お風呂掃除の水垢取り~浴槽や壁をピカピカにする方法

家事

毎日のお風呂掃除、かなりな重労働だと思いませんか?
それなのにどんなにキレイにしたつもりでも徐々についてしまう水垢、悩ましいことに簡単には取れません。
そんなお悩みを少しでも解消するべく、すぐにでも実践してみたくなるような方法をご紹介します!

水垢の正体を知ってスッキリ対処

水回りでどうしても避けて通れない水垢。
スッキリと輝いていたはずのお風呂場は、いつのまにかだんだんとくすんでしまいませんか。
浴槽や壁、一番気になるのは鏡でしょうか。
ピカピカに輝かせたいとは思いながらもなかなか落ちないもの。
この水垢の正体は一体なんなのでしょうか?

水垢は水道水に溶け混んでいるカルシウムなどのミネラル分です。
水は気化して見えなくなりますが、水中に存在していたミネラル分はその場に残り、積もり積もって白い鱗のような模様になってしまいます。
こうなるとなかなか厄介で、通常の洗剤でこすっただけでは取れなくなってしまいます。
なぜなら浴室用洗剤では水垢汚れに適した洗剤ではないからなんです。
汚れの性質はミネラル分でアルカリ性です。
ここがわかると思ったよりも水垢汚れを取るための簡単な方法が見つかるかもしれません。

お風呂のお掃除で水垢が取れない⁉︎そういう時はクエン酸を使おう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミヨシ 暮らしのクエン酸 330g【イチオシ】
価格:346円(税込、送料別) (2018/6/7時点)

 

お風呂場の水垢汚れ、洗剤をつけてこすってもなかなか取れませんよね。
クレンザーでこすったり、ダイヤモンドコートの水垢落としで地道に落とすという方法もありますが、なかなかとれなかったり、やりすぎると壁や浴槽などを傷つけてしまう可能性があります。
私自身、ダイヤモンドパッドで挑戦したことがありますがあまりに地道で諦めた経験があります。
毎日のお風呂掃除に使う洗剤の多くは中性から弱アルカリ性です。
もちろん浴槽の皮脂汚れなどはとれますが、残念ながらアルカリ性である水垢汚れには適していません。
それでは適した洗剤、その答えは酸性の性質を持ったもの、クエン酸です。アルカリ性で固まってしまっているものを溶かすためには酸性のものが必要です。
手に入りやすいものとしてクエン酸がおすすめで、水垢汚れを柔らかくするのがポイントです。
そのためにはクエン酸5ml(小さじ1杯)と水200ml(1カップ)くらいのクエン酸水をつくってキッチンペーパーに含ませ、汚れに貼り付けます。
2時間ほど経つと水垢汚れは溶け始めて柔らかくなり、スポンジなどでこすると落ちてくるので水分を拭き取って完成です。
もしそれでも取れない場合、クエン酸の量を増やしてもう少し時間をおいてみてください。
時間に余裕がないと難しいかもしれませんが、お掃除の前のちょっと一手間で随分簡単に取ることができるはずです。

これで解決、頑固なお風呂の水垢はこのやり方でシャットアウト!

上記の方法でも思ったほど効果が上がらない頑固な水垢の場合、残念ながら何度も繰り返して徐々に汚れを溶かしていくのも大切です。
いつか必ずピカピカになりますが、もう少し手軽にキレイにしたいのであれば市販されている酸性の浴室用洗剤を使ってみるのも一つかもしれません。
しかしながら、水垢をなるべくつけないようにするのが最善の方法です。

効率よく水垢を落とす3つの方法

1.水滴はすぐに拭き取る

先にお伝えしたように水に溶けているカルシウムやミネラル分が水垢の原因です。
その原因を取り除くにはすぐに水滴などを拭き取るしかありません。
浴室の壁や床を毎回拭き上げるのは難しいと思いますが、幸い水はけの良い壁や床の素材が出てきています。
鏡にもそのような便利な素材がもちろんあるかもしれませんが、水垢がどうしても目立ってしまう鏡だけは毎回水滴を拭き上げてみてはいかがでしょうか。

2.壁や鏡についた石鹸などの泡やカスを洗い流す

石鹸やシャンプー、リンスなど、これらの成分としてカルシウムやマグネシウムが入っており、水垢の原因の一つなのです。
ですからお風呂から上がる前には鏡や壁を一度シャワーなどでしっかりと洗い流す習慣にしてみてはいかがでしょうか。
お風呂場だけでなく、洗面所の鏡なども同様の汚れで水垢ができますので注意してくださいね。

3.便利グッズを使う

 

こちらもやはり文明の利器、市販の曇り止めや撥水剤です。
これを使うと水垢の天敵である水滴や石鹸の泡などを弾くことができます。
上記の予防策を毎日の習慣とした上でこのグッズを使うことでかなりの効果が期待されます。
一度は試してみる価値があるかもしれませんよ。

毎日少しだけお掃除しましょう

水垢は毎日の積み重ねでできてしまう汚れです。
サボればサボるだけ頑固になってしまいます。
毎日少しずつ掃除をしてピカピカな浴室をキープするか、少し水垢がたまってからピカピカに掃除をするかはもちろん皆様のライフスタイルにもよるかと思います。
しかし頭で毎日やらなければならないと思うと面倒かもしれませんが、お風呂から上がるときにシャワーで全体を流して、体を拭いた後にタオルで鏡を拭き上げるだけなんです。
毎日の習慣になってしまえばそんなに面倒ではなく、毎日の快適なバスタイムを過ごせるようになるかもしれませんね。