衝突事故を失くそう!アナタに知ってほしい、ハザードランプの意味

車関係

ハザードランプは車に乗っている人ならよく使っていると思います。
ハザードランプの意味、どんなときに使えばいいのかを紹介したいと思います。

ハザードランプの意味は「お礼」だけ?

hazardは英語では危険という意味になり正式名称は非常点滅表示灯というそうです。

車が故障して路上に駐車しなければならないとき、クルマがけん引されるときなどに周りのドライバーに、危険を知らせるためにつけるランプです。

ハザードランプをつけて消すことができるハザードスイッチは他のドライバーさんに何か事故が起きるのを防ぐため、助手席からも操作ができるようになっています。

ハザードランプの使い方

夜間5.5メートル以上幅がある道路で車を止める、駐車している時は、ハザードランプやテールランプをつける必要があります。
センターラインを引いている道路に駐停車する時はハザードランプをつければ何も問題ありませんが、標識で駐停車禁止があるときはつかうことができないので注意が必要です。

ハザードランプの使い方はセンターラインを引いている道路で駐停車する時のみです。
センターラインが表示していない道路でも車をとめる時にハザードランプをつけた方が周りの車に止まっていることを伝えることができるので積極的に使いましょう。

夜はスモールランプと一種ハザードランプもつけた方が目立ちます。
周りの車に他の車がとまっていることを知らせると当て逃げされませんよ。

信号が無い山や峠、高速道路で止まるとき

止まる場所が少ないですがたまに工事をしているときがありますが、車をとめるように指示があるときはを渋滞していて進めない時に自分は車をとめますよとランプをつけることで、あとからくる車に対して警告をすることができます。

前の状況があとからくる車から様子が見えにくいトラックドライバーは、峠や高速道路でトラックがスピードをおとしながらハザードランプをつけている時は、譲っているのではなく事故、工事、渋滞などで止まることを教えています。

霧で前がみえないとき

濃い霧で前が見にくいときは片側一車線の道路を走っているときにハザードランプを点灯しながら車を走らせる使い方もあります。

ランプをつけて走ることで後続車から見えやすいので後ろから追突されることが少なくなります。
いつも霧が濃い場所なら見かけることもありますが、普段生活しているなかで使っている人は少ないと思います。

道を譲っていると勘違いされる可能性もあるので、追いつかれたらハザードランプを消して走行するとお互いに安全に車を動かすことができます。

ハザードランプの意味 回数ごとまとめ

①渋滞最後尾のハザード

高速道路などは渋滞になりやすいですが渋滞していることを最後尾に並んでいる車がハザードランプを点滅させることがありますが、あとからくる車に対して渋滞していますよ!と知らせる合図です。
渋滞をしていると追突事故などが起きやすいため事故を予防するために必要です。

②リバースハザード

スーパーなどで車を駐車スペースにバックでとめるときは、ハザードランプを点滅させて近くにいる車にバックをしますよ!と合図を送っています。

③ありがとうハザード

車線変更するときや道をゆずってくれたクルマに対してありがとうという意味で2~3回ハザードランプを点滅させることがありますね。
地域やその場の状況によって意味が違うときがあるので頭を下げましょう。

車線変更をしたい時にウインカーを表示して入りたい車線の車がスピードを下げて、無事に車線変更が終わったあとに入れてくれてありがとうというお礼を伝える時もハザードを使うことがあります。

④路肩に停車することを伝える時

タクシーがよく使う合図ですね。お客さんを乗せて降ろしたりする時にハザードをつけて車をとめます。
左に車を寄せながらハザードランプをつけて停車しますと車に伝えています。

※タクシーだけではなく一般の車でも駐停車禁止区域でハザードをつけて停まっている車両を見かけますが違法行為ですよ。
ハザードをつけていても車が止まってはいけない、駐車していけない場所は、ハザードランプをつけても違反していることになるので注意が必要です。

さいごに

ハザードランプはあとから走ってくる車に対して危険を知らせたり、道をゆずってくれた車に対してありがとうという気持ちを相手に伝えるために欠かせない使い方だと思います。

車をとめてはいけない場所にとめてハザードランプをつけても違法行為をしているので間違った使い方をしないようにハザードランプの使い方を勉強する必要があります。

正しいハザードランプの使い方ができるように普段の生活で他の車がどんな合図を送っているのか知る必要があるので、本、図書館などに行ってハザードランプについて勉強をして正しい使い方を知り実際に車に乗っている状態で合図を出してみてはどうでしょうか?

何気ない生活の中でつかっているハザードランプですが、この機会にハザードランプを使い分けて事故を起こさないように安全な運転を心掛けましょう。

コメント