屋久島トレッキングツアーで必要な服装ってナニ?

屋久島

自然の魅力あふれる屋久島。屋久島を訪れる上でぜひ経験したいのが屋久島のトレッキングです。
主に1年間を通して春夏秋冬、時期を選ばずに季節によって様々な表情を見ることができる屋久島ですが、比較的訪れやすいのは春~秋という暖かい期間です。

というのも、屋久島は亜熱帯の温暖な気候であるとイメージされがちですが、実は屋久島の冬の寒さは中々のもので、さらに登山をすると考えるとかなり過酷になります。

なのでこれから訪れる夏のシーズンに合わせてプランを立てた方が良いでしょう。
今回は屋久島でのトレッキングについてご紹介します。

屋久島トレッキング服装

まずは服装ですが、トレッキングは長時間山道を歩くことになりますので、安全性の考慮となるべく疲労を軽減するために必ず靴だけは歩きやすいものを選んで履くようにしましょう。
靴を選ぶ際にも、ウォーキング用のシューズよりもトレッキング用の靴が最適です。
雨の多い屋久島ですから、登山中に水を吸収してしまう靴は向きません。

首都圏などの建物が密集した場所とは違い、森林で溢れている屋久島の山はコンクリートの建物に溢れる都会よりも真夏でも10度ほど気温が涼しいので、夏場は特に重ね着をしたり登山用の衣服を着る必要はありません。
女性や寒がりな方は念のため薄手の羽織るものを何かひとつ持っておくと良いかもしれません。

また、比較的雨の少ない季節でも屋久島は雨が降りやすい場所なので、レインコートは必須と言えるでしょう。
傘は登山には向きませんので避けましょう。

屋久島トレッキングツアー

それでは次に屋久島のトレッキングツアーについてご紹介します。

株式会社屋久島ガイド協会によると、屋久島の定番ツアーには「縄文杉コース」と「白谷雲水峡コース」があるようです。

縄文杉の日帰りコースの場合は日帰りプラン1~2名で12,400円、1泊2日の宿泊プランだと1名32,000円、2名29,400円で用意されています。

白谷雲水峡コースには宿泊プランは無く日帰りプラン限定になります。
白谷雲水峡・太鼓岩を巡るコースは1~2名で11,400円、白谷雲水峡・苔の森(もののけ姫の森)を巡るコースは1~2名8,300円です。

さらに、ゴールデンウィークや夏休み期間、シルバーウィーク期間は予約ができないものの、3日間で屋久島を堪能できるツアーがあるようです。

屋久島ガイド協会とYツアーズのコラボで生まれたこのツアーは、屋久島でも最も有名な観光スポットである縄文杉と白谷雲水峡に訪れることができます。

さらに1名からの参加も可能となっており、送迎もついています。
6月~7月などの夏休みシーズンよりも早めの今が一番狙い時と言っても良いでしょう。

いかがだったでしょうか。
今まさにシーズンと言っても良い屋久島のトレッキングをぜひ堪能して下さい。