盛り付けの仕方でオシャレに見える!自宅でカフェ風ワンプレート

家事

こんにちは。

毎日のご飯作り、メニューを考えたり盛り付けに悩んだりする方、

多いのではないしょうか?今回は、自宅でも気軽にカフェ風の

ご飯が楽しめる、ワンプレートの盛り付けのコツをご紹介します。

洗い物が少なくておしゃれに見えるワンプレートは、忙しい日の

味方になってくれますよ♪

カフェ風ワンプレートは器選びが重要!

ハイセンスなカフェやレストランの食事メニューは、おいしさは

もちろん盛り付けや器の選び方も素敵ですよね。

器選びが全体の印象を決めると言っても過言ではないはず!

ワンプレートにおかずを乗せる場合、器の大きさや形、質感など

盛り付けやすさと好みの両方を吟味しましょう♪ 

我が家では、この2枚を主に使っています。

洋食系を乗せるなら真っ白なプレート、和食系も合わせたい

時は渋めの色合いのお皿を使っています。

釉薬がかかった陶器の食器は、和食も洋食も引き立てて
オシャレに見せてくれるので、おすすめですよ。

献立のメインとなるお皿なので、他の食器とのバランスも考えて

選んでくださいね。

カフェ風ワンプレートの盛り付けのコツ     

【1】サラダの盛り付け

まずは、サラダを盛り付けます。盛り付けのコツは、ふわっと立体的に
レタスを置くことです。コーンやトマト、ゆで卵で彩りをプラスすると

カラフルに見えます。人参千切りや紫キャベツなどを使うと、さらにカフェ

っぽい華やかなサラダになりますよ。

【2】小鉢の副菜

次に副菜(ほうれん草とベーコンのソテー)を左側に置きます。

煮物や酢の物など副菜の汁が気になる場合は、写真のように小さな

お皿に入れて大皿に乗せると、味が混ざらない&カフェっぽい

盛り付けに!

小皿を使わずに乗せると、こんな感じになります。

副菜によって使い分けるといいかも?

小皿の色合いや質感によって、遊び心も演出できるので、小皿をアクセント

にした盛り付けを楽しめます。

【3】メインを

最後に、メインをお皿の下半分に乗せます。

メインを主役に、サラダを副菜を大皿1枚に乗せた、カフェ風

ワンプレートの完成です!

写真のように、我が家では木の温かみを生かした大きなお盆で

テーブルに出します。

具沢山のお味噌汁と雑穀ごはんと合わせれば、ワンプレート

カフェ風ごはんの出来上がりです。

日ごろから、晩御飯はサラダ+メイン+副菜を大皿1枚に乗せて

出しています。小皿で出すより圧倒的に洗い物が少なく、見栄えが

するのが気に入っています。

同じおかずでも、お皿を変えれば印象ががらりとかわるので、

その日の気分で盛り付けを楽しんじゃいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

立体的に盛り付けること、汁気のあるおかずに気を付けることなど

ちょっとしたコツを覚えておくことで、カフェのような立体的な

ワンプレートごはんを自宅でも作れちゃいます。

休日のランチに、忙しい日の晩御飯に、ぜひチャレンジしてみて

くださいね。