三島スカイウォークのバスツアーおすすめ

三島スカイウォーク

雄大な静岡県の自然を一望できる三島スカイウォーク。
子供から大人まで楽しめるこのスポットに、休日や夏休みを利用してぜひとも一度は訪れてみたいものです。

今回は三島スカイウォークはもちろんのこと、静岡県の有名な観光名所やレジャー施設を楽しむことができる日帰りのバスツアーをご紹介したいと思います。

首都圏から出発するツアーとなりますので、東京近郊にお住まいの方にぜひおすすめしたいバスツアーとなっています。

それでは早速ご紹介して行きますが、季節によってツアーの内容が異なりますので、その点は予めご了承ください。

三島スカイウォークのお得なツアー


まず今回例に挙げるバスツアーは、東京都新宿区に本社を置く「クラブツーリズム」の情報を元にご紹介して行きます。
「クラブツーリズム」は海外旅行や国内旅行、そして日本国内のバスツアーが非常に充実した会社としても有名です。

季節によっても様々なバスツアーが企画されており、今回ご紹介する三島スカイウォークのバスツアーも、春にはいちご狩りをプランに入れたツアーも組まれていました。

ツアーによっては三島スカイウォークはもちろんのこと、韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)という金属融解炉をガイド付きで訪れることができるというツアーもあります。

ツアーの内容により値段が異なるものの、相場は約9,900円から約1万1,500円ほどと考えて頂ければ良いかと思います。

首都圏からの出発の場合、出発地は新宿、上野公園、東京駅鍛治橋、渋谷などがあるようです。

富士見テラス&三島スカイウォーク&鮎壺の滝のプラン

今回は富士見テラス&三島スカイウォーク&鮎壺の滝のプランを例に挙げてご紹介しますので、大体のスケジュールとプランの内容の把握をして頂ければと思います。

まずは溶岩の間から流れ落ちる鮎壺の滝を訪れます。
滝からのマイナスイオンを受けて、日ごろの疲れを癒すリフレッシュタイムには持ってこいの場所となっています。

 

そして次に訪れるのは三島スカイウォーク。
富士山や駿河湾、伊豆の街並みを見渡せるうえ、全長400メートルにも及ぶ橋の壮大さも景色と共に味わうことができます。

さらには伊豆の国パノラマパークのロープウェイ山頂に2016年にオープンしたばかりの富士見テラスによる大パノラマで、より一層壮大な富士山や駿河湾の絶景を一望できます。
もちろんロープウェイに乗車しながら富士見テラスへと向かうので、道中の景色も楽しむことも可能です。

また、昼食もバスツアーの料金に含まれているため、普段はなかなか食べられないような豪華なお昼ごはんも用意されています。
その豪華な食材というのは、金目鯛です。
金目鯛を贅沢に使った釜飯などをたっぷりと堪能できるランチタイムでお腹を満たしたら、今度は食後のデザートが待っています。

季節のフルーツ狩りもついている

それは、各季節の果物を利用したデザートです。
4月から5月の春の間は30分間食べ放題のいちご狩りの体験、7月から8月の夏の間にはマスクメロン1玉と8分の一サイズのメロンのデザート、そして9月~10月の秋のシーズンにはメロン4分の1個、季節のブドウ4分の1房、完熟マンゴー100グラムの豪華な季節のフルーツの盛り合わせのデザートが用意されるなど、季節に合わせた様々な美味しいデザートが用意されています。

恋人同士やご夫婦、ファミリーや友人同士という方に加え、参加は1名からでも可能ですので、休日せっかくの休みなのに家族や友人と予定が合わないという方にもおすすめです。
もしかすると、旅行先で新たな出会いもあるかもしれませんね。

グルメや自然探訪、食べ放題やフルーツ狩り、バスツアーを体験してみたいなど、様々な目的から参加するのも良いでしょう。

バスツアーの決行には最低28名参加人数が揃う必要があります。
日帰りツアーとなるため、朝と夕の食事はありません。お食事についてはランチとデザートのみとなりますのでご注意ください。

新宿発の日帰りツアーが人気

このツアーの場合だと、添乗員は同行、現地の係員はいないプランになります。
集合時間は朝早く、新宿発の場合は朝の8時20分に出発となります。
日によって出発時間が異なることもありますので、前もってきちんと調べておくと良いでしょう。

鮎壺の滝は40分の自由散策となります。
その後三島へ移動し、ランチタイムで美味しいお昼ごはんを頂きます。
時間はお昼は50分、食後のデザートの時間は30分となります。

その後三島スカイウォークへ向かい、こちらも各自40分の自由散策となります。
そして伊豆の国パノラマパークへ向かい、ロープウェイに乗車、富士見テラスの自由散策を60分行った後は沼津へと向かいお土産を自由に購入する時間が設けられています。
買い物については20分となるため、夢中になってバスに乗り遅れないように注意が必要です。
三島スカイウォークの売店などでもそこでしか購入できないお土産は多数ありますので、事前に買っておくのも良いかと思います。

買い物が終了したら東京へと戻り、午後7時10分頃に新宿へ到着することが予定されています。到着後は解散となります。

ここでは一例としてクラブツーリズムの三島スカイウォークも訪れるバスツアーをご紹介して来ましたが、いかがだったでしょうか。
ツアーの日程の流れなども把握することでプランも立てやすくなったのではないでしょうか。

日帰りで参加できる非日常的な体験ができるバスツアーをぜひ友人やご家族、恋人同士などで利用して、楽しい思い出を作ってください。