おまんと祭り高浜市2018年 歴史と見どころ

祭り

おまんと祭りは愛知県の複数個所で行われています。
今回ご紹介するのは、愛知県高浜市で行われている愛知県高浜市おまんと祭りになります。
法被と地下足袋姿の若い人が、円形に組んだ馬場で、鈴屋増加などを背負って疾走する馬に飛びつき駆け回る勇壮なお祭りです。
春日神社の八剱社で開催されるものがかなり盛大に開催されています。

おまんと祭りの歴史

高浜地区の例祭の歴史は、1803年からと云われています。
当時は、雨乞いの例祭となっていて、特に日は決められていなかったようです。
雨乞い・上棟式・遷宮の時の馬と獅子を奉納されていたようです。

竜宮に豊漁と雨乞いを祈願したとされていて、竜宮は海の神・水の神と云われています。
雨乞いにはもっともですね。
祭りの馬を神馬とされていて、白馬は晴天、逆に黒馬は雨乞いと云われるところから神馬は黒馬となって献馬されてきていました。

おまんと祭りの開催日時

10月の第1土曜日と日曜日の2日間で行われます。

場所は、春日神社境内で開催され、オマントの駆け馬は境内に設置された円形馬場場内(馬場は直径36メートル)で日中休み無く行なわれています。

参加している口コミさん記事 20代男性
毎年、朝から夜までいます。

おまんと祭りは、高浜市の伝統的祭りで小さい頃からおまんと祭りに関わっていたので毎年参加をしています。

人が馬に飛び乗り掴む行事を行っており、高浜市全体で盛り上げてる祭りなので10月の第1土日になると、皆が参加しています。
おまんと祭りに、参加して良かったことは中学、高校と卒業した人達と毎年会えることが私的には、一番嬉しいし良かった事です。

大人になれば中々皆さんと会うこともなく平凡な毎日を過ごしていますが、そのおまんと祭りになれば昔の事を思いだし再会できることが一番良いです。
これから行く人は、白い色の服を着ていくのは避けた方がいいです。

なぜかと言いますと、馬の近くを見学すると泥などが自分の方に飛んできて汚れてしまいます。
屋台も沢山出ていますが、一番の魅力は、やはり人が馬に飛び乗り掴む姿が一番格好いいと思います。

以前テレビで紹介されたこともあり、お笑い芸人も見に来てくれたりと盛り上がりを見せています。

YouTubeにも動画など上がっているので興味がある人は、動画を見て参加してみて下さい。

さいごに

口コミさんの記事にもありましたが、地元のお祭りは、古くからの友達・同級生などに合うことが出来て本当に良いですよね。
お祭り以外の楽しみと云えることですね!