場合は安全な場所をさがしてすみやかによけましょう!
先にいかせてその車から離れることが大切です。
近くにいると事故に巻き込まれてしまったり、ずっと嫌な思いをさせられてしまいます。

②自分はイライラしない

マナーの悪い車にイライラしてしまうと、自分の運転も荒くなってしまいとても危険です!
いつものように落ち着いて運転することを心掛けましょう。
マナーの悪い車を気にしすぎるより、自分は安全に運転することに集中することが大切です。

③警察に連絡する

自分で注意をするのではなく警察に連絡しましょう!
注意をした人が素直にその注意を聞いてくれるとは限りません。
危ない目にあう可能性もあるので、むやみに注意するのはやめましょう。
警察に任せることで安全に解決することが出来ます。

まとめ

車のマナーはとても大切です。
たくさんの車が走っているところにマナーの悪い車がいると、周りの人を不快な気持ちにさせてしまったり、事故につながってしまうこともあります。

運転マナーが悪い人の特徴は以下の通りです。
①ウィンカーを出すのが遅い
②お礼をしない
③車間距離が短い
④健常者なのに障害者用駐車スペースに止める
⑤ヘッドライトを点灯しない

自分は気付いていないけどマナーの悪い運転をしてしまっている可能性もあるので、1度自分の運転を見直してみることをおすすめします。

運転マナーの悪い車に出会ってしまったときの対処方法は以下の通りです。
①マナーの悪い車から離れる
②自分はイライラしない
③警察に連絡する

トラブルに発展してしまったり、最悪事故を起こしてしまうことがあるかもしれません。そうなる前に対処することが大切です。