旭山動物園のツアー情報や見どころ・ランチ・お土産

北海道

日本の最北に位置する北海道。
その北海道の人気観光スポットでもあるのが旭山動物園です。
「伝えるのは、命」という一貫性のあるテーマをもとに作られている旭山動物園は、よくある動物の姿を見せるだけの形態とは違い、本来自然のままの動物の行動や生活の姿を見せる「行動展示」を導入したことで一躍有名な動物園となりました。

今回はそんな旭山動物園の本州からのツアー情報や見どころ、ランチやお土産についてもご紹介しますのでこれから旭山動物園へ訪れる予定があるという方はぜひ参考にしてみて下さい。

旭山動物園への本州からのツアー情報

それではまず本州からのツアーの情報をご紹介します。
本州からのツアーについては各旅行会社からさまざまなツアーが組まれています。

東京からの一例をご紹介すると、32,800~98,800円ほどで富良野後藤純男美術館や美瑛・青い池などに訪れることもできたり、北海道の美味しいグルメを堪能できるものなどが揃っているようです。

また、東京のみならず関西方面や名古屋方面、九州方面などからも同じような内容のツアーが用意されていたりしますので、各旅行会社でチェックしてみると良いでしょう。

旭山動物園 見どころ

それでは次に旭山動物園の見どころについてご紹介しますが、その前に旭山動物園の基本情報をご紹介します。

旭山動物園の営業時間は夏季の場合は10月15日までは9時30分~17時15分(入園締め切りは16時)、10月16日からは9時30分~16時30分(入園締め切りは16時)です。
また、冬季の場合は10時30分~15時30分(入園締め切りは15時)となります。

入園料は大人(高校生以上)820円、団体(大人25名以上)720円、小人(中学生以下)は無料となります。

それでは見どころについてご紹介します。


旭山動物園内でも、人気の名所があります。まずはホッキョクグマを展示しているほっきょくぐま館です。
2か所ある展示場の1つには巨大プールが設置され、ホッキョクグマのダイナミックな飛び込みや泳ぐ姿を見ることができます。

もう一方には檻を設置せず堀があるので、そこでは陸上でのホッキョクグマの生態を観察することができます。
そして「シールズアイ」と呼ばれる設備でホッキョクグマの視点を体験することもできます。

次はあざらし館です。北海道の漁港をイメージして作られた建物の中には、アザラシの特徴的な泳ぎ方を観察することができる「マンウェイ(円柱水槽)」や大水槽のほかに、北海道の魚が展示された水槽やアザラシの野生環境を再現するために一緒に育てられているウミネコやオジロワシも見ることができます。

次はぺんぎん館です。
キングペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、イワトビペンギンといった4種類のペンギンの飼育がされているこの館内には360度見渡せる水中トンネルがあり、まるでペンギンが空を飛んでいるかのような姿を観察できます。
さらに、雪が降り積もる時期にはかわいい「ペンギンの散歩」も行われます。

次はもうじゅう館です。
アムールトラ、ライオン、ユキヒョウ、アムールヒョウ、クロヒョウ、エゾヒグマが飼育されており、動物と同じ角度だったり真上から眺めたりできるなど、さまざまな角度から動物の姿を見ることができます。
さらに空中にせり出した檻からはユキヒョウやアムールヒョウを真下から眺めることもできます。

そして動物とのふれあいを楽しめるのがこども牧場です。
ウサギやモルモットなどの小動物を実際にだっこしてその体温やにおいを感じることができたり、第2こども牧場ではヤギやヒツジ、ポニーの観察とふれあいができます。

他にもホッキョクギツネ舎やレッサーパンダ舎など、たくさんの動物がいるので充実した時間を過ごせること間違いなしです。

旭山動物園 ランチ情報

動物たちを見ていると思わず時間を忘れてしまいますが、ずっと歩いているとお腹もすいてくるものです。そこで旭山動物園のランチ情報をご紹介したいと思います。

旭山動物園内東門にあったレストラン、もぐもぐテラスは2016年3月をもって閉店となってしまいました。

現在は2016年の夏季開園から営業を開始したZOOキッチンCoCoLo(ココロ)とあざらし館横にある動物園中央食堂があるので、そちらを利用すると良いでしょう。

ZOOキッチンCoCoLoでは飲食のほか、テイクアウトも可能となっています。
動物園中央食堂のランチメニューにはジンギスカンから揚げ丼、半熟卵乗せのいも豚すき焼き丼、いも豚丼などの北海道ならではのメニューが用意されています。

さらに野菜そばや旭山醤油ラーメンなどの麺類からフランクフルトやアメリカンドッグ、パンケーキなどの軽食もあります。そしてエゾ鹿入りメンチカツといった変わったメニューもあるので、ここでしか食べられないメニューを注文してみると良いでしょう。

たくさん遊んだあとはお土産を買って帰りましょう。お土産も旭山動物園ならではのお土産がたくさんありますので要チェックです。

旭山動物園のお土産!

旭山動物園のお土産で有名なのが「ぬいぐるみZOO」です。
かわいいだけではなく、細かい部分までこだわって作られているのが伝わってくるのが特徴のこの「ぬいぐるみZOO」。
とても人気のあるお土産だそうですよ。

そして旭川の銘菓として知られる「壷屋総本店き花」の旭山動物園オリジナルパッケージ版もお土産におすすめです。

モンドセレクション金賞を何度も受賞しているこのお菓子、大人から子供まで幅広い世代に支持されているため、お土産に最適です。
パッケージも優しい色使いで描かれた動物たちが印象的でとてもかわいらしいデザインになっています。

さらに食べ物のお土産にはオリジナルクッキーもおすすめです。
「旭山動物園くらぶオリジナルクッキー」は1箱につき12枚のクッキーが入っており、1枚1枚に動物の顔がプリントされていて食べるのがもったいないくらいです。

他にもマグカップやクリアファイル、絆創膏などたくさんのオリジナルグッズが発売されているので、旭山動物園を訪れた際にはお土産選びの時間も楽しめることでしょう。

さいごに

ここまでご紹介してきた旭山動物園、いかがだったでしょうか。
よくある形態展示ではなく行動展示に力をいれたことにより、一躍有名となり、今では北海道の観光には欠かせないスポットとなっています。

「伝えるのは、命」というテーマに沿って生き生きとした動物たちの姿をぜひご自身の目で見て、感じてみて下さい。