水戸偕楽園梅まつりの見ごろはいつ?梅開花状況

梅花見

暖かくなると水戸偕楽園梅まつりが気になりますよね!?
まだ一度も観光に行ったことがない人におすすめの情報を紹介したいと思います。

水戸偕楽園の梅開花状況をチェック!

【偕楽園】約3,000本のうち712本が開花(開花率26.91%)
【弘道館】約800本のうち110本が開花(開花率19.8%)

水戸偕楽園

120年以上の歴史をもつ「水戸の梅まつり」は、偕楽園の金沢の兼六園・岡山の後楽園と一緒に日本三名園のひとつで、江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公に、領民の休養の場所として開園されました。
園内には約100品種3,000本もの梅が、春の訪れを告げるように可憐に咲き競います。
様々な種類の梅の花があるので、「早咲き、中咲き、遅咲き」と長い期間、観梅を楽しむことができるのも魅力です。

水戸の梅まつりの会場となるのは、水戸市の偕楽園と弘道館。ともに水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、偕楽園は「衆と偕(とも)に楽しむ場所」として、弘道館は「文武を学ぶ水戸藩校」として、互いに対をなす存在としてつくられました。
2015年には「近世日本の教育遺産群 -学ぶ心・礼節の本源-」として、日本の文化・伝統を守る「日本遺産」に認定されています。

偕楽園

時間は9:00〜17:00、料金は大人/200円、小中学生/100円、満70歳以上/100円) になります。偕楽園公園センターに問合せしましょう。

弘道館

大人/200円、小中学生/100円、満70歳以上/100円 、弘道館事務所

「早咲き(1月中旬~2月中旬)」

白難波(しろなにわ)

固い蕾が多い花の中に梅の花を一輪一輪探しながら散策してみてはどうでしょうか?
代表的な早咲き品種は、「八重寒紅、白難波、八重冬至、烈公梅」などがあります。

「中咲き(2月上旬~3月中旬)」

虎の尾(とらのお)

賞梅春の気配を感じながらたくさんの梅が咲き競うのを楽しむことができます。
中咲き品種は、水戸の六名木の「虎の尾、月影」などがあります。

「遅咲き(3月上旬~4月上旬)」

江南所無(こうなんしょむ)

送梅は遅く咲き始めた梅の香りを楽しみながら去りゆく梅の季節を見送りましょう。
「白加賀、春日野、江南所無」などがあります。

「偕楽園」の開園時間

梅まつり期間中(ライトアップ時をのぞく2月16日~22日、3月22日~31日):6時~19時
ライトアップ(2月23日~3月21日):6時~21時
*梅まつり開催前、2月15日(火)までは、7時~18時です。

「好文亭」の開場時間

通年:9時~17時
ライトアップ(2月23日~3月21日):9時~18時
※土曜日だけ9時~20時
※2018年は3月17日18時~21時に、好文亭でプロジェクション・マッピングがありました。

 必ず行きたい水戸偕楽園の梅酒祭り情報

全国の酒蔵がつくる梅酒160種類以上を飲み比べできる梅酒の祭典!!
飲み比べ会場で「人気投票」も実施しているので好きな銘柄を見つけよう♪
人気の全国の梅酒即売会(160種類以上)や梅酒ビールや金賞梅酒と料理の
マリアージュなど盛りだくさんありますよ。

【開催日時】

2019年3月1日(金)10:00~16:00
3月2日(土)10:00~16:00
3月3日(日)10:00~15:00
前売り券(一般券)700円、当日券800円、ファストパス・チケット1,200円(限定数)
チケットは水戸観光コンベンション協会、JR水戸駅改札脇の水戸観光案内で購入できます。枚数に限りがありますので途中販売中止になるときがあります。

水戸偕楽園梅まつりに行き方

偕楽園へのアクセス

電車・バス利用
JR常磐線水戸駅下車、水戸駅北口バス乗り場から偕楽園方面バスで約20分。
※梅まつり期間中の土・日・祝日、JR常磐線下り線に「偕楽園臨時駅」が開設される予定です(上り線は利用できません)。

【バスのアクセス案内】
●JR水戸駅北口4番乗り場より茨城交通バス「偕楽園行き」に乗車し、
「好文亭表門入口」/「偕楽園東門・常磐神社北参道」/「偕楽園・常磐神社前」下車、徒歩約5分かかります。
「歴史館・偕楽園方面経由バス」に乗車し「歴史館・偕楽園入口」下車、徒歩約8分かかります。
●JR水戸駅北口6番乗り場より関東鉄道バス「偕楽園行き」に乗車し終点「偕楽園」下車、徒歩約5分かかります。

車ご利用の場合
常磐自動車道 水戸ICより約20分
北関東自動車道 茨城町東IC/水戸南ICより約20分

弘道館へのアクセス

電車ご利用の場合
JR水戸駅北口より徒歩約8分
※途中坂道があるので注意が必要です。

 おすすめなホテルは?


ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸は、リッチモンドホテルズが提携している人気があるホテルです。
料金:3,650円~20,800円(税込み)

ホテルニュー清香は、偕楽園から歩いて10分の所にある自慢の大理石風呂で身も心も癒されますよ。
料金:3,000円~4,300円(税込み)


ホテルサトー水戸は、水戸駅北口のNHK放送局前に位置し、繁華街にも近く、観光やビジネスの拠点に最適なホテルなので観光におすすめです。
料金:4,300円~9,000円(税込み)

まとめ

水戸偕楽園梅まつりはたくさん種類が咲く花があるので、春の時期になると待ち遠しくなります。
水戸偕楽園梅まつりに行ってここでしかみられない風景を楽しんでくださいね。