直撃!シンソウ坂上(4月25日)尾崎豊 倉庫に眠る歌詞ノート

4月25日(木)21:00~21:54にフジテレビで放送予定の『直撃!シンソウ坂上【命日に捧ぐ…尾崎豊SP倉庫に眠る歌詞ノート
&デモ音源公開】』について調べてみました。

テレビ番組『直撃!シンソウ坂上』とは?

昨年2018年3月まで放送されていましたバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の後を受け継いで翌4月よりスタートしました。
お昼の情報番組「バイキング」(フジテレビ)のスタッフにより、2017年12月に放送された特番がもとで制作されました。
また「バイキング」にご出演され、他にも「ダウンタウンなう」(フジテレビ)や「有吉ゼミ」(日本テレビ)等においてバラエティー&情報番組の「顔」でもある坂上忍さんが、MCを務められます。
過去に世間を騒がせた著名人やニュースを掘り下げていく、ジャーナリズム・バラエティ番組です。

参照元URL:公表HP  https://www.fujitv.co.jp/shinsou/

名曲に秘められた想いとは?

今回は1980年代中期~1990年代初めにかけて『若者のカリスマ』『十代の教祖』とまで言われたシンガーソングライターの尾崎豊さんに注目します。
更に、学生時代の同級生だった方に密着取材し、学生時の様子・デビュー曲であり名曲「15の夜」の誕生秘話が明らかとなっていきます。
そして、今や日本を代表する人気デュオとなられました『コブクロ』のボーカル・黒田俊介さんが尾崎豊さんの魅力について熱く語られます。
尾崎豊さんの歌の歌詞は、自身の心情を格好付けずに、そのまま描いておられる故に、同世代の方々の共感を得る事ができたと思われます。
“盗んだバイクで走りだす~♪”等と、感情をぶつけるかの様な世界観が、かえって格好良く見えたのかもしれませんね。

人気絶頂で、活動休止をする理由

更に、尾崎豊さんと共に音楽活動を行われたバックバンドのメンバーや音楽プロデューサーの方にも取材を決行しました。「卒業」等、多くのヒット曲を生み出しシンガーとしての地位や名誉を手に入れたはずの彼が1986年1月に突然、『無期限活動休止』を宣言され、単身で渡米するといった行動を取られます。
身近で行動を見て来た方々の証言を通し、若者から絶大な人気を得ていた彼だから故に抱えていた苦悩や素顔を謎解いていきます。
以前に観た別の番組で、同じくシンガーソングライターとしてご活躍されている加藤登紀子さんが『尾崎豊さんは活動休止⇒アメリカへ行く必要は無かった、何故ならこんなにも彼を求めている人達がいるのだから』と。
しかし彼は、「同じ状態」に留まりたくなかった、常に新しい段階へと走り続けていたかったのかもしれません。
同じ時期に活躍した人気バンド『BOØWY』も「人気の頂点に立った」辺りで解散すると決められていた様です。
以前は、彼等の行動に対し不思議に思い、人気なのに何故続けられなかったのかな?という疑問も持ったりしました。
ただ、新しいものを追究し続けているアーティストの方々は、数十年経った現在においてもなお、沢山の方々から支持されているので、芸能は面白いですね。

直撃!シンソウ坂上への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④

Twitter⑤

Twitter⑥

Twitter⑦