宮島(厳島)の紅葉谷公園の紅葉の見どころ

紅葉

日本三景の一つと云われている宮島(厳島)は弥山の原始林を背景に瀬戸内海に浮かぶ厳島神社の風光をいいます。
日本三景とは、宮城県の松島と京都府の天野立と広島県の厳島(宮島)を指して風光をたたえるために云われている景勝地です。

厳島神社の歴史

厳島(宮島)は歴史深く、旧石器時代からの名残ある地で、縄文弥生時代の石器など多数発見されています。
また弥山では山岳信仰の発祥ともいわれ、祭祀遺跡なども発見されている場所でもあります。
平安時代には「恩賀(おんが)の島」と呼ばれた歌枕の地でもあり有名な和歌が伝わる。恩賀とは「神の御香が深い」ということで知れ渡ってます。

入り海の二十浦(はたうら)かけて十島(としま)なる中に香深き島は七浦
—小野篁

恩賀島(たぐいなきしま)の姿は自ずから蓬の山も此処にありけり
—在原業平

参照 https://ja.wikipedia.org/

厳島神社は海上に浮かぶ大鳥居と社殿で多くの人に知れ渡っています。
平安時代に平清盛が厚く庇護したことで発展してきました。
現在、本殿、幣殿、拝殿、祓殿、廻廊は国宝または国の重要文化財に指定されています。
皇族・貴族・武将・商人などが奉納した美術工芸品や武具類は貴重なものが多く、「平家納経」は、平家の栄華を天下に示すものとして豪華絢爛たる装飾が施されて日本美術史上特筆すべき作品と云われています。
厳島神社および弥山原始林は、1996年にユネスコの世界遺産に登録されています。

宮島・紅葉谷公園の場所は?

最寄り駅はJR山陽本線の宮島口駅
広島電鉄宮島線の広電宮島口駅。
宮島桟橋より徒歩約20分

口コミさん記事

19歳女性
広島県の廿日市市にある世界遺産の宮島の紅葉はとても美しいです。
おすすめな理由は、まず世界遺産の厳島神社と紅葉のコラボレーションがみられることです。
また、瀬戸内海が目の前に広がっているので、紅葉と海のコラボレーションもみることができます。
山頂の方に登って行くと、上から山を見下ろすかたちになり、また格別なけしきをあじわうことができます。
また、宮島は観光地であるため、人力車が走っており、紅葉の季節になると紅葉スポットを人力車の方が案内してくれることもあります。
また、観光地ということもあり、食べ物もたくさんあります。
とくに有名なのは、かき、お好み焼き、などです。
最近では、おしゃれなカフェなども続々とできてきています。
美しい紅葉を見ながら食べる食事やコーヒーは格別ではないかと思います。
また、宮島名物の鹿もたくさんいますので、紅葉と鹿を写真に収めたら、今流行りのインスタ映えを狙うことができると思います。
また、行き帰りの船の上から眺める宮島の紅葉も非常に美しいです。
海が近いため過ごしやすい気候でもあります。
注意点としては、食べ歩きをしているとたまに鹿に追いかけられてしまうことがあります。
紙でできた地図なんかも簡単に食べられてしまうので、気をつけた方がいいです。

さいごに

日本三景の一つとして有名な宮島(厳島)は、紅葉以外にも見どころたくさんです。
私も数年前に訪れ、本当に感動した経験があります。
今は、日本人以外に海外の観光客もたくさん見られていますね!
ぜひ、一度足を運ばれたらいいと思いますよ!