「子供が乗っています」「交通安全」車ステッカーでデコレーションを楽しもう♪

車関係

子供が車に乗っていることがわかるように車にステッカーを貼りたいと考えているけど
どこに貼ったらいいのかがわからない人にステッカーの貼り方、貼ってはいけない場所を
紹介したいと思います。

 

実はちゃんと決まってます!車へのステッカーの貼り方、貼っていい場所

シールを張ってはいけない場所は?
・フロントガラス
ステッカーを貼る事はできますがフロントガラス上部より20%の部分だけ貼る事ができます。
ステッカーを貼らない場所はカーナビのフィルムアンテナ、ETCアンテナ、車検ステッカーを貼る場所になります。

・サイドガラス
サイドガラスにステッカーを貼る事はできますが…透けているステッカーです。
サイドガラスにフィルム、ステッカーを貼るときは可視光線透過率が70%以上必要です。

・ナンバープレート
ナンバープレートにステッカーなどを貼る事はできません。
ステッカーを貼ると車検に車を出しても通るのが難しくなるので注意が必要です。

・ライトのレンズ
ライトのレンズに光を透過させる透明系のステッカーを貼る事はできます。
光を通さないステッカーは貼る事ができないので注意が必要です。
車のライトのレンズをスモークレンズにしている車を見かけることがありますが、条件が合うと違反になるので注意が必要です。

シールを張る方法は?
・水を使わない貼り方
車にステッカーを貼る方法で水を使わない貼り方があります。
水を使わない貼り方は小さなステッカーを貼る時がおすすめですよ。

①ステッカーの貼る場所を決めます。

②車のステッカーを貼る場所の汚れ、ゴミなどを取り除くことが必要です。

③ステッカーの紙を少しめくって車に貼りつけます。

やわらかいプラヘラを使ってステッカーを貼りつけましょう。
一度に貼るのではなく少しずつ端からつけていくときれいにつけることができます。

※水を使わない貼り方のいい所は道具がなくても誰でも簡単につけることができます。
ただ一度ステッカーを貼ってしまうと貼り直しができないので気泡、シワができないように貼ることが大切です。

水を使う貼り方は?

水を使って車にステッカーを貼る方法は大きなステッカー、厚みがない薄いステッカーを貼りましょう。

①ステッカーの貼る場所を決めます。

②車のステッカーを貼る場所に汚れ、ゴミなどをしっかり取り除く必要があります。

③車のステッカーを貼る場所に霧吹きで水を馴染ませるようにかけます。
車のステッカーを貼る場所に水をたくさんつけることで小さなゴミを取り除くことが大切です。

④ステッカーについているのりに、霧吹きで水をたくさんつけましょう。
ステッカーを半分めくって水を吹きつけてから、ステッカーの半分を水で濡らします。
ステッカーの残りも霧吹きで水をつけます。

⑤ステッカーを車に仮につけてステッカーの貼る場所を決めます。
ステッカーの糊部分が濡れているのですぐに張りつくことはありませんが、ステッカーを手で動かせるので貼りたい場所を決め直すことができます。

⑥ステッカーを貼る場所を決めたらゴムヘラを使ってステッカーの水を取り除きます。
水の抜く方法はステッカーの中央から外側に水を押し出すとうまく水を取り除くことができます。

⑦ステッカーの水が完全に抜けたら乾燥させたら出来上がりです。

水を使う貼り方のいい所は気泡が入りにくくシワもできにくくキレイにできます。
車にステッカーを貼る場所を簡単に決めることができます。

悪い所は道具をたくさん用意する必要があり、水を使わない貼り方より作業することが多いので手間がかかります。

※車に貼りつけたステッカーが短い時間ではがれないようにするためには下地処理が必要です。
ステッカーを貼る場所にゴミや油分が残っていると接着力が下がります。
水拭きするだけでは油分を取り除く事ができないので、アルコール、パーツクリーナーを使って汚れ、ゴミを取り除きましょう。

失敗すると悲惨なことに…車に貼ったステッカーの綺麗な剥がし方

①ドライヤーで温める。
ステッカーをドライヤーで温めて固まった糊を柔らかくしてはがします。
ステッカー全体を温めるとめくりやすくなるので、爪で端を少しめくって糊がついている部分をドライヤーの風を当てながらゆっくりとはがします。
ステッカーをはがすスピードが速いと切れてしまうので、使うドライヤーは家で使われているドライヤーがいいですよ。

②熱いお湯ではがします。
熱いお湯を直接ステッカーにかけてはがす方法があります。
熱いお湯をステッカーにかける事で固まった糊も柔らかくなりはがしやすくなります。
熱いお湯は70度~80度くらいの温度がはがれやすいです。
熱いお湯を車の塗装面にかけるのは大丈夫ですが樹脂にお湯がかかると形が変わってしまうので注意が必要です。

③シールはがしを使う。
車のステッカーをはがす方法はシールはがし剤を使いましょう。
シールはがし剤を使うとステッカーの糊を柔らかく溶かすことではがしやすくなります。

シールをはがす剤の使い方は、ステッカーの上からシールはがし剤をつけて、5分くらい待ちましょう。
ステッカーの端がめくれたらステッカーをはがす事ができます。

ステッカーの素材によってシールはがし剤を使っても馴染まない物があります。
ドライヤー、熱いお湯などでスクレーパーでステッカーをはがして、残った糊をシールはがし剤で取り除くことができます。
シールはがし剤が車の樹脂などにつくと形、色などが変わるので注意が必要です。

④スクレバーをつかう。
車のステッカーをスクレーパーを使ってはがす方法があります。
スクレーパーは、金属製、樹脂製、カーボン製の物がありますが、ステッカーの素材によって使い分けましょう。

スクレーパーの使い方は、ステッカーの端に差し込んでスクレーパーを左右に動かして使います。
ガラスに貼りつけられているステッカーは金属製のスクレーパーを使います。
金属よりガラスの方が硬いのでキズがつく事はないが、ステッカーをはがすときは力を入れすぎたらキズがつく原因になります。

車の塗装面に貼ったステッカーは樹脂製、カーボン製のスクレーパーを使います。
樹脂製など柔らかいスクレーパーを使うときもステッカーをはがす時に力を入れすぎるとキズがつくので注意しながらはがしましょう。

ドライヤーや熱いお湯、シールはがし剤とスクレーパーを使うとキレイに早くステッカーをはがすことができます。

まとめ

 

車のステッカーを貼る方法は2つ種類あるのでステッカーを貼る場所によって使い分けることが大切です。
車のステッカーを貼る場所は決まっているので貼ってはいけない場所に貼らないように注意が必要です。
ステッカーを貼ってはがすときはシールをはがす専用の道具、ドライヤー、熱いお湯を使ってきれいにはがすことが大切です。

車にステッカーを貼るときは貼る場所を決めてからステッカーを貼るようにしましょう。
ステッカーを貼ってはいけない場所は避けてたのしくデコレーションをしましょう。