東京GOOD(7月15日)夕焼け小焼けの街 八王子!鈴木愛理

2019年7月15日(月)22: 48~22: 54にテレビ東京で放送予定の
『東京GOOD!【夕焼け小焼けの街 八王子】』について調べました

テレビ番組『東京GOOD!』とは?

今年2019年7月から放送開始されている紀行バラエティー番組で、東京都内の各地を周り、そ
れぞれの隠された“魅力” を紹介していきます。
そして、施設・イベント・歴史ある場所・地元に住む方々の紹介等…、様々な“GOOD!” と出会っていきます。
番組内で紹介された“GOOD!”は、番組公式インスタグラムへ紹介されています。
現在の番組MCは俳優の杉浦太陽さんと、モデル&歌手の鈴木愛理さんです。
杉浦太陽さんは自身のブログで、朝からの撮影で東京の“良い所”を沢山探す事に意気込みを
見せておられました。

参照元URL:公式HP https://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo-good/
インスタグラム「tokyo_good_tvtokyo」

普段何気ないものには、長い歴史があります

今回の放送でピックアップする場所は、東京都八王子市です。
東京都の多摩地域南西部にあり、人口約57万人で年々増え続け活発化しています。
八王子市においても馴染みのある店やゆかりの地等、あらゆる『GOOD!』に対面していきます。
少し前に観た「月曜から夜ふかし」(7月9日放送回・日本テレビ)でも“街頭インタビューは眠らない街・八王子”と題し、八王子市が紹介されていました。

“舞妓さん”や“都内に雪予報が出た際は八王子に中継が来る”という、共通の紹介はあるものの、番組によって紹介の仕方が違う事が判ります。
“ガイドブック”みたいにオーソドックスに街を紹介するタイプや、その街のマニアックな部分を紹介していくタイプがあると思いますが、個人的には“マニアック”タイプを好みます。

「月曜から夜ふかし」と比べて、この番組はオーソドックスなものを紹介しそうな感じがしますが、都心では見かけない“ホタル”等、貴重な映像を紹介しそうな気がしました。

普段何気ないものには、長い歴史があります

JR八王子駅での電車発車メロディーは『夕焼け小焼け♪』で、地元の方々には馴染みがあります。
これは、この曲の詩を手掛けた作詞家の中村雨紅氏が東京都八王子市出身である故、代表曲『夕焼け小焼け』が2005年12月より八王子駅の発車メロディーに使用されています。
出演陣は、“創建800年以上”という神社を巡りつつ、八王子市と深い関係を持っている『夕焼け小焼け♪』のメロディーの旅に出ます。
その訪れた神社にも、境内にあった歌碑も、驚きの真実が明かされます…。
八王子市は、個人的にとてもゆかりのある場所で駅での『夕焼け小焼け♪』もよく聞いています。

普段、電車に乗る時に始終耳にするメロディーですので、特に意識はしていませんでした。
そんな普段のものにも長い歴史があると思うと、見方がやや変わるのではないでしょうか。

『夕焼け小焼け』は、中村雨紅氏が八王子市恩方地区をイメージして作詞されたと言われている
故に『夕焼小焼バス停』の設置や、(そのバス停の近くに)中村雨紅氏に関する資料を展示
している『夕やけ小やけふれあいの里』があったりと、普段調べなければ分からない事等、意外と
最近になって知りました…。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④

Twitter⑤