第51回思い出のメロディー(8月17日)ジェジュン・島津亜矢・純烈・氷川きよし

2019年8月17日(土) 19:30~20:50にNHK総合で放送予定の
『第51回 思い出のメロディー<副音声は志らく&ミッツのウラトーク>』について調べました

テレビ番組『思い出のメロディー』とは?

1969年から毎年8月放送されており、“夏の紅白”と呼ばれているNHKの名物音楽番組です。
昭和の名曲や懐メロをメインに取り上げ、視聴者の方から寄せられたリクエスト・エピソードをもと
に番組が構成されていきます。
番組開始当初は、昭和初期~30年代の名曲を扱っていたものの、時代の流れに沿って演歌や
歌謡曲のみならず、アイドル・ポップス・ロックミュージックも取り入れる様になりました。
また、「NHK紅白歌合戦」では表現の規制が厳しいものの、同番組では任侠映画の主題歌や色
気のある歌が歌われる事もあったりします。

参照元URL:NHK公式HP https://www4.nhk.or.jp/omoide/

昭和&平成の名曲を令和でも・・・

「NHK紅白歌合戦」と同じく、毎年恒例とも言えるNHK、夏の音楽特番が今年も放送されます。
視聴者の方から寄せられたリクエストと共に、『令和』という新時代に伝えていきたい昭和&平成の名曲を届けていきます。

パラシュート衣装”という強烈なインパクトを残した沢田研二さんの大ヒット曲「TOKIO」(昭和55(1980)年)を、氷川きよしさんの熱唱&派手なステージで復活します!

現在もなお多くの方々に愛され続けています“昭和の歌姫”こと美空ひばりさんです。
彼女の名曲「愛燦燦」(‎昭和(1986)年)を韓国出身の歌手ジェジュンさんが、「関東春雨傘」((昭和38)1963年)を丘みどりさんが張りのある歌唱力と華やかな立ち回りで披露されます。

「新・BS日本のうた」(BSプレミアム)もそうですが、氷川きよしさんはこういったNHKの音楽特番の“顔”的存在になった様に思えます。
自身の舞台公演は勿論、以前も冠番組「きよしとこの夜」(2005~2009年・NHK総合)を持たれ、パフォーマンスを披露されていたので、今回も観客・視聴者を喜ばせる内容が期待できそうです。

名曲の数々を特別企画で披露

また今回は、長年歌謡界をわたって来られた五木ひろしさんと天童よしみさんが、それぞれ思い出の1曲を歌われます。
五木ひろしさんは、『鶴岡雅義と東京ロマンチカ』の代表曲「君は心の妻だから」((昭和44)1969年)を鶴岡雅義氏のギターと男性グループ『純烈』のコーラスと共に披露されます。

一方の天童よしみさんは、柔道ドラマの名作主題歌「姿三四郎」を、俳優兼武道家・藤岡弘さんと、スペシャルコラボレーションでお届けします。

更には「NHK紅白歌合戦」で毎年ド派手な衣装で楽しませて来た小林幸子さんが、“とっておきの巨大衣装”で自身の名曲「もしかして」((昭和59)1984年)を披露されます。

いかにも、NHK音楽特番の“夏祭り”的な存在ですね。
東山紀之さんの司会のもと、ゲストの歌手の方々が次々と名曲を披露され、懐かしさと新鮮さが折り重なった内容になりそうですね。

また、小林幸子さんをゲストに招かれる点がいかにも“紅白”との縁が深いのかなと思いました。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

インスタグラム