鎌倉のあじさい祭りとおすすめ場所とグルメ情報

行楽

初夏である6月になると紫陽花の季節を迎えます。
その紫陽花の名所として有名なのが神奈川県鎌倉市です。

鎌倉は古都の雰囲気を残しており、寺院などの歴史的建造物が数多く立ち並んでいます。そして、その寺院には無数の紫陽花が植えられており、紫陽花のシーズンになると鎌倉では「あじさい祭り」を開催しており、毎年数多くの観光客で賑わいを見せています。

そこで今回は、今年も開催が予定されているあじさい祭りについて説明していき、紫陽花の名所として有名なおすすめスポットや、会場である鎌倉市内のグルメスポットなどの情報も併せて紹介していきたいと思います。

 鎌倉あじさい祭りの日程

あじさい祭りは、紫陽花が咲き乱れる6月中旬から7月いっぱいとなっており、特に見頃となるピークは6月下旬から7月上旬と言われています。
訪問をするのなら6月下旬頃がオススメですが、その頃は全国各地から観光客が訪れるので混雑が予想されます。訪問の際は足元などに気を付けてください。

 なぜ紫陽花の名所には寺院が多いのか?

なぜお寺などが紫陽花の名所として多いのか気になりますよね。
これは、かつて現在ほど医学が進んでいなかった頃、季節の変わり目である梅雨には病気が流行しやすく、その病気で亡くなる方が多かったそうです。
ただの風邪でも当時は重病だったようです。
そのため、紫陽花には「死者を弔う花」という意味が付き、植えるお寺が増えたと言われています。
つまり、紫陽花は供養をするという意味合いが込められており、その供養をする施設であるお寺などで紫陽花を植えるのが慣例となったようです。

 あじさい祭りのおすすめ場所

あじさい祭りのおすすめスポットは、会場である鎌倉市内全域ですが、その中でも最も有名なのが「明月院」「長谷寺」「成就院」の3か所です。
こちらの3か所は「鎌倉のあじさい三大名所」と呼ばれており、全国的に有名です。
それでは、三大名所と呼ばれている各会場の詳細を紹介していきたいと思います。

・明月院

紫陽花の名所としてもっとも有名で、「あじさい寺」という異名を持っており、シーズンになると数多くの拝観客で賑わいます。
拝観時間は、9:00~16:00ですが、6月は8:30~17:00と拝観時間が長いです。
明月院へ行くには、JR横須賀線の北鎌倉駅を利用するのが便利です。
また、明月院がある北鎌倉周辺には、円覚寺や東慶寺などの有名な紫陽花スポットもあるので、明月院と一緒に訪問するのも良いかと思います。
訪問するなら6月がオススメです。

・長谷寺

6月下旬から7月中旬にかけて約2500株の紫陽花が咲き乱れるこのお寺では「新あじさい寺」と呼ばれることがあります。
高台に位置しており、相模湾が一望出来る絶景スポットです。

・成就院

参道の両脇に262株の紫陽花が植えられています。この262という数は、般若心経と同じ文字数で、参道の石段は煩悩の数と同じ108段となっています。
石段を上らなければならないため、足腰に不安のある方は大変だと思いますが、細い参道の両脇に咲く色とりどりの紫陽花は見応え抜群です。さらに、眼下に由比ヶ浜が見渡せる絶景スポットとなっています。
しかし、この「アジサイ参道」は、2015年から2017年まで大改修工事が施行されるため、紫陽花を見ることが出来ませんでしたが
2018年の今年には若干のあじさいが見られます。
現在若木は植樹されていますが、これまでのように見事な紫陽花を楽しむことが出来るのは、2020年頃になる予定となっています。
2020年は東京オリンピックが開催されるので、国内のみならず、海外から数多くの観光客で賑わうと思います。

 鎌倉市のグルメ情報

紫陽花の名所を回っているとお腹が空いてくると思います。
そこで、鎌倉市内のオススメグルメスポットを紹介していきたいと思います。

・「COBAKARA」
JR鎌倉駅東口から徒歩約3分の場所にあるカフェスタイルの食堂です。
朝8時から営業しているので、朝食を取ることも出来ます。
ワンコインモーニングでは、500円で卵かけごはん味わえますが、プラス30円で、濃厚な地鶏の卵かけごはんを味わうことが出来ます。
停職のランチメニューも、日替わり、月替わりと複数用意されており、地元の方御用達の食堂となっています。

・「笹の葉」
北鎌倉にある和食料理店です。
自然食料理を提供しており、古民家のような雰囲気の中で、プチプチとした触感の玄米ご飯や、自然な味わいの根菜類やおひたしなどを味わうことが出来ます。
今回紹介したお店以外でも、鎌倉市内には数々のグルメスポットが存在します。紫陽花巡りも良いですが、色んなお店を巡ってみるのも良い楽しみ方だと思います。

さいごに

鎌倉あじさい祭りは今年も開催される予定です。
十分気を付けて良い思い出を作ってください。
そして、存分に紫陽花を満喫しましょう。