商社の営業マンはどんな仕事をしているの?

仕事

商社の営業マンを目指していても仕事内容や1日の仕事ぶりについてなんとなくしか知らない人もいると思います。1日の仕事の流れを知ることで将来自分が商社の営業マンになれた場合のイメージをすることが出来ると思います。

また商社にもいろいろな種類の企業があります。
どのような企業に勤めるかで自分が販売する商品が変わってくるのでとても大切な選択になります。
商品について自分が詳しくなる必要があります。
興味のあるものの方が商品についての勉強もしやすいと思います。
商品について詳しく知ることが楽しくなるような商社に勤めることが出来たらとても幸せだと思います。

これからいろいろな選択をしていくなかでとても役に立つ情報がたくさんあるので是非参考にしてみて下さい!

商社の営業マンの一日の仕事ぶりをチェック

商社の営業マンは取引先に最適な商品を紹介し商談をすすめていく仕事になります。
取引相手に商品をすすめて購入して頂くのがこの仕事の目的ですが、購入してもらうまでには取引相手と良い関係を築き、見積りもつくったり、もちろん打ち合わせは何度も行う場合が多いです。
そしてすすめる商品の情報を覚えなくてはいけません!商品はどんどん新しいものが出てくるので、常に勉強が必要になります。
取引相手からの質問に対して答えられる必要があるのです!

このように商品を売るということは他の業務もたくさんあることがわかります。
ここではこのようにたくさんある業務を1日でどのようにこなしているのか1日の仕事の流れを紹介していきます。1日の仕事の流れを知ることで、自分が商社の営業マンになったときの想像がしやすいと思います。

①出社

その日行う業務の確認を行い、メールのチェックを行います。
取引先との訪問アポをとったり、見積りの質問や見積りの依頼などとても大切なやり取りをメールで行う場合があるので毎日必ずチェックを行いましょう!

②1日のスケジュールを決める

今日行わなければいけない仕事など優先順位を必ず決めてから業務に取り組みましょう!
頭の中で覚えておくだけだと忘れてしまう可能性もあるのでメモをするようにします。

③見積書を作る

見積書を作り、課長に承認してもらい取引先に届けます。

④取引先へ訪問する

見積書をもって取引先へ訪問します。見積書の説明を行い取引先に理解して頂きます。
商品について専門的な説明を希望される場合はメーカースタッフを同行させることもあります。
しかし自分も商品についてしっかり理解しておくことが大切になります。

④お昼休憩

⑤取引先へ訪問する

午前中行ったように取引先を訪問し営業を続けます。

⑥会社へ帰る

またメールのチェックを行います。今日行った業務をまとめ、必要であればスタッフと打ち合わせを行います。
明日の業務の準備を行い帰宅します。

商社にはこんな企業がある

商社を大きく分けると総合商社専門商社の2つに分けることが出来ます。

総合商社とは幅広い分野の商品やサービスを扱う会社のことを言います。
例えば食料品から繊維、自動車、鉄鋼、石油など他にも、ありとあらゆるものを扱っています。
取り扱う商品が多いこともあり総合商社の大手になると年間売上高は10兆円を超えてきます。

総合商社は取り扱うもの大きいので金額も大きくなってきます。
なので規模の大きいビジネスを行うことが出来る魅力があります。とても幅が広いので1つの商品が売れなくても他に人気な商品があることで売り上げをカバーすることが出来ます。

専門商社は特定の分野に関しての専門性を生かした事業を展開しています。
医薬品系、機械系、繊維系といったように、各商社ごとに強みを持っています。専門商社はたくさんの数があり、その企業の規模もいろいろあります。
たくさんの種類の商品を扱う総合商社の子会社や系列会社である場合も多いです。

専門的な知識をいかして顧客に近いところから対応することが出来るという強みがあります。
専門商社の中には商品開発を行う会社もあります。
その特定の分野が1つだけでなく複数あることもあり、複合型専門商社と言われています。

まとめ

商社の営業マンは取引先に最適な商品を紹介し商談をすすめていく仕事になります。
他にもたくさん仕事がありそれは以下の通りです。
①取引先相手と良い関係を築く
②見積書を作る
③打ち合わせ
④る商品の情報を覚える
⑤メールのチェック
主な業務はこれくらいですが、細かいものはまだまだたくさんあります。

1日の仕事ぶりは以下の通りです。
①出社
②1日のスケジュールを決める
③見積書を作る

④取引先へ訪問する
⑤お昼休憩
⑥会社へ帰る
⑦退社
たくさんある業務を1日でこのようにこなしているようです。1日の仕事の流れを知ることで、自分が商社の営業マンになったときの想像がしやすいと思います。

商社を大きく分けると総合商社と専門商社の2つに分けることが出来ます。

①総合商社
幅広い分野の商品やサービスを扱う会社のことを言います。例えば食料品から繊維、自動車、鉄鋼、石油など他にも、ありとあらゆるものを扱っています。扱う金額も大きいので大きなビジネスを行うことが出来ます。

②専門商社
特定の分野に関しての専門性を生かした事業を展開しています。医薬品系、機械系、繊維系といったように、各商社ごとに強みを持っています。専門的な知識をいかして顧客に近いところから対応することが出来るという強みがあります。