ネギの上手な育て方!プランター栽培のコツ

人間関係

ベランダなどのちょっとしたスペースでも出来るプランター栽培を行っている人は増えています。
自分で育てた野菜を食べれる喜びを味わうことが出来たり、とりたての新鮮な野菜を食べることが出来ます。
プランターで育てることの出来る野菜はたくさんありますがその中でも今回はネギの育て方について詳しく説明します。

ネギは薬味に使うことができたり、出来上がった料理の上に少しのせることで色どりがよくなりますね!
ちょっと使いたい時にプランターで育てていると、とても便利だと思います。

プランターでネギを育てる方法を紹介します。種から収穫まで育てる方法を説明するのでこれさえ読んでおけば一通りの育て方を知ることが出来ます。
まったく行ったことがない人が自己流で収穫するまで成長させるのは難しいので是非1度読んでみて下さい。

水やりの方法も紹介します。
プランターをベランダにおいて育てる場合雨がプランターにかからないことが多いと思います。
そのため水やりがどうしても必要になっています。

正しい水やりの方法やポイントも紹介します。

正しい育て方や水やりを行いネギを収穫しましょう!

見出し①:ネギの上手な育て方!種から収穫まで

家庭菜園初心者でもネギを育てることは出来ます!プランターで育てやすいのはネギの中でも「葉ネギ」という種類のネギです。
ネギの種まきの時期は年に2回あり、3月の中旬~下旬と9月中旬~下旬です。

用意するプランターは10cm以上の深さがあれば大丈夫です。
プランターの1番下には石を2~3cmしき通気性と水はけを良くします。その上から腐葉土をプランターの高さ1~2cmまで敷き詰めます。

種をまくときは10~15cmの間隔をあけて指でスジを作り、そのスジに1cmの間隔でまいていきます。
まきおわったら軽く土をかぶせて水をたっぷりあげましょう!
プランターは新聞紙で覆っておきます。

ネギが伸びてきたら成長させるために間引きが必要になります。
ネギの間隔が2~3cmになるようにしましょう。
さらに成長しネギの背丈が10~15cmになったら間隔が10~15cmになるようにまた間引きをしましょう!

次はいよいよ収穫です。

ネギの根元を2~5cmほどのこしてはさみなどで切り収穫します。
根元を残しておくことでまたそこから次々に生えてくるのでまた収穫することが出来ます。
収穫したあとは肥料をあたえるようにしましょう!

ネギは先ほど説明したように年に2回も種まきすることができ、収穫も1回だけでなく何度も行うことが出来るので嬉しいですよね!
家庭菜園で1番嬉しい瞬間は一生懸命に育てた野菜や果物を収穫するときだと思います。
その収穫を何度も楽しめるので初めての家庭菜園にもネギは向いていると思いました。

ネギの上手な育て方!水やりについて

ネギは比較的育てやすい野菜ですが、上手に育てるポイントは水やりです。
葉ネギを育てる場合は土が乾いたらこまめにたっぷりと水をあげましょう!
しかし水をあげすぎてしまうと根が腐ってしまう可能性があるので注意する必要があります。
もし根が腐っとしまうとそれを再生することは出来ません…

毎日決まった時間に水やりを行う習慣は大切ですが、そのようなやり方では先ほど説明したように根が腐ってしまう可能性があります。
なので土が乾いてきたら水を与えるようにしましょう。
まだ土が湿っている場合は水やりをやめておきましょう。
ネギは湿気に弱いのでずっと土が湿っている状態はさけましょう!

肥料は2週間に1回のペースであたえましょう。
もちろん購入出来る肥料を使っても大丈夫です。
肥料はネギを大きく育てるためにとても大切な役割がありますが、肥料をあてえすぎてしまうとネギが軟弱になってしまう可能性があります。
そうするとすぐに病気にかかってしまったりなどの原因になります。

ネギは多くの虫がつくので、その虫にも注意が必要になります。
虫の被害が大きくなると緑色の葉が白色に変化してくるので、そのような葉を見つけた場合は注意しましょう!
薬剤を使うことで虫を除去できますが、せっかく家庭菜園で作っているのだから薬剤は使いたくないと思っている人も多いと思います。
その場合はハエ取り紙のようなものでも除去できるので試してみて下さい!

まとめ

ネギの種まきの時期は年に2回あり、3月の中旬~下旬と9月中旬~下旬です。
まず用意するものは10cm以上の深さがあるプランター、石、腐葉土、種です。ネギの育て方は以下の通りです。

①プランターの底に2~3cm石をしく
②その上に腐葉土をプランターの高さ1~2cmまで敷き詰める
③種をまくときは10~15cmの間隔をあけて指でスジをr作る
④そのスジに1cmの間隔で種をまいていく
⑤ネギの間隔が2~3cmになるように間引きする
⑥ネギの背丈が10~15cmになったら間隔が10~15cmになるようにまた間引きする
⑦ネギの根元を2~5cmほどのこしてはさみなどで切り収穫する
⑧残した根本からまた生えてくるので収穫することが出来る

水やりのポイントは以下の通りです。
土が乾いてきたら水をたっぷりあたえるようにする。乾く前に水をあげてしまうと根が腐ってしまう可能性があります。腐ってしまうともう元には戻せません!

肥料は2週間に1回あたえます。あたえ過ぎてしまうとネギが軟弱になりいろいろな病気になってしまう可能性があります。

ネギをちょっと使いたい場面は料理をしているとたくさんあると思います。
ネギを乗せることで料理の色どりも綺麗になります。
そんなネギをプランターを使ってベランダで育てるととても便利です。是非楽しみながら育ててみましょう!