濡れた本を乾かすにはアイロンより冷凍!?その方法とは

趣味

大事にしている本が濡れたことってありませんか?

飲み物をこぼしてしまったり、雨に濡れてしまったりと、

本が濡れてしまった経験をしたことがあるという方は、

けっこう多いのではないでしょうか。

本が濡れてしまうと、ページがフニャフニャになったり、

本が分厚くなってしまったりと、ショックですよね…。

そのような状態になってしまうと、どうにかして元の状態に

戻したいと思うでしょう。

ですが、どうするのがいいのか迷いますよね…。

思い浮かぶ方法は、アイロンで直すというものが多いかも

しれませんね。

でも実はアイロンよりも、冷凍する方がおすすめだったり

するのです。

この記事では、大事な本が濡れてしまったときの、おすすめの

対処法をご紹介していきたいと思います。

今、大事な本を直すために色々調べている方のお役に立て

ますと幸いです。

濡れた本を冷凍庫に入れるまでの準備


まずは、気になる冷凍するという方法の前に、アイロンで

濡れた本を乾かすやり方も見ていきたいと思います。

こちらのサイトを参考にしました。

まず、タオルで本の水分を十分にふき取ります。

このときに、優しく上から押さえるようにしてふき取るのが

ポイントになります。

次に、あて布または、吸水性のある紙を当ててアイロンを

かけるようにします。

アイロンの設定は、「ドライ低温」にするといいですね。

最後は、重しを置いてしばらくそのまま放置します。

以上がアイロンを使ったやり方です。

1ページずつアイロンをかけることになるので、かなり時間は

かかってしまうかと思いますが、本の状態によってはキレイに

シワがのびて乾く場合もあるようです。

ただし、アイロンのかけ方が悪いと、紙が焦げてしまったり、

文字がにじんでしまったりと、失敗する可能性があります。

次にご紹介するのは、おすすめの「冷凍する」という方法です。

では、そのやり方を見ていきましょう。

まずは、濡れた本をジップロックに入れ、封をせずに冷凍庫に

入れます。

このときのポイントは、本が垂直になるように置くということ

です。

垂直に置いたら、冷凍庫に入れたまま24時間以上放置する

ようにします。

そして、冷凍庫から取り出し、重しを乗せた状態で乾燥させ

ます。

本の状態にもよるのですが、乾くまでに5日以上かかる

場合が多いようです。

こちらの冷凍する方法のが、準備もとっても簡単ですよね!

ジップロックさえあればできるので手軽にできそうです。

この冷凍する方法が、一番キレイになるというので不思議

ですよね。

ただし、冷凍する方法も失敗することがあるようです。

次にそれについて見ていきます。

濡れた本を冷凍しても失敗する場合もある


どんなときに失敗してしまうか、ご紹介していきます。

一つ目は、「間違ってジップロックの封をしてしまった」という

ことです。

濡れた本を冷凍すると、本が元の状態に戻る仕組みとしては、

冷凍することで水分が蒸発するところにあります。

ですが、ジップロックの封をしてしまうと、水分が蒸発できず、

袋の中にさらに水が溜まる状態になってしまいます。

これでは、本が乾かず失敗に終わってしまうでしょう。

二つ目は、「冷凍庫に入れる時間が短すぎた」ということです。

本が全体濡れている場合は、最低でも1日は冷凍庫に入れて

おきたいのですが、それより早めに冷凍庫から出してしまうと

水分が十分に蒸発できておらず、フニャフニャが改善されない

場合があります。

本の濡れ具合によっては、もっと長く冷凍庫に入れないと

いけないということを覚えておきたいですね。

三つ目は、「冷凍庫の中で、本が倒れてしまっていた」ということ

です。

はじめは、本を立てた状態で入れていたとしても、何かの拍子に

本が倒れてしまい、横になってしまうこともあるかもしれません。

そうなってしまうと、上手く水分の蒸発ができず、ジップロック

内に水分がとどまってしまい、本が乾燥せずに元の状態に戻らない

ことがあります。

以上のような、ちょっとした失敗が起こりやすいので、ポイントを

今一度確認してから、濡れた本を冷凍庫に入れるようにしたい

ですね。

まとめ


これまで、濡れた本を乾かすにはアイロンより冷凍がおすすめ

ということ、さらに濡れた本を冷凍庫に入れるやり方について、

そして濡れた本を冷凍しても失敗することがあるということを

ご紹介してきました。

大事な本であればあるほど、元の状態に戻したいと思ってしまい

ますよね。

ですが、上記の冷凍の方法を手順通りに完璧にやったと思っても、

そのときの状況や環境、本の濡れ具合によっては上手くいかない

場合もあります。

なので、濡れた本を少しでも改善できる方法として、冷凍する

方法があるということを覚えておくといいかもしれませんね。

絶対に本が直ると思っていると、失敗したときのダメージが

大きいでしょう。

失敗する可能性もあるということは、頭の片隅に覚えておきたい

ですね。

濡れた本が少しでも良い状態に戻るといいですね。