シルバーの日傘はまぶしくて迷惑!?使うときの注意点

人間関係

シルバーコーティングされている日傘はありますが日差しが反射して周りの人に迷惑をかけている可能性があります。
シルバーコーティングについて、日傘を使うときに注意することや日傘以外で日焼けを改善する方法について紹介したいと思います。

日傘のシルバーコーティングが迷惑になるのはなぜ

シルバーコーティングとは?

太陽の日差しだけではなく紫外線を日傘で反射させて暑さから身を守る効果があります。
日傘を選ぶときは黒や紺色などは紫外線を吸収しにくい色だけど、暑くなりやすいので注意が必要です。

・内側にシルバーコーティング日傘は日差しや紫外線が頭の上から照らされる以外にも、地面に日差しが当たると反射して日傘を使っていても紫外線が顔や体が日焼けしてしまう原因になります。
内側にシルバーコーティングがしてあると紫外線が内側に光が集まるので日傘を使っていても暑くなるので注意が必要です。

外側のシルバーコーティングされた日傘

外側にシルバーコーティングがしてある日傘は、紫外線の光を色んな所に反射させてしまうので、他の人とすれ違うときに日傘が眩しく感じて迷惑に感じることが多いようです。

日傘を選ぶ方法

・日傘を選ぶときは紫外線をどのくらい防ぐ効果があるのかを確認して、UVカット率99%、遮光率99%と記入されているようです。

・紫外線を防ぐ効果や日傘で日陰を作って暑さを感じさせない2つの役割があります。
紫外線99%と書いてあっても完全に紫外線や日差しを遮ることは難しいので、日傘よりサングラスや日焼け止めクリームを塗ることで日差しから体を守ることができます。

・UPFは紫外線保護指数があり、紫外線が強いオーストラリア・ニュージーランドで定められています。

紫外線保護指数はUPF 15-24:良い、UPF 25-39はとても良い、UPF 40-50+は優秀。

・黒色は光を吸収しますが白の生地は光を反射します。

紫外線は白色の生地が通しやすいですが、UVカット加工がされた日傘は色による影響は関係ありません。
内側の生地は光を反射しやすい白色やシルバーコーティングした日傘は使わない方がいいですよ。
※黒色や紺色などの暗い色は紫外線を吸収したあと、熱が出てきて生地の温度が上がる可能性があります。

・日傘に使われている素材はポリエステルでできているものはUVカット加工なしでも紫外線を90%カットしますがポリエステルの他には麻、綿などの素材があるそうです。
※日傘を購入するときは生地が厚い方を選ぶと紫外線を遮ることができます。

人込みの中で日傘を差すときは周りの迷惑にならないように

人混みの中で日傘を差している人をみかけますが他の人も歩いていると日傘を傾ける必要があるので邪魔になります。
夏場の暑い時期は日傘を使いたくなりますが帽子やサングラス、日焼け止めクリームなどを使う方が迷惑をかけることは改善されます。

①人がたくさんいてごちゃごちゃしていても人目を気にせず日傘を差す。

②人に当たらないように日傘を動かない人。

③駅の改札口で立ち止ってゆっくりと日傘をさしている人。

④片手で日傘を持ちながら乗っている人。

⑤友達と待ち合わせや買い物などをしているときに一人だけ日傘をしている人。

⑥デート中に日傘を差している人。

日傘を差してしまうと手を繋いだり楽しくデートを楽しむことができません。

⑦コンサートやイベントなど人が集まる場所で日傘を差している人。

など以外にも日傘を差すと色々と危ないことがあるので人混みは日傘をさすのをやめて傘以外で、日焼け対策をする必要があります。

日傘以外で日焼け対策をする方法は?

・色の濃いシャツの方が薄いシャツを着る。

・トマトを食べると免疫力を高める効果やメラニン色素を作らせない働きがあります。

ビタミンCやリコピンが入っています。
日焼けで肌が赤くなるなど肌へのダメージを改善してくれる働きがあります。

・紫外線が強い時間帯は午前10時~午後2時の間なので外出は避ける。

・長い時間外に出るときはサングラスをかけたり日焼けしないようにカーディガンなどを着る。

・日焼け止めをこまめに塗って帽子をかぶる。

・シルバーコーティングされている日傘は買わずに紺や黒色の日傘を買う。

さいごに

夏場の暑い時期はとくに日傘を差して外出したくなると思いますが、人が多い場所で日傘を差してしまうと他の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。
人が集まる場所はサングラスや日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

日傘を差して歩いている人をみかけますが他の人と当たりそうになったとき、日傘を傾けないで、日傘を差している人とぶつかりそうになりました。
日傘は紫外線や暑さから体を守ってくれますがコンクリートや地面の照り返しで日傘を使っても、日焼けする可能性があるので日焼けしたくない人は日焼け止めクリームを塗って対策をしましょう。

シルバーコーティングしている日傘は日差しで歩いている人が、眩しく感じてしまうので
使わないようにしましょう。

最近は色々な種類の日傘がありますがシルバーコーティングしているものは使わないで、色が黒や紺などの濃い色の日傘をスーパーなどで実際に確認してから購入することをおすすめします。