地元民が行った!山口一の坂川の穴場さくら花見スポット

桜花見

一の坂川は山口県山口市内を流れる川で、京都の鴨川に見立てられて
整備されています。
600m両岸にソメイヨシノが約200本ほど咲きます。
流れる川、そして周辺に建つ古い町屋との景観が素晴らしく、山口県内でも屈指の桜の名所として知れ渡っています。
両側の道に飲食店や雑貨店、またおしゃれなカフェが並んでいるので、散歩がてらの花見には絶好のエリアとなっています。

山口 一の坂川のアクセス

山口 一の坂川にお花見に行った時期はいつごろ?混み具合は?

私は、3月下旬に山口県の一ノ坂川の桜を見に行きました。私が訪れた時は、すでに花は満開でした。
交通手段はJRを利用しました。駅の名前は山口駅です。
山口駅から徒歩15分ほど歩くと、桜並木が見えてきます。
入場料の徴収はありませんでした。
私が訪れた時は、人がたくさん賑わっていました。
特に公園や広場はありませんので、ビニールシートを広げて、お弁当を食べてるような人は、いらっしゃいませんでした。
ピクニックには向いていないと思います。
時々、川のほとりに座って休憩している人はいらっしゃいました。
一の坂川周辺はカフェやレストランが充実しています。
ランチはそちらを利用された方が良いのではないかと思います。
外国人観光客も沢山いらっしゃいました。
10代〜30代の観光客が多かったように感じました。
歩きながら桜を見る場所なので、お年寄りの方を見かけることが少なかったのかもしれません。
どちらかといえば、ザワザワと人が賑わっている場所でした。
静かな場所で桜を観たい方には、向いてないように思います。
実際に、一人で桜を鑑賞している人は、あまりいませんでした。
しかし、桜を鑑賞しているカップルは、たくさんいらっしゃいました。

山口 一の坂川に行こうと思った理由は?

私は、習い事の先生に「一の坂川の桜が綺麗だよ」と教えてもらったことがきっかけで、一の坂川の桜を観に行きました。
私が住んでいる場所は、山口県下関市なので、JR山口駅までは、一時間以上もかかります。
そのため、一の坂川の桜を観に行くことを悩みました。
しかし、桜の名所として、全国的に有名であります岩国市の錦帯橋よりは一の坂川の方が近いので、一の坂川に行ってみることになりました。
私が、おすすめしたい一ノ坂川の絶景スポットは、川を歩いて15分ほど登りきった場所です。
そこから川の下の方向に景色を眺めると、川に沿って続く綺麗な桜並木を鑑賞することができます。
私は、こちらの景色に、思わずうっとりしてしまいました。
あの綺麗な桜並木の景色は、今でも忘れられません。
その場所には、私以外にも桜を鑑賞したり、カメラで写真を撮っている人がいらっしゃいました。
知る人ぞ知るスポットなのかもしれません。
一の坂川に訪れたら、ぜひ一度は見て欲しい景色です。
私は、スマートフォンで写真を撮りましたが、カメラを持っていけば良かったなと思いました。
川を登るまでは、体力的に少々きついですが、こちらの景色を見たときに、登って良かったと思うことができます。
本当にオススメです。

山口 一の坂川の穴場、地元民だからこそ知ってるスポット

私がおすすめしたい一の坂川付近のカフェの名前は「ラ・セーヌ」です。
一の坂川から、少し川を上ったところにあります。
白い壁の洋風な建物が目印です。
私がおすすめする理由は、こちらのカフェから桜を観ながら、ランチやティータイムを楽しむことができるからです。
ちなみに、私はティータイムを利用しました。こちらの建物には、大きな窓があります。
そちらから、一の坂川の桜を眺めることができます。
こちらでは、たくさんのハーブティーを取り扱っていました。
紅茶を頼むと、ティーポットとカップをお出ししてくれました。
ティーポットの紅茶をカップに注ぎながら桜を眺める時間はとても優雅でした。
ティーポットでお出ししてくれたおかげで、長い間カフェに滞在することができました。


配慮を感じました。店内は混み合っていましたので、人気店なのかもしれません。
私が訪れた時間は15時過ぎぐらいでした。
店内は女性客が多いように感じました。
メニューも女性向けのものでした。
女性同士のお友達と訪れることをおすすめします。
おしゃべりを楽しんでいる女性陣で賑わっていました。
静かにお茶をしたい人には、向いてないかもしれません。周りの声が気にならなければ、ぜひこちらのお店に訪れてみてください。