又吉直樹のヘウレーカ(7月17日)駅前の放置自転車がなくなった?

2019年7月17日(水)22:00~22:45に NHKEテレで放送予定の
『又吉直樹のヘウレーカ!「なぜ駅前の放置自転車が急になくなった?」』について調べました

テレビ番組『又吉直樹のヘウレーカ!』とは?

お笑いコンビ『ピース』のボケ担当で芥川賞作家である又吉直樹さんが「オイコノミア」(2012年~2018年・NHK Eテレ)に続きメインMCを担当される教養バラエティーです。

2017年9月放送の特番を経て、昨年2018年4月から放送開始されました(タイトルにある「ヘウレーカ」は、古代ギリシャの科学者・アルキメデスが『アルキメデスの原理』を発見した際に、“わかったぞ!”“発見したぞ!”(古代語「εὑρίσκω」)と叫んだ意味だそうです。

日常生活における、様々な“不思議”に対して、自然科学や独自の視点で検証、あらゆる分野の
研究者の方々と共に番組を進めていきます。そして、ロックバンド『くるり』が歌うエンディング・テ
ーマで番組の最後を飾られます。

参照元URL:公式HP https://www4.nhk.or.jp/heureka/x/2019-07-17/31/13759/1426048/

“誘惑”に負けず、キチンとした行動を!

街や駅周辺でチラホラたまに見かける“放置自転車”について、今回取り上げます。
道端に雑に置かれていると、歩く身としてはとても邪魔ですが、そんな“放置自転車”が急に無くなりスッキリしたらどうでしょうか⁉実は、こうなってしまう驚きの仕組みがありました!
駅や目的地へ到着し“自転車を駐輪場に入れようか…”と思うものの、つい面倒に感じズルしたくなる心境が湧いてこなくもありません。しかし、そんな“誘惑”を振り切って、キチンとした(ここでは駐輪場に停める)行動を行う為の“秘策”がありました!
人はどうしても“易き”に流れてしまう傾向をよく捉えている様に思えます。ですので、台湾やシンガポールにて低価格で利用できるレンタサイクル(乗り捨て可能で、各地に設置されている駐輪場に停められる)はよく研究しているなと思いました。

人間の心理を読む“秘策”とは?

今回の自転車に対する分析をし“秘策”を生み出したのが、大阪大学講師・松村真宏さんです。
例を挙げると…、もし“バスケットゴールが付いたゴミ箱”を見たら、思わずゴミを投げたくなるのではないでしょうか⁉この人間の心理を読んだ仕掛けには、自分達の日常生活や社会を大きく変えていく力があるのかもしれません。

この番組もそうですが、NHKは『科学検証』により目の前の問題を解決に向かわせようという傾向が多い、かつ得意分野なのかもしれません。そんな中でも、人が“こう思って行動に走るだろう”という心理を捉える点が、観る者の共感を得られるのではないでしょうか。

そして番組MCの又吉直樹さんは、学んだり新しく知る事は楽しいと同時に、“プールに浮いている”様な感覚だと言われています。如何にも作家らしい独特の例えをされる方だなと思いましたが、又吉さんの表現も重なったうえで、より学ぶ事に新鮮さが出て来るようにも感じられます。

こういう発想力豊かな方が、Eテレの番組に起用されている理由が分かる気がします(実際、又吉さんは過去数年、Eテレの番組へ幾つも出演されています)。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④