ほんとにあった怖い話(10月12日)稲垣吾郎・佐藤健・中条あやみ

2019年10月12日(土) 21:00~23:10
フジテレビで放送予定の
『土曜プレミアム・ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』について調べました

テレビ番組『ほんとにあった怖い話』とは?

1999年に特番『金曜エンタテイメント』(現・金曜プレミアム)の作品として放送されたのが最初です。
(それ以前にオリジナルビデオ作品として作られ、それが高評価を得たのがきっかけで制作さ
れた様です)

以降は数回の特番を経て、レギュラー放送(2004~2005年)・特番とスタイルを変えつつも、ほぼ毎年放送され続けているホラー・エンターテインメント番組です。

実際に起きた“心霊体験”から訪れる、身も毛もよだつ恐怖・不安に直面する人々の姿を描いていきます。

参照元URL:公式HP https://www.fujitv.co.jp/premium/index.html

『怖い話』に直面し、早や20年!

毎年恒例となった番組が今年、『20周年スペシャル』として放送される事となりました。

また同番組で“名物コーナー”となりました、『ほん怖クラブ』ではリーダーを務める稲垣吾郎さんが、「ほん怖」クラブ・メンバー(小学生中心の子供達)と『怖い話』等を観て、内容分析をしていきます。

この番組が放送された頃は映画「リング」(1998年)や「呪怨」(2000年)等のホラー作品が人気となっていたので、上手く時代の波に乗ったのではないでしょうか。

リング

新品価格
¥324から
(2019/10/9 11:34時点)

呪怨 (ビデオオリジナル版)

新品価格
¥300から
(2019/10/9 11:35時点)

ただ近年は、番組の持ち味である“怖さ”をやや抑えたバラエティー&感動的な内容になりつつある様ですので、この番組にも時代やコンプライアンスの流れがあるのでしょうか…?

豪華俳優の方々が『恐怖体験』を見事に演じ切ります!

『ほん怖クラブ』と同様に、豪華俳優陣出演による『実際に起きた心霊体験』をもとに作られたドラマ仕立ての作品が、観る者を惹きつけます。

まず1つは佐藤健さん演じる、妻と息子と幸せに暮らす男が不気味な女性に遭遇する恐怖体験を描いた『汲怨のまなざし』です。

そして次は、両親を亡くしてから幼い妹と生活している女性(中条あやみさん)がある日、全身真っ赤な女性に出くわして以降、想像を絶する恐怖に襲われる『赤い執着』です。

更には、念願叶ってラーメン屋を開店させた男性(佐々木蔵之介さん)とそこのアルバイト店員(佐野勇斗さん)に絡む女性の霊による恐怖体験を描いた『肩の女』といった感じで、ホラー・エンタメ作品目白押しで、恐怖に震え上がる事でしょう。

「世にも奇妙な物語」もそうだと思われますが、近年はエンタメがあまりにも発達しすぎている故に(You Tube等の動画サイトも沢山出ている事もあり)観る者をアッと言わせる様な映像を作る事がとても難しくなってきているのではないでしょうか。

しかしそんな時代の中においても、20年にわたり視聴者を“恐怖の世界”へ導き続けている事はとても凄い事だと思いました。

これからも、製作者の番組への熱意・出演者の演技で、観る者を驚かせてほしいと思いました。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④

Twitter⑤

Twitter⑥