世界ふしぎ発見!日本人の知らない(3月16日)台湾・桜物語

『日立 世界・ふしぎ発見! 日本人の知らない 台湾・桜物語』について調べてみました。

テレビ番組『日立 世界・ふしぎ発見!』とは?

毎回、世界各国の文化や歴史・謎・ミステリー等について取り上げて、現地を取材したレポーター
の映像を観つつ、司会の草野仁さんと解答者数人がクイズ&トークを展開していく番組です。

また、1986年4月から続く長寿クイズ番組でもあります。
かつて土曜日の夜7~9時台と言えば、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(1986~1992・TBS)や「平成教育委員会」(1991~1997年・フジテレビ)、はたまた「マジカル頭脳パワー」(1990~1994年(土曜8時台))といった、クイズ&バラエティー番組が盛り沢山ありましたが、未だに30年以上続いている番組は、この『ふしぎ発見!』とあと僅かだと思われます。

理由の1つとして、『親が子供に見せたい番組』第4位に輝いた他にも、『優良放送番組クイズ部門』等、多くの賞を獲得する等、長年にわたり、視聴者に好印象を与え続けているからなのかもしれません。

参照元URL:公式HP https://www.tbs.co.jp/f-hakken/

世界・ふしぎ発見 台湾でもお花見⁉

今回のミステリーハンターは、傳谷英里香(でんや えりか)さんです。
昨年2018年まで、アイドルユニット『ベイビーレイズJAPAN』のリーダーとして活躍され、現在はタレント活動をしておら
れます。
彼女が向かった先は、最近日本人の海外旅行先でポピュラーな「台湾」です。

1~5月までが、台湾の「桜シーズン」だそうで、各地のお花見スポットは大賑わいだそうです。

それに日本の花見の時期より気温も高めで、色が濃い桜は青い空に映えて綺麗だとの事です。
花見の時期は、旧正月の時期でもあります。旧正月を迎える準備の為、2月初旬の市場は大賑わいです!
威勢よく呼び込みをする青年達に傳谷さんも加わりました!

日本もそうですが、台湾の人達にとってお花見は(旧正月も含まれるせいか)、1つの「一大イベント」の様な感じがしますね。
また、日本とは違う雰囲気の「お花見」を味わえそうですね!

人々の努力の賜物による花見

しかしながら、日本のソメイヨシノ等が台湾の気候と合わず、数年で枯れてしまう事も多いそうです。
それでも、人々の地道な品種改良により、台湾各地で様々な種類の桜を楽しめる様になりました。
張州府さんは台湾の『桜ブーム』を支えられた1人で、自身の農園には約30万本の苗木が植えられているのだそうです。

また余さんご夫妻も、桜の栽培をされており、広々とした庭で約2万本の桜の木を育てていらっしゃいます。
そんな桜の木で覆われた、余さんの庭は台湾でも随一の桜の名所と言われ、毎年の様に訪れる方が多いそうです。

日本の花見は、3~4月と期間がやや短いです。
それに対し、台湾では様々な種類の桜が植えられているうえ、1~5月までの4ヶ月間も花見が楽しめます!

南国ならではの暖かく(暑いに近いかもしれませんが)、またその土地に合わせた感じで、バラエティー豊かなお花見が楽しめそうでこれはこれでアリかもしれませんね!

世界・ふしぎ発見への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③