いつもピカピカで気分は最高!トイレノズルの掃除の仕方

家事

トイレノズルの掃除だけではなくウォシュレットの掃除の方法を知っていますか?

正しい掃除の仕方を知っていないと大変なことになります。
ウォシュレットトイレの掃除の方法について紹介したいと思います。

こんなに簡単!洗浄機付きトイレのトイレノズルの掃除方法~洗剤やお掃除グッズの使い方など

ウォシュレットの掃除をするときに必要なものはトイレペーパー、ゴム手袋、酸性洗剤が必要です。
尿はアルカリ性でできているので酸性洗剤を使うと汚れがおちます。

①便座の周りを掃除する。

トイレペーパーに酸性洗剤をつけて便座周りをきれいに拭します。
便座はよく座る部分なのできれいにしておくことが大切です。
便座の上だけではなく裏側も飛び散るので汚れがつきやすいので掃除をするときは裏側をみてしっかり拭きましょう。

自動センサー機能がついていると人がそばにいると近づくとフタが自動で開くセンサーがありますが、フタの動きが悪いと人が近づいても反応が悪くなります。

反応が悪いときは洗剤をつけて汚れている部分をきれいにして、人が近づいて反応があるか確認する必要があります。

②便フタを掃除する。

フタも菌がつきやすいのでしっかり拭くことが大切です。

便座のフタは簡単に取り外してほこりがたまっているときがあるので、シートで拭きにくい部分は綿棒を使って汚れをおとしましょう。
汚れをおとしたあとはアルコール除菌をしてふきとりましょう。

③ウォシュレットを掃除する。

ウォシュレット本体は便器は外すことができます。
ウォシュレットをはずす方法はネット上で調べることができるので、壊さないようにはずしましょう。
人の手を入れることができない狭い場所は尿がついていてもきれいに掃除ができません。
汚れをそのままにしていると臭いの原因になるので掃除をするときは確認をしましょう。

④ノズルの掃除をする。

ウォシュレットにはノズルがついています。
ノズルの外し方は説明書にのっているので確認しましょう。

最近のウォシュレットトイレにはノズルを掃除する機能がついているので、ウォシュレットの電源を入れてからノズルのお掃除ボタンを押しましょう。

ノズルの正しい洗浄方法

①ノズルお掃除機能付きタイプのものは電源を入れてノズルを外します。

②乾いたタオルで拭き取ります。無理やり力を入れて拭くとノズルが折れる可能性があります。

中性洗剤を乾いたタオルにつけて拭きます。洗剤を使わないでアルコール除菌スプレーをつけてノズルをきれいにすることで雑菌がつきにくくなります。

⑤操作パネル部分の掃除をする。

ウォシュレットの掃除を操作する場所はホコリがたまりやすいので定期的に掃除する必要があります。
ボタンにつまみがあるとホコリ、汚れがたまるので綿棒、割り箸にシートを巻き付けて汚れを取り除きましょう。

⑥リモコンの掃除をする。

トイレにリモコンがついているときは液晶画面がホコリで見えなくなるのでタオルで拭きましょう。
スイッチを押して反応が無いときは電池が切れている可能性があります。
電池を交換しても直らないときは接触不良で壊れている可能性があるので、電気やさんに電話で問合せをしましょう。

汚れが落ちない!?トイレノズルを交換する場合の費用はどれくらい?メーカーごとに違う?自分でできるの?

・トイレノズル交換する費用

交換するタイミングは5年くらいになります。
ウォシュレットの交換費用ホームセンターでは7000円~くらいが相場です。
家電量販店でもコジマは6000円、ヤマダ電気は9000円と電気やさんで価格に違いはありますが、一万円くらいで購入することができます。

※コンセントがないときは電気工事、給水の配管工事をするときは費用がかかるのでウォシュレットを交換するときはトイレリフォームの工事業者に依頼をする前に、見積りを頼むか、自分でDIYで修理する必要があります。

ホームセンターなどでウォシュレットを買うときは交換の工事も頼むと、以下の作業を半日くらいでしてくれるようです。

・壊れた便座、ウォシュレットの取り外しをしてくれます。
・新しいウォシュレットの設置するときに必要な配管工事をします。
・ウォシュレットが動くか確認をします。
・ウォシュレットの操作の方法を説明してくれます。

取り外した便座やウォシュレットは業者さんによっては無料で工事をしてくれたり、保証書がついてきますよ。

・ウォシュレット交換とネット上で調べると自分でトイレを取り替えると安い値段で交換することができます。

①アース線の接続はウォシュレットを安全に使うために必要なことなので、ないときは電気工事店に事前に相談してつけてもらいましょう。

トイレを流す量を調節する止水栓にウォシュレットの分岐金具をつけるので場所を確認します。

②取りつける。

・ 止水栓を回して水を止めます。
・今まで使っていた便座を取り外します。
・ウォシュレット専用の分岐金具と給水ホースを取りつけます。
・ ベースプレートに本体を取りつけます。
※リモコンがついているなら壁にリモコンをつける。
・アース線を端子に接続したあとは水を出して水が漏れないか確認します。

自分で直したいひとにはおすすめです。

「業者に頼むならネットで無料してくれるリショップナビ!」
ウォシュレットの交換を業者さんに頼んでも1万円くらいです。

DIYを自分でして失敗したら大変なことになるので、業者さんに頼むようにしましょう。

ウォシュレットの交換だけではなくトイレのリフォームするときは、複数の業者を選んで見積もりをしてもらい、信頼できる業者さんに頼みましょう。

なかには悪質な業者さんもいるので安心して業者さんに頼みたいときは、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

さいごに

ウォシュレットについているノズルは力を入れて掃除をすると壊れてしまう可能性があるので、アルコールスプレーをふりかけて除菌してタオルで優しく拭くようにしましょう。

トイレノズル以外の掃除も汚れやすいので定期的に掃除をすることが大切です。
毎日使う場所なので雑菌が増えないように清潔を保つことが大事です。