直撃!シンソウ坂上(8月1日)ISSA涙!DAPUMPどん底から復活

2019年8月1日(木) 21: 00分~21: 54にフジテレビで放送予定の
『直撃!シンソウ坂上【ISSAが涙…DA PUMPどん底からの復活に独占密着!】』について調べました

ダンス&ボーカルグループ『DA PUMP』とは?

1997年6月にシングル「Feelin’ Good -It’s PARADISE-」で、ISSA含む4人グループとしてデビューをされます。
「ごきげんだぜっ! 〜Nothing But Something〜」「if…」等、数々のヒット曲を世に出し、多くの音楽賞を受賞されます。更に1998年以降、「NHK紅白歌合戦」へ5年連続出場されました。
ところが順風満帆に行っていた矢先、2006年以降にメンバーが相次いで脱退、その後新メンバーを加入させ“新生DA PUMP”として再スタートします。

昨年2018年6月リリースの29枚目シングル「U.S.A.」のミュージックビデオ再生数が3日間で50万回を超えたうえ、10月には1億回を突破しました。更に、その年の「第69回NHK紅白歌合戦」へ、実に16年振りの紅白出場となりました。

参照元URL:「DA PUMP オフィシャルサイト」https://dapump.jp/
番組公式HP https://www.fujitv.co.jp/shinsou/

再スタートまでの長い道のり

『DA PUMP』といえば、1990年代後期から2000年代初めにかけて、キレのあるダンスと抜群の歌唱力とラップで多くの若者を魅了してきた4人組グループでした。
しかし、2000年代中期からメンバーが次々と脱退していきました。一時は1年程“活動休止状態”となっていた時期もありました。それでも新メンバーが加わり“再スタート”をされます。
そんな中、唯一デビュー時からのメンバー、かつグループリーダーでもあるISSAさんは“みんなに会わす顔がない…”と、葛藤の意思も抱いていました。
ISSAさんはとても責任感の強い方だなと思いました。まして、一人だけオリジナルメンバー故に周囲からのプレッシャーはかなり大きかったのかもしれませんね。
ただ、『DA PUMP』という名義をあくまで貫き通したうえで、今日まで活動されている事に根強いものを感じました。

再ブレークの裏には…

昨年、再ブレークのきっかけとなった「U.S.A.」に続いて、新曲「桜」(2019年3月リリース)も好調で、快進撃を続けていらっしゃいます。
そんな彼らが、今年2019年6・7月に日本武道館と大阪城ホールで『LIVE DA PUMP 2019』を開催、武道館でのライブは17年振りとなりました。
そこに至るまでは、ショッピングモールでのライブ等、音楽とライブにかける血のにじむ様な努力と情熱がありました。

“新生DA PUMP”としては初めてかもしれないブレーク曲「U.S.A.」ですが、本当に長い道のりでしたね…。
しかも最近は、ネット・動画を通してブレークに繋がるパターンが多いので(ゴールデンボンバーの「女々しくて」もそうでした)、これも時代の流れかなと感じております。

また別の番組で、某ショッピングモールで行われたライブの密着取材を観た事がありますが、これはひょっとしたらかなり勇気がいる事かもしれません。
日本を代表する様なグループが、云わばドサ周り的な事を行われるので、周囲の戸惑いもあったかもしれません。
しかしどんな場所においても、彼らの思いは十分、ファンの方々に伝わっていた様に思えました。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

インスタグラム