簡単チェック!ライブで夜行バスに乗るときの持ち物必需品リスト

マナー

夜光バスに乗ってライブに行こうとするときに忘れてはいけないものはないか気になりますよね?

ライブに必要な持ち物や夜光バスで過ごすときに注意することについて紹介します。

夜行バスの必需品リスト【ライブに行く場合】

① ライブグッズ

ライブに行くために必要な荷物は多くない方がいいですね。
ライブに参加するときに必要なものについて紹介します。

・アーティストのTシャツ
・汗拭きタオル
・夜に使うペンライト
・帽子

② ボディバッグ

ボディバッグは少しの荷物を持ち運べる斜めがけのかばんです。
ライブに行くとコンパクトなボディバッグや小さめバッグを持っていく人が多いです。

キャリーバックや着替えが入っているバックは近くのロッカーに預けるか、泊まるホテルに荷物を預けてからライブ会場に行くことをおすすめします。

ライブに必要な持ち物
・飲み物、スマホ、お金、チケット、汗拭きタオルなどボディバッグに入れましょう。

③ 充電器

知らない土地に行くならスマホで道案内をする人も多く、スマホの充電機を忘れて充電ができないと困るので、バスに乗っているときに充電をすませておくとライブ会場に着いても慌てることがありません。

私は友達とよくライブに電車で行き泊まりがけで行ったことがありますが、全く知らない土地なので、充電機は忘れずに持っていきます。
着替え、メイク道具、お金、タオルはバックに入れて持っていきます。

④ 過ごしやすい服を持っていく。

高速バスに長い間いると、バスの車内で1泊することもあります。
ライブ会場へと行くまでに着ていく服とは別でバスの中で過ごす服を持っていくことをおすすめします。

・パーカーやTシャツなどバス車内用の服として持っていくと、リラックスした状態で寝ることができます。

⑤ 化粧ポーチやスキンケアセット

女性に必要な持ち物で仕事や行くときや遊びにいくとき私の場合ですが、それくらいの外出なら化粧ポーチには最低限のメイク用品しか入れません。
ですが、バス泊を含むライブ遠征となると、そこに

・化粧水、乳液、クレンジングや必要最低限のメイク道具を持っていきましょう。

メイクをおとすクレンジングや化粧水などは、ボトルで持っていくと荷物になるので使いきりタイプを買っておくと荷物が多くなりませんよ。

夜行バスの必需品は100均でもこれだけ揃う

① アイマスク

仕切りカーテンがあっても揺れで隙間から入る光が気になる人はアイマスクをつけましょう。
暗い場所じゃないと寝つくことができない人にとって必要なアイテムです。

② 耳栓

バスのエンジン音や他に乗り合わせている人のいびきが気になって眠れない人は耳栓を買っておくといいですよ。
持ち運びができる音楽プレイヤーを持っている人は、音が外に漏れないように音楽をきくとリラックスすることができます。

③ ペットボトルの水

バスの中は空気が乾燥しているのでのどが乾燥しやすいです。
ペットボトルを持っていくと喉から乾燥を守ることができます。

④ ACアダプターや充電ケーブル

スマホやガラケーを持っていない人は少ないと思いますが、スマホを持っていくときは充電するコンセントを持っていくことをおすすめします。

最近の高速夜行バスはコンセントがついている座席が多いので、忘れずに持っていきましょう。
乗る夜行バスに充電するコンセントがあるか調べておく必要があります。

100均のダイソーにもスマホを充電機がありますが、電池を充電してからスマホにつなげることができます。

充電ケーブル
家に充電器を置いたままで困っているなら、コンビニエンスストアはACアダプターは1000円、Android用USB充電ケーブルも1,000円前後が売られています。

⑤ 懐中電灯(ミニライト)

バスの車内は明かりがないのでスマートフォンや財布を落とす可能性があるので、キーホルダーにつけられるようなミニライトがあるとすぐみつけることができるので便利です。

⑥ クレンジングオイル

100均にも使い捨てタイプのクレンジングオイルは売ってありますが、肌がデリケートな人は肌が赤くなりかゆみがでる可能性があるので、コンビニにある使い捨てのクレンジングシートを買いましょう。

まとめ


夜行バスに乗ってライブ会場までいくのは大変ですが、バスの中でリラックスした状態で過ごすことができたらぐっすり寝ることができます。

私も夜行バスに乗って友人と行ったことはありますが、バスは色んな人が乗り合わせているのでストレスがたまり、家で過ごすような雰囲気でリラックスしたいなら100均でアイマスクや耳栓などを買っておくと夜行バスでの過ごし方を考える必要があります。

夜行バスでライブ会場に行くなら必要最低限の荷物を持って楽しみましょう!