富士山登山に行って来た!ツアー・ご来光・御朱印・おすすめスポット

登山・ハイキング

日本一の富士山。数多くの登山の方が山開きとともに多く訪れます。
世界遺産に登録されてからは海外の観光客もかなり増えていますね!

今回ご紹介の記事は、富士山登山ツアーに参加された方の記事を紹介します。

富士山 アクセス

富士山登山に行った日時、交通手段、誰と行った?


ツアーに申し込んで行きました。7月14日の朝、新宿に集合して、そこからバスで富士山5合目まで行きました。
だいたい2時間半かかったと思います。そこから、レンタル品などを借りました。
リュック、ウェア、ハットは持っていたので、スティック、トレッキングシューズ、ヘッドライトを借りました。
お昼はバスの中で食べました。14:00頃吉田ルートで登り始めました。
1時間ちょっとずつに休憩をとり、カロリーメイトなどを食べました。
0:00前後に8合目の山小屋で夕食を食べ、仮眠をとりました。
そして午前2:00に再び登り始め、4:00前に山頂に着きました。
この流れで御来光まで余裕はあります。
6:00前には下り始め、再び5合目についたのは15:00頃でした。
しっかりとしたお昼は取らず、あらかじめ買っていたウィダーなので軽食を済ませました。
下山後、近くの温泉に行き汗を流しました。
レンタル代、温泉代、バス代込みで¥20000です。
ツアーにはサークル仲間30名ほどで参加しました。
8合目から山頂は混んでいました。

富士山に行こうと思った理由はなんですか?


登った人みんなに「日本人なら一度登るべき」とおすすめされて、ずっと興味を持っていました。
私は元々、自然が好きで夏には海や登山に行くのが家族の恒例行事だったためです。
しかし、個人的に登るのは体力的にも安全面的にも怖く、行動に移せないでいました。
そんな中、自分が所属しているサークルで富士登山企画をやらないかと誘われ、良い機会だと思って承諾しました。
参加者を30人くらいに設定し、ガイドさんが一人つくツアーに申し込みました。
私が富士登山において不安に思うところはなくなりました。
レンタルで登山グッズも借りられるので安くすみました。
そして当日。天気にも恵まれ、軽いロッククライミングも交えながら楽しく登りました。
きつかったのは8合目の後からです。その付近で宿に泊まり、仮眠を取ったあとが御来光に向けてラストスパートでした。
酸素が薄く、何人かは酸素ボンベを吸いながらの登山となりました。
私も少しきつかったですが、それ以上に星が綺麗で頑張れました。
御来光も、なんともいえない感動の気持ちに包まれました。
帰りはずっと同じ景色をひたすら下るのできつかったです。

富士山周辺の観光や美味しいお店やおすすめ、穴場、行った人だからこそ知ってるスポット


山頂で豚汁かお汁粉を購入することができます。
疲れている時の汁物は本当に染み渡ります。
結構混んでおり、座れないことも多々あるので、山頂に着いたらすぐにそちらに向かうと良いと思います。
また、山頂にポストがあるので、自分に手紙を書いて持って行くのも楽しいと思います。
私は、そのこと知らずに登り、少しばかり後悔しています。
時間がある方は山頂で御朱印を、もらうのも良いかもしれません。
すごく並んでいた記憶がありますが、一生の記念品になると思います。
また、不安な方には宿で仮眠をとってもらうプランをお勧めします。一度足を休めることができますし、カレーやカップラーメンなどを購入することができます。
その時間に、ダウンや、酸素ボンベなどを準備して、万が一の時に備えました。
また、登山中はお風呂に入れないので、下山後近くの温泉に行くのもお勧めです。
また、ルート的には吉田ルートというのが、1番簡単だと言われています。
酸素が薄くなってくると、道も平らに近づき一気に疲れることはありませんでした。

コメント