夜行バスでみんな化粧は落としてる?落とさないのもアリ?

化粧

夜行バスに乗るとき、女性にとって避けては通れない問題がお化粧です。

すっぴんを見られたくない。

化粧を落とすタイミングが分らない。

落とさないとダメ?

化粧は肌への負担を考えるとできれば落としたいですよね。

そこで、夜行バスで化粧を落とすタイミングやポイントをご紹介します。

化粧をしたまま夜行バスで過ごすしたときの肌への影響もまとめましたので、

夜行バスでの化粧で悩んでいる女性の方は参考にしてみてください。


夜行バスで化粧を落とすタイミングは難しい

夜行バスって、どのタイミングで化粧を落とせばいいか悩みますよね。

他のお客さんの目も気になります。

夜行バスで化粧を落とすタイミングとしては、バス会社や距離にもよりますが、

2、3回ほどサービスエリアでの休憩が入ります。

それぞれ15~20分くらい。どこのサービスエリアに寄るかは、はじめに

アナウンスが入ることが多いです。


全てのお客さんが乗車し終わって、出発から1時間ほど経った頃、最初の

サービスエリアへ寄ります。

そのタイミングで、サービスエリアのお手洗いでお化粧を落として、席に

戻ってから就寝、という流れでメイクオフできます。

化粧を落とすときは、メイク落としシートが便利ですよ。

特に保湿成分のあるメイク落としシートがおすすめです。

メイクを落としたら、化粧水と乳液をつけてからマスクで隠せば大丈夫です。

どうしても落ち着かない人は、眉だけ描いておきましょう。

眉を書いてマスクをすれば、すっぴんかどうかはわかりずらいですよ。

夜行バスでのお化粧落としのタイミングのもう一つの方法として、すっぴんで乗車

するとう手もあります。

バスに乗る前にターミナル駅でメイクを落とし、マスクで顔を隠て乗車します。


サービスエリアでの休憩時も、バスから降りずに寝ていられますよ。

バスでは睡眠時間重視の方におすすめです。

また、サービスエリアでは時間も決められているため、メイクを落とす時間も

ないままバスに駆け込む形になってしまったり、落ち着かないですよね。

席についてからシートタイプのクレンジングで落としたり、狭い車内で化粧水を

つけるのも大変です。

他の人の目も気になります。

バタバタが不安な方は最初から化粧を落としてバスに乗車するのも一つですよ。

夜行バスで化粧したままにするのって実際どうなの?

夜行バスでは、どうしても化粧を落とさなければダメ?化粧をしたままでも

いいんじゃない?と思う方もいると思います。

化粧をしたままバスに乗ることのメリットとしては2つあります。

1つ目のメリットは化粧を落としたり、再度化粧する場所に困らない

ということです。

すっぴんのまま夜行バスに乗ると、翌日(目的地到着日)に化粧をしなくては

ならない場合、どこで化粧をすれば良いのか困ってしまいますよね。

目的地に着いた後、どこかで化粧するとしても、早朝なので駅のトイレか

ネットカフェくらいしかありません。

また、駅のトイレは大混雑でゆっくり落ち着いて化粧はできません。

その点、夜行バスに乗る前に化粧をしておくと楽ですよね。

2つ目は誰にもすっぴんを見られないということです。

知り合いにはもちろん、他人にも絶対すっぴんを見られたくない人もいます。

 そういう人にはかなり大きなメリットでしょう。

しかし、化粧を落とさないという選択肢は、あまりおすすめできません。

ファンデーションが毛穴に入ったまま一晩過ごして、さらに一日過ごすのは

肌にかなりの負担をかけてしまいます。

化粧を落とさずに寝ると、ファンデーションの古い油分と皮脂が混じり合い、

吹き出物やニキビの出やすい環境を作ってしまいます。

アイメイクをしている場合は、寝ている間に目の中に粉やマスカラのかけらが

入ってしまい、充血の原因にもなります。

できるだけ化粧を落としてから寝ることをおすすめします。

また、冷暖房完備のバス車内で眠るのは、エアコンつけっぱなしの部屋で

熟睡するのと変わりません。

いつもより入念に保湿ケアを行ってから眠りにつきましょう。

お休みの前には、化粧水、乳液、クリームとフルケアをしておきましょう。

さらにリップクリームを塗ってマスクを着ければ完璧です。

家でも化粧を落とさないことがあるから大丈夫と思う方も、夜行バスの車内は

乾燥も強く肌への負担はかなり大きくなります。

バスを降りてから観光する方は、せっかくの観光をボロボロの肌で過ごすのは

嫌ですよね。

できるだけ、化粧は落としてバスに乗ることをおすすめしますよ。

まとめ

女性にとって、化粧も肌トラブルを避けるもどちらも大事ですよね。

今回紹介した方法で、夜行バスを快適に過ごしてみてください。

長時間乾燥の強い夜行バスです。メイク落としシート、化粧水、乳液、

マスクは必需品です。化粧を落とすタイミングのところで紹介したように、

どうしてもすっぴんが気になる方は、眉だけ描いてマスクを着けると

すっぴん感が消えるのでおすすめですよ。