タモリ倶楽部(4月5日)あいみょんの曲作りを勝手にサポート!?

2019年4月5日(金)24時20分~24時50分にテレビ朝日で放送予定の『タモリ倶楽部』について調べてみました。

テレビ番組『タモリ倶楽部』とは?

1982年10月から36年以上続く、深夜バラエティー番組です。撮影ロケ地から『毎度おなじみ流浪の番組、タモリ俱楽部でございます』と、マイクを持った司会のタモリさんお決まりの挨拶から番組がスタートします。
話しているタモリさんの横へゲストの方々が、やる気のなさそうな感じで入って来るのも、毎回のお決まりのパターンです。そして武田広さんの内容紹介のナレーション後、テーブルが置かれた部屋に出演者が集まった状態で企画が進行していきます。
タモリさんのシュールな芸風を尊重している故に、(毎回マニアックなテーマに沿った映像等を交えつつ)番組内ではタモリさん含む出演者一同のゆるい雰囲気が終始流れています。

  参照元URL:番組公式HP https://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/#/?category=variety 

官能表現プレゼン大会開催!

昨年、紅白歌合戦にも出場され、若者から絶大な人気を得ているシンガーソングライターのあいみょんさんですが、そんな彼女は官能小説の愛読家という顔も持っています。

そして何と、それぞれの作品の淫靡な比喩の表現を普段の作詞作りのイメージに約立てていらっしゃるそうです。
そこで今回は、あいみょんさんへの「余計な」協力企画『あいみょんの曲作りを勝手にサポート!?出版社対抗官能小説プレゼン祭』が行われる事となりました!

ゲストにあいみょんさん、お笑いコンビ『かまいたち』を招いた中で、出版社の敏腕編集マンがプレゼン大会を実施され、あいみょんさんの作詞作りに役立ちそうな『官能表現』を発表されます。
若い方々に今人気のあいみょんさんの意外な一面が見られる回となれそうですね。
またこの回のみならず、様々な方の普段見られない姿を見る事ができる(出演者の方々もリラックスしていらっしゃるのか)、この番組の魅力ですね。普段は映画やドラマでご活躍されている俳優さんやミュージシャンの方が、何事もないかの様な雰囲気でご出演されているのも観ていて楽しいですね。
それだけ、タモリさんの周りの雰囲気を和ませる力があるのかなと感じました。

誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる⁉

番組の合間に必ずといって良いほどある企画が『空耳アワー』で、これも二十年以上続く名物コーナーです。

タモリさんと“ソラミミスト”ことイラストレーターの安齋肇さんにより進行され(たまにゲストの方も加わり)、一般から投稿された2、3作品を紹介していきます。選ばれた作品の応募者には、賞品①手ぬぐい②携帯ストラップ③パーカー(タモリさんが選定)のいずれかが贈られます。

いつも毎回、楽しみにしている『空耳アワー』です!それにしても、投稿してくる方々も(笑えるネタを)よく思いつくなと、つくづく感心させられます。

また、再現VTRもどこで、どの様な形で撮影されるのか、とても気になります。ただタモリさん選定の賞品ですので、パーカーを手に入れるのは至難の業ですね…。

タモリ倶楽部(4月5日)への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④

インスタグラム