ゴーヤの育て方!プランターで栽培してみよう

マナー

ベランダでゴーヤを育てるときに必要な物は何が必要なのか気になりますよね!?
ベランダでゴーヤを育てるときの注意点や肥料のやり方などについて紹介します。

ゴーヤの育て方:プランター栽培での肥料のやり方のコツ

① 室外機の前にプランターを置かない。

ベランダでゴーヤを育てるときは、ベランダが南向きか北向きか向きを考えることは大切ですが、室外機の位置を考える必要があります。

植物は風が通る涼しい場所を良い場所が好きなので、プランターでゴーヤを育てるためには、土が乾燥することが多くなります。
室外機の風に当たらない環境でゴーヤを育てましょう。

② プランターの準備をする。

プランターは根が横に広がりやすいものを用意する。
少し大きめの50×30×30cm以上のサイズのものが良く育ちます。

③ 土の準備をする。

排水性を良くするために鉢底石をプランターの底に敷きます。
土は、野菜用の培養土で育てる。

「ゴーヤの苗の選び方」

・子葉がまだついている。

・節間が短く太くしっかりしている。

・本葉が3~4枚程まで生長している。

古いゴーヤの苗は葉が小さく、色が薄くなっています。
ハダニに侵されている可能性もあるため、葉の裏など病害虫に侵されていないか確認しましょう。

④ ゴーヤの育て方

ゴーヤは高温を好む南国生まれの野菜のため、植え付ける時期が大切です。
関東では5月の連休以降から6月頃がおすすめです。

① 苗にたくさん水分をかける。

② プランターに苗と同じくらいの穴を開けたら、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植えつける。

③ お花と違って野菜の根鉢は崩しないように根を傷つけない。

④ 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植えつける。

⑤ 水が集まり植え付けた苗に水が浸透しやすくなる。

⑥ 箸又は小さめの支柱を立てたら麻ひもで誘引します。
強風で茎が折れて倒れたりしないように麻ひもで誘引します。
あまりきつく縛らないように八の字にして緩めにつけたら、苗を痛めないようにします。

⑦ 水をしっかりかけます。

植えたばかりのゴーヤの苗は土に活着するまで少し時間がかかります。
植えつけたら1週間位はしっかりと水をかけることが大切です。

植えたばかりのゴーヤの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。
その際根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えます。

「ゴーヤの肥料」

追肥は一番果の収穫期からしますが、基本的に2週間に1回与えますが、草勢を見ながら衰えたと感じたら追肥する。

「日頃の水やり」

プランター栽培の時は土の量が最初から少ないので、土が乾燥していたら朝夕に水をしっかりかける。
ゴーヤは収穫最盛期は乾燥させないようにこまめに水やりをすることが大切です。

「ゴーヤの病害虫」

ゴーヤは比較的病害虫には強いが、青枯れ病やうどんこ病、立ち枯れ病(苗立枯病)、モザイク病などの病気にかかります。
病気の原因は株が密植している、実がなる時期以前の水やりの量が多かった、つるや葉が込み過ぎて日光不足や通風が悪くなるのを防ぐことが大切です。

ゴーヤの育て方:プランター栽培での支柱の立て方

① 支柱を挿し込む深さは支柱を安定させるためにプランターや鉢底につくまで深く挿し込む。

② きつめに結ばないで茎と支柱の間にすき間を作るような感覚で結ぶ。

③ 支柱と植物を結ぶ時は紐を八の字にして、植物が大きくなることを考えて輪を大きめにする。

「支柱の立てかた」

「ピラミッド型」

必要なアイテムな数が少なく初心者におすすめです。

アイテム名      サイズ/数
園芸支柱      1800/3
ベジタブルポット  10号/1

「あんどん型」

広い空間を確保できるので野菜がのびのび成長します。

アイテム名      サイズ/数
園芸支柱アーチ   1800/2
ベジタブルポット  10号/1
ひも        適量

「クロス型」

必要なアイテムな数が少ないので初心者におすすめです。

アイテム名      サイズ/数
園芸支柱       900/3
ベジタブルポット   10号/1

・つる性の植物は近くに棒などがあると、自分でつるを伸ばして巻きつき成長します。
苗の植えつけ時に麻ひもなどで茎を支柱に縛って固定しましょう。

・グリーンカーテンにするときは、実の数が多くなると重みで倒れてしまう可能性があるので、ネットに絡ませる。
ラティスに絡める、フックなどを利用して壁や天井にネットを掛けたらカーテンの下地をつくりましょう。

・ゴーヤは、実の数が多くなると重みで倒れる可能性があるので、しっかりネットに絡ませる。

・天井にあるフックなどを使ってネットをかける、グリーンカーテンの下地を作ります。くれぐれも作業するときは倒れないように気をつける。

・ゴーヤで作った夏のグリーンカーテンは、緑の森の中にいるような気分を味わえるだけでなく、室温を下げる効果や暑い夏を乗り切るための人気ガーデニングアイテムです。

まとめ


ベランダでゴーヤを育てたい人は、鉢や肥料など必要な物を買っておく必要があります。
ゴーヤが苗から育ってきたときは、つるをネットや棒などを準備して巻きつけましょう。
ゴーヤは風が通る場所を選んで、日当たりのいい場所を選びましょう。
野菜を育てていると病気になる可能性があるので、毎日ちゃんと育っているのか確認しましょう。
りっぱなゴーヤができるためにもネットや棒などを用意することを忘れずに!