波戸岬納涼花火大会は海水浴場でも人気スポット

海水浴

佐賀県の海水浴場スポットとしても有名な波戸岬では地元では有名な花火大会があります。
地元の人たちは波戸岬花火大会として長年、開催と地域密着で行われています。

もちろん佐賀県唐津市波戸岬海水浴場が花火会場になっていますので海水浴に遊びに来てそのまま花火大会を見学する方も多いらしいです。

波戸岬納涼花火大会の開催日時

8月26日20時~20時40分
波戸岬の漁火をバックに山型のナイアガラを見ることが出来ます。
佐賀県唐津市にある玄海国定公園波戸岬の漁火をバックに花火が打ち上げられ、山型のナイアガラが特徴的です。
もちろん、最近のはやりにもなっている文字の出る仕掛け花火などバラエティーになっています。
打ち上げ数は例年2000発ぐらいですので、2018年も同様に2000発があげると思いますよ。
また来場者数は4000名前後らしく、海岸で行われるので、ゆったりと鑑賞できるのが良いですよね。
原っぱや砂浜に寝転んで観賞している人も多いらしいです。

地元の口コミさんより

出店がならんでおりとても綺麗な花火が打ち上がります。
たくさんの人が賑わいとても賑やかな花火大会です。
出店ではたくさんのおいしいものがあります。
特に海水浴場をバックに山形のナイアガラが披露されとても綺麗です。
地元なのでよく行っています。

波戸岬納涼花火大会で良かったこと、感動したことは?

花火大会では毎年ゲストが来てみんなとても楽しんでいる様子でその場にいるだけでとても楽しい気分になります。
昨年の2017年に花火が終わり周りはゴミが落ちていました。
それをみた子供が「パパ、ゴミが落ちてきたら道路が可愛そうだよ」といっており、子供が率先してごみひろいしているのをみてとても感動しました。
大人も子供に見習っていくべきですね。
やはりゴミをポイ捨てする人がいるので、場所、場所でゴミ箱を設置するのがいいとおもいます。
そうすることによってポイ捨てする人がいなくなると思います。

さいごに

日中は海水浴を楽しんで、夕方からは花火大会を鑑賞しませんか?
唐津市の海岸はとても綺麗なのでおすすめです。
またどこのお祭りや花火大会でも云える事だと思いますが、花火大会が終わったあとは、必ずゴミをポイ捨てせずに、ゴミ箱に捨てるか、場合によっては持ち帰る気持ちが必要です。
楽しく鑑賞するにはマナーも大切ですね!