地元民が行った!京都円山公園の穴場さくら花見スポット

京都

京都市で一番古い公園と言われている円山公園です。
東は東山に続き,西は八坂神社,南に高台寺,北は知恩院等の豊かな樹々の生い茂る境内に隣接しています。
円山公園で有名なのが、祇園の夜桜ですね。
枝垂桜の一つで現在の桜は2代目と言われています。
正式名所は、一重白彼岸枝垂桜と言って、根回り4メートル高さ12メールとで樹齢は200年で天然記念物にしてされています。
この桜で写真を撮るのが有名で海外の観光客も多くなってきています。

京都円山公園のアクセス

京都円山公園にお花見に行った時期はいつごろ?混み具合は?

2018年3月28日に京都の円山公園に桜を見に行きました。
交通手段は阪急京都線を使い、河原町駅で下車。そこから四条通りを東へ約10分ほど歩きました。
そして八坂神社に到着した後、屋台などの出店が連なる道を通り花見会場の円山公園へ向かいました。
私たちの訪れた日はちょうど満開の時期を迎えており、桜の花が咲き乱れていました。
平日の割には多くの人が集まっており、外国人観光客の姿も多く見受けられました。
私たちの到着した時間は午後2時ごろでしたが、その時間帯は主に学生や若者がメインでした。
夕方になるにつれ、スーツをきた若い人たちが増えてきました。
おそらく会社の花見の場所取りだと思います。会場は一般に解放されており入場は無料でした。
備え付けのゴザがあるようでしたが、説明書きも無く使用していいのか分かりませんでした。
そのためもし行かれる方はご自身で敷物を用意する事をお勧めいたします。
会場の雰囲気は平日の昼間ということもあり、割とおとなしめでした。
酔っ払って大声を出している人も数人いましたが、あくまでも家族で楽しめる程度の落ち着き具合でした。
春休みと言うこともあり小学生などの小さな子供も多く、とても活気のある花見会場でした。

京都円山公園に行こうと思った理由は?

私たちが円山公園を選んだ理由は第一にアクセスが便利だったからです。
私たちは阪急電車を利用しましたが、京阪電車でも円山公園の近くに行くことができます。
また駅からの道のりも祇園の観光地を通っていけるため、観光も兼ねて楽しむことができます。
会場までの道のりにはコンビニやマクドナルドもあるため、お酒や食べ物を調達することもできます。
私たちはお酒などの重たい物を持ち歩きたくなかったので、八坂神社手前のコンビニで飲料を調達しました。
花見シーズンですが品切れも少なくレジも空いていたのでおすすめです。
また八坂神社の入り口から円山公園にかけての道には屋台が連なっており、お祭り気分を味わうことができます。
日時にもよると思いますが、私たちの行った日は割とおだやかな混み具合だったと思います。
カップルや家族でゆっくりとお花見をしたいという方々にもおすすめできるような会場でした。
お祭り騒ぎをして楽しみたいと言うような方はおそらく浮いてしまうと思います。
見所は会場にある策に囲われた大きな桜の木です。
おそらく相当古い桜の木のようで、とても迫力があります。
たくさんの人がその桜の木と一緒に写真を撮っていました。
きっと良い思い出になると思います。

京都円山公園 地元民が教える感動穴場スポット

円山公園の良いところは京都の観光名所に近いことです。
行くまでの道中に祇園を通過するので運が良ければ舞妓さんに会えるかもしれません。
また有名な八坂神社の敷地内にあるため、ついでにお参りにも行けます。
また少し歩けば清水寺にも行けますので、一石四鳥くらいのお得感があります。欲張りな方は午前中に祇園を散策して、昼過ぎから花見をし、夜は木屋町などの繁華街にくりだすなんて事もできてしまいます。
会場への道中には屋台が出ています。
しかしあくまで格式高い八坂神社の境内ということもあり派手さには欠けます。
もちろん祭りの定番である食べ物は揃っていますし、インスタ映えを狙ったお洒落な屋台もあります。
しかし夏祭りなどのような回りきれない数があると言う訳ではないため、ある程度の食べ物は持参することをお勧めします。
私たちの体験から言うと、会場の雰囲気は時間が経つにつれてどんどんうるさくなっていくと感じました。
昼間にはあまり居なかった酔っ払いも夕方ごろには増えていました。
5時以降にはサラリーマンも増えるためよりうるささは増していくでしょう。
そのため静かにお花見を楽しみたいという方は午前に行くことをお勧めします。午前ならば混雑もしていないでしょうし、酔っ払いもいないはずです。
そして昼にかけて混雑してきたら周辺の観光名所をめぐるのなんていかがでしょうか。