行楽

登山・ハイキング

一切経山に登山に行って来た!五色沼(魔女の瞳)ルートやヤマレコ

福島県福島市と猪苗代町との境にある吾妻連峰を構成する山のひとつである一切経山(いっさいきょうざん)。 名前の由来は、安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたという伝説や弘法大師や地元の僧などと諸説言われています。 登山の始点は福島県福島市土湯温泉町鷲倉山にある浄土平からになります。
北海道

真駒内花火大会に行って来た!2019年開催日時やチケット・無料席など

真駒内花火大会は、今年2019年で9回目となります。 花火、音楽、照明、炎をミックスした打ち上げられる花火は、北海道内最大級の2万2千発!が夏の夜空を飾ります。 音楽花火コンクールで活躍する「丸玉屋」や花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞している「紅屋青木煙火店」が今年も打ち上げを決行し真駒内花火大会でしか見られない貴重な演出となります。 全国や各国からの観光客もたくさん見に来て頂いて北海道の夏のイベントの一つになってきました。
登山・ハイキング

御池岳に登山に行って来た!駐車場や登山道コースのおすすめスポット

三重県いなべ市藤原町と滋賀県東近江市永源寺町に位置している。 鈴鹿山脈の最高峰の御池岳(おいけだけ)は山頂一帯は広々とした台地となっていて景観もすばらしく人気の登山ハイキングコースです。
花火大会

おのみち住吉花火大会に地元民が教える穴場おすすめスポット

おのみち住吉花火大会は歴史も古く、1740年の江戸中期に尾道の町奉行だった平山奉行の功績を称えて 祭りから、商売繁盛・交通海上の安全を祈願して花火大会を開催したと云われています。打ち上げる花火の数も多くて見どころが満載です。
花火大会

狩野川花火大会2019年に地元民が教える駐車場やおすすめ穴場スポット

戦後まもなく市民を景気づけるために商店街復興として始まった沼津夏祭り・狩野川花火大会。 今年(2019年)で72回の開催となります。 昼間はシャギリの演奏や郷土太鼓・よさこい踊りとなり、夜は全国的も珍しい市街地での花火大会となります。 花火の音も光も間近に見れて沼津の夏の夜空に燦然と輝きます。
海水浴

白良浜海水浴場に行って来た!おすすめ穴場スポット

白良浜海水浴場は近畿地方(和歌山県)屈指の海水浴場として有名です。 ちなみに読み方は、しららはまと呼びます。 白浜温泉のすぐ近くにあって、白い砂浜でとても美しく綺麗にされている場所なので幼児が遊ぶのにも安心できる場所でもあります。
花火大会

江ノ島花火大会に行って来た!穴場スポットとロケ地巡り

有名な江ノ島の毎年開催されている花火大会です。 湘南のシンボル江ノ島をバックに3000発、片瀬海岸から打ち上げられ約480mまで開く2尺玉が見所!! 夏ではなく10月の秋頃に開催されるのも 暑くなくて良い時期だと思います♪
潮干狩り

大洗サンビーチに潮干狩りに行って来た!地元民が教える穴場スポット

大洗サンビーチは茨城県にある海水浴場としても有名なスポットです。 キャンプ場も併設していて、多く方が訪れる場所になっています。 関東在住の方であれば一度は行ったことがあるよ!ってほどメジャーな場所ですね!
潮干狩り

お台場海浜公園で潮干狩りをしてきた!おすすめ穴場スポット

東京の有名スポットの一つ、お台場海浜公園で潮干狩りを楽しんだ人のレビューになります。 お台場海浜公園は、外国人観光客にも有名でたくさんの方が訪れ見どころ満載です。 公式サイトも充実していますので季節によってさまざまな模様氏が楽しめますよ!
花火大会

足立の花火大会!地元民が教えるおすすめトイレ事情とスポット

足立の花火大会は都内で最初に開催される花火大会で関東で2位 行ってみたいランキングでも7位と毎年盛大に行われています。 開催は7月ですね! 今回は足立の地元民がおすすめスポットや地元民だからこそ知っているトイレ事情などを紹介します。 ...