必見!いまさら人には聞けない読書感想文の書き方のポイント集

子供

夏休みの宿題の定番と言えば読書感想文ですよね。
苦手で後回しにしてしまう子どもも多いようです。

いよいよ読書感想文に取り掛かる時、コツを聞かれ困っている両親に
読書感想文の書き方のコツを紹介します。
そのコツをつかんで読書感想文に困っている子どもにアドバイスしましょう。

また、読書感想文には大切なタイトルの付け方のポイントも紹介します。
魅力ある題名の読書感想文を書きましょう。

このコツやタイトルの付け方を知ることで毎年ある読書感想文を
楽に書くことができるようになります。
読書感想文に悩まされることも軽減されるでしょう。

読書感想文の書き方~小学生の子供を持つお父さんお母さん必見!

コツをつかんで良いお手本になる方法を伝授します!

さっそく読書感想文に取り掛かるときのコツを紹介します。

①本を読む時はふせんを貼る

子どもが本を読むときにふせんを貼るように教えましょう。
後から読書感想文に使えそうな重要な部分に貼ることが理想ですが
小学生にはまだ難しいかもしれません。
その場合は自分が好きなシーンにふせんを貼るようにしましょう。

②読み終わったら感想を口頭で聞く

本の感想を口に出していうことで頭の中が整理出来ます。
その子どもが言った感想を親がメモしておくといいでしょう。
上手く感想を伝えることが出来ない場合は親から
「主人公はどんな人だったの?」
「気に入ったシーンはどこ?」と、質問してみるのもいいでしょう。

③本の主人公になったつもりで書く

必ず読んでいる側の視点から書くという決まりはないです。
手が止まりなかなか書けないときは、自分が本の主人公になったどうするかなどを
書くのもいいでしょう。
自分の意見や感想が書きやすくなります。

④この本を選んだ理由を書く

先ほど説明したように自分の意見はとても書きやすいです。
すらすら書ければ調子が出て早く書き終えることが可能でしょう。
読書感想文の書き始めにつかうのにピッタリな文章になります。

⑤本を読んでみて新たに分かったことや、はじめて知ったことを書く

新たな発見は読書感想文にとても適しています。
またこの本をすすめる理由としても、読書感想文内に書くことも可能です。
感想文の最後に次に繋がるような本のお勧めポイントはピッタリです。
読む前に始めて知ったことがないか気を付けながら読んでみてと
声をかけておくのもいいでしょう。
全部読み終わってから見つけるより簡単に見つかると思います。

読書感想文の書き方~どうせ書くなら魅力のある題名に!
タイトルの付け方で最低限抑えるべき5つのポイント!

読書感想文を読むときに、まず目につきタイトル
タイトルが魅力的なだけで読むのが楽しみになったりもします。

そんなタイトルを付けるために抑えておきたいポイントを紹介しまし。

①本のテーマをタイトルにする

例えば本のテーマが友情の場合
・友達という存在の大切さ
・友達と喧嘩してしまった時に

次は本のテーマが夢の場合
・夢をかなえよう!
・夢を夢で終わらせない
このようなタイトルが出来上がります。

②本の感想を書く

素直に読んでみて思ったことを短く簡潔に書いてみましょう。
例えば
・私は〇〇〇に救われた
・〇〇〇は嫌いだ
などがあります。

主人公の名前をタイトルに入れる

誰もがしっているような人の自伝書や、読んだ本のタイトルに主人公の名前が
書いてあるときにはピッタリなタイトルの付け方です。
例えば
・わたしも〇〇〇になりたい
・わたしは〇〇〇と友達になりたい
などがあります。

④タイトルは1番最後につける

最初にタイトルを考える人が多いようですが、そのタイトルで手が止まってしまい
なかなか進まないようなら後まわしにするのもいいでしょう。
読書感想文の内容が完成してからタイトルを付けることで
より内容を連想しやすいタイトルを付けることが可能になります。

わたしも読書感想文が苦手でした、とにかく文字数が足りるようにと気にして
書いてしまっていました。
このような事を意識してしまうと、あらすじがメインの読書感想文になってしまいます。
ここで紹介した書き方のようにもっと自分の意見をいれて書くことが出来れば
自然と文字数も増えたと思いました。

まとめ

読書感想文を書くときのコツは以下のようなことです。

①本を読む時はふせんを貼る
②読み終わったら感想を口頭で聞く
③本の主人公になったつもりで書く
④この本を選んだ理由を書く
⑤本を読んでみて新たに分かったことや、はじめて知ったことを書く

このコツを意識して書くことで、今までの読書感想文より書きやすき
より読みやすい文章になるでしょう。

読書感想文にとって大切なタイトルを決めるときのポイントです。

①本のテーマをタイトルにする
②本の感想を書く
③主人公の名前をタイトルに入れる
④タイトルは1番最後につける

この方法を参考にし魅力あるタイトルを付けましょう。
タイトルで読書感想文の印象は変わってきます。