円卓の上座と下座について間違えるとはずかしい!

人間関係

社会人になると会社での飲み会の幹事を行うケースは多々あると思います。
幹事として席順を決めたり、当日案内するときにどこが上座でどこが下座なのかをきちんと把握しておく必要があります。
テーブルの形や部屋にステージがある場合などその時々によって異なります。
たかが席順と思うかもしれませんが、地位の高い人や年齢が上の人をきちんと上座に案内することでその人に対しての敬意を示すことが出来ます。
なので席順を守ることはとても大切なのです。
ここでは円卓の席順について詳しく説明します。
是非飲み会などの配席を決めるのに役立てて下さい。

円卓の上座・下座はステージがあるときはどうなる?

上座とは身分の高い人が座る最もいい席のことをいいます。その反対が下座です。
この上座と下座は円卓だけでなく、車内や会議で座る席、結婚式などのパーティーでもあります。
席順には敬意や来客に対するおもてなしの心がこめられています。
普段家族や友人との食事でそこまで気にすることはないですが、会社の上司との食事でこのマナーを知らないと自分が気が付かないうちに失礼な対応をしてしまう可能性があります。
なので上座と下座について知っておく必要があるのです。

基本的に入り口から1番離れている席が上座となります。
入り口に近づくにつれて下座になってきます。
上司には入り口から1番遠い席についてもらい、店員を呼んだりの雑用を下座の人がするよう出入口に1番近い席なのです。
その出入口から1番遠い席を上座として、次席は上座の左側で、3番手が上座の右側と決まっています。
4番手はその次の左側で、5番手はその次の右側になります。
その次は同様の順番で6番手、7番手と続きます。
1番下座は上座と向かい合っている場所になります。
ステージがある場合も上座の人が座る場所から同じ順番で2番手、3番手、4番手、5番手、6番手、7番手、最後に下座になります。
さらに出入口から1番遠い席が上座と言うのが基本ですが、ステージがある場合はステージに1番近い中央の席が上座となります。
中央に2つ円卓がある場合は出入口からより遠いテーブルが上座です。
わたしが務めていた会社の忘年会は円卓がいくつも並んでいる会場で行います。必ず部長はステージに近い真ん中の円卓に座っています。
その円卓の中でも1番ステージに近い位置です。
ステージでは新入社員がダンスなどの余興を行います。
部長はステージには1番近いですが、食事をするときはステージに背をむけていることになります。
なのでステージで何か始まったときは椅子を出して、椅子ごとステージの方にむけて座っています。

円卓の上座・下座はパーティーのときはどうなる?

食事会やパーティーなどを開く際、円卓の上座と下座を知っておかなくてはなりません。
基本的なルールとマナーを紹介します。
円卓の中での上座、下座は先ほど紹介した席と同じです。
次は会場内の円卓の上座順を説明します。
前列の真ん中が上座です。次は正面に向かって左側の円卓です。
その次は前列の正面に向かって右側の円卓になります。
前列の円卓の順番をつけ終わったら、次は後ろの列の順番です。
後列も前列と同じように真ん中の円卓、その次に正面に向かって左側の円卓です。
その次は前列の正面に向かって右側の円卓になります。
下座は後列の1番出入口に近い円卓になります。
どの場所の円卓も、円卓の中での上座・下座の席順は同じになります。
もし上座が分かりにくいつくりになっている時は1番奥まっていて落ち着いた席に案内しましょう。
下座の人はオーダーをしたり店員とのやりとりを引き受けます。
また上座以外に眺めのよい席がある場合は席順がかわる場合もあります。
外に海や山が見れるときは、その景色の見やすい席が上座に変わるのです。
日本の伝統的な礼法には左上右下があり、そのままの意味で左が上位となります。
これは皇帝は北極星を背にして座るのがよく、日がのぼる東のほうが沈む西よりも尊いという中国の考えに影響を受けています。
しかし日本は西洋の文化であるプロトコルに従って「基本的には右側の席ほど上位である」という考えも取り入れています。
中国では「左をもって尊しとする」というしきたりが受け継がれているので、普段右を上位にしていても中華の円卓では左が上位になるので注意しましょう。

さいごに

ステージがある会場やパーティーをする際にはその会場の正面が決まっていることが多いです。
なのでその正面を基準にして上座・下座を決めましょう。
社会人になると仕事と同時にこのようなビジネスマナーを覚えることも大切になってきます。
基本的なことを知らないと非常識と思われて自分の評価が下がってしまいます。
会議や食事の時は席順で相手に敬意を示すことができます。
なのでビジネスマナーを身に着けてスムーズに案内できるようにしましょう。
また上座に案内された場合は遠慮して座らないのはマナー違反になりますので、快く座らせてもらいましょう。