情熱大陸(1月20日)女性脳外科医(加藤庸子)ゴッドマザーの生き方

女性脳外科医の生き方とは?

2019年1月20日(日)の23時20分~23時50分に放送される
「情熱大陸」について調べてみました。

情熱大陸(1月20日)のゲスト

今回のゲストは??

脳神経外科医の加藤庸子先生が出演します。

現在は、藤田保健衛生大学 坂文種報徳曾病院に勤務されており、脳外科医において、女性では初めて教授になられた方でもあるようです。
そしてさらにすごいのが、くも膜下出血を未然に防ぐ「クリッピング術」のスペシャリストであり、世界一と言われるほどの、手術件数を誇っています。
その技術を見てみたいと、世界各国から医者が彼女のもとに要望を寄せられているほど。
家系もすごいですよ。開業医の父と大学の教師の母!!頭脳レベルが・・・

今回の番組で、クリッピング術という単語を初めて知ったので、調べてみました。
クリッピング術とは、動脈瘤ができている根元にクリップをはめます。
そうすることで、動脈瘤が破裂するのを防いでくる手術だそうです。
脳卒中により、年間13万人ぐらいの方が亡くなられており、クリッピング術は、それを未然に防ぐ方法のようです。
すご手術があるんだなと、ほんとビックリですよね・・・
現在も、加藤庸子先生は週3以上の手術をされており、加藤先生の手術を受ける為に、全国から患者さんが集まってくるそうです。

情熱大陸ってどんな番組?

情熱大陸とは、どんな番組になっているのでしょうか?

毎回、様々な分野の最前線で活躍する人物にスポットを当てて、その素顔を迫る番組です。放送をみて思いますが、本当に幅広い方にスポットが当てられますよね。
見ていて、こんな仕事や活躍されている方もいるんだと、初めて知ることもあります。
そして、オープニングテーマを演奏されている方は、葉加瀬太郎さんということは有名ですよね。

情熱大陸(1月20日)の内容は?

今回の内容は?
加藤庸子先生は、世界でも注目される「クリッピング術」の権威のある方です。
その技術で男性社会を乗り越えてきた、今までの人生に情熱大陸が密着します!
男性社会の中で、「女は手術室から出て行け」や「執刀医を男性医師に変わってくれ」と言われる中でも、腕を磨くことで患者様の信頼や絆が出来た事。
また、患者と向き合うことで、働く幸せや何故医者になったのかなど沢山の事を教えてもらったとも書かれていました。
こんなに、謙虚なのに腕は一流なんて凄いですよね。

そして、今回の番組では、青森県から加藤庸子先生のもとにやってきた子どもをもつ母親の治療にあたる姿にも密着されています。
この母親は、どういった症状があるのか?治療はどうなるのか?
先生の診察内容も気になりますし、手術も出てくるようですね。
細かい作業の脳外科医、ほんとすごいですね・・・

さいごに

大学の女性差別入試問題で揺れる医学界について思うことにもコメントされるようです。
権威のある先生は、今の医学界をどのように感じているんでしょうか?
私には、遠い世界のように感じますが、こんな素晴らしい方が出演されるということなので、楽しみですね。
加藤庸子先生の1つ1つの言葉に注目したいです。