第6回明石家紅白!(6月15日)郷ひろみ・ゴールデンボンバー

2019年6月15日(土)19:30~20:45にNHK総合で放送予定の『第6回明石家紅白!』について調べました。

テレビ番組『明石家紅白!』とは?

2016年から不定期で放送されている音楽特別番組で、明石家さんまさんのNHK初の冠番組となりました。
歌謡曲・フォーク・アイドルまで、音楽を知り尽くすさんまさんが、“自作”の『紅白歌合戦』を開催されました。
“出場アーティスト”の方々の歌とトークで盛り上がったうえで、番組最後にさんまさんが総評、“紅組”&“白組”の勝敗を決定となります。更にスタジオでは、彼らの本音が飛び出し、即興のコラボも実現します!

歌あり、トークありで楽しさ満載!

明石家さんまさんの『お気に入りのアーティスト&歌』『会いたい人』を紹介され、ご本人も登場される『明石家紅白!』が再び放送となります!
白組からは、さんまさんと同い年でプライベートでも交流が深い、郷ひろみさんが登場、久しぶりの再会を果たされます。
お二人との交流エピソードを語られたうえで、郷ひろみさんは自身の名曲「2億4千万の瞳」を熱唱されます!
また、今年2019年でメジャーデビュー25年目を迎えられます『ゴスペラーズ』の方々が、名曲「ひとり」をさんまさんとハモられ、“美しいハーモニー”を生み出そうと試みられます。
最近、新曲である『令和』をリリースしたエアーバンドの『ゴールデンボンバー』の皆様も参加されます。
彼等のヒット曲であり、代表曲である『女々しくて』でこれまで過去に4回「紅白歌合戦」へ出場を果たされましたが、2015年を最後に紅白に呼ばれない悩みをさんまさんへ打ち明けられます…。

若い世代にも迫ってツッコミます!

対する紅組は、1990年代に『あなただけ見つめている』等、数多くのヒット曲を世に出された、シンガーソングライターの大黒摩季さんが参加されます。芸能界における幅広い交流エピソードや自身の名曲「ら・ら・ら」の歌詞について、さんまさんが迫りツッコミます!
また、主に若い世代から人気を集めている三人組バンド『SHISHAMO』の方々も登場!一昨年から紅白に出場する等、順風満帆に活動を続けられていますが、メンバーそれぞれが“悩み”を抱えている様で、3人がそれを打ち明け、さんまさんは周囲の出演者を巻き込みつつ返答されます。
もう1組は、アイドルユニット『日向坂46』です。今年2月に『けやき坂46』から改名したうえで、3月にデビューしスタートを切ったばかりですが、個性あるメンバーのトークでスタジオは盛り上がります。また現在、若者に人気の(動画アプリ『TikTok』でも話題になっている)“キュンキュンダンス”を、メンバーの小坂菜緒さんがさんまさんに伝授されます。