チョイス@病気になったとき(1月19日)潰瘍性大腸炎&クローン病

急増している病気がある??

2019年1月19日(土)の20時00分~20時45分に放送される
「チョイス@病気になったとき」について調べてみました。

チョイス@病気になったときってどんな番組?

この番組は、どういった番組になっているのでしょうか?
患者さんの体験談や経験談をもとに、「治療法」・「治療にかかる経費」など、様々な場面でチョイス(選択)するタイミングが出てきます。
ただ、選択するにしても分からない事や知らない事がたくさんありますよね・・・・沢山あるけれど、お医者さんを前にすると、踏み込んで聞けない事や心配してしまうから、そのままになってしまった。
そんな経験ないですか??
この番組は、病気になったときのチョイスやトレーニング方法などを紹介してくれます。

あなたが必要とする内容が放送されるかもしれません。
様々な情報を得ることで、チョイス(選択肢)の幅を広げることが出来ますよね!!
そして、健康に長生きしていきたいですね。

チョイス@病気になったとき 1月19日放送の中身は?

今回の内容は??
急増している、潰瘍性大腸炎&クローン病についてです。
潰瘍性大腸炎やクローン病とは聞いたことがありますか??

今回は、この2つの病気について調べてみました。

1:潰瘍性大腸炎

どんな病気なの?

免疫を異物と勘違いしてしまい、自分の腸壁を攻撃してしまいます。
結果的に、大腸の粘膜の炎症が一面に広がり、ただれや潰瘍ができてしまう病気で、大腸の炎症性疾患になります。
原因ははっきりしていないようですが、免疫の異常や食生活なども関係しているのではないかと考えられている様です。
そのため、症状を抑えるためには、免疫システムを正常な状態に戻すことが必要だと考えられています。

症状は?

トイレの回数が増えたり、下痢の症状、血便、持続的な腹痛、発熱、食欲不振による体重減少といった症状がみられます。

完治はするのか?

潰瘍性大腸炎は、はっきりとした原因が分かってないこともあります。
完治は難しいと言われており、「特定疾患(難病)」に厚生省から指定されている病気の1つです。

2.クローン病

消化管である小腸や大腸などに慢性的な炎症をもたらす病気になります。
腸内細菌叢の変化により、自然免疫系の異常な免疫応答を引き起こしてしまうそう。
それにより、消化管に炎症が起こるという風に考えられている。

症状は?

繰り返し起こる腹痛や下痢。
潰瘍性大腸炎のような症状も起こるようです。
完治はするのか?

完治は難しいと言われており、「特定疾患(難病)」に厚生省から指定されている病気の1つです。
治療方法には、内科治療と外科治療があるようです。

さいごに

完治するのが難しいといわれている潰瘍性大腸炎とクローン病ですが、症状が治まった状態を維持できるということが多くなっている様です。
今回放送の「チョイス@病気になったとき」では、潰瘍性大腸炎とクローン病の治療についてのチョイス(選択)が放送されますよ。
選択肢があるのとないのとでは、線香や気持ちのモチベーションも変わってきますよね!

ぜひ、ご覧ください。