退職祝いのメッセージはこれで決まり!感動間違いなしの一言とは?

マナー

同僚や上司が退職することになって、今までの気持ちを伝えたい。
でもあまり文章を考えるのが得意ではない、どんな言葉を選べば良いのか分からない。
そう悩む方が多いのではないでしょうか。
そのような方のために今日はすぐに使える退職祝いのメッセージを分かりやすくまとめてご紹介します。
自分なりの言葉に変えて是非活用してみてくださいね。

退職祝いで悩んでいる方へ。おすすめのメッセージ、一言5選

定番の喋り出しという部分での一言をご紹介します。
このメッセージの後に自分なりに思うことを付け加えたりしても良いと思います。

1.○○さんと一緒に働けて本当によかった。

2.○○さんいままでいろいろな相談にのってくれてありがとう。

3.ずっと一緒だった○○さんが明日からいなくなるのは寂しい。

4.○○さんに励ましてもらっていなかったら今の自分はなかった。

5.○○さん〇年間本当にお疲れ様でした。

上記はほんの一例ですが、基本的な構成が分かればもっと考えやすくなります。

『今までの感謝の言葉』+『これからを祈る言葉』

というように文章を考えてみましょう。

退職祝いはメッセージが大切!おすすめのメッセージとカードのご紹介

《退職の理由別のメッセージ》
退職の理由によってメッセージを変える必要があります。
その一例をご紹介します。

【1】寿退職

お祝いの気持ちを盛り込んだメッセージを送りましょう

・○○さん〇年間本当におつかれさまでした。
そしてご結婚おめでとうございます。
これからは新しい家族との幸せを一番に考えて、第二の人生を楽しんでください。
いままで本当にありがとうございました。

・ずっと一緒だった○○さんがいなくなるのはとても寂しいですが、門出を祝福し心からおめでとうと言いたいです。
明るくまじめな○○さんなら温かく幸せな家庭を築けると思います。
いままで本当にお疲れさまでした。

【2】定年退職

長年の勤労に対しての敬意を込めたメッセージを送りましょう

・ご定年おめでとうございます。
○○さんの背中を〇年必死で追いかけてきました。
仕事やと目の前の仕事と向き合う事の大事さを教えて頂き大変勉強になりました。
これからは第二の人生、ますます謳歌してください。

・長い間本当にお疲れ様でした。
○○さんに優しくご指導頂いた事はこれからも忘れません。
明日からの第二の人生、どうかお体に気を付けて豊かな毎日をお過ごしください。
本当にありがとうございました。

【3】転職

さらなるステップアップを目指して転職する上司へ送る場合。
今まで指導して頂いた感謝の言葉と、新しい地での成功を祈るメッセージを入れましょう。

・長い間本当にお世話になりました。
○○さんの新天地でのご活躍を、心からお祈り申し上げます。

・○○さんが居なくなると思うと不安でなりませんが、教えて頂いた事を思い出しながら業務に励みたいと思います。
〇年間本当にお疲れ様でした。

・いつも暖かく、そして時には叱られることもありましたが、○○さんのことをずっと尊敬していました。
お体に気を付けて夢の実現をお祈り致しております。
本当にありがとうございました。

《メッセージカードはどうする?》

心のこもったメッセージカードや手紙は、いつでも読み返すことができ、もらった人もずっと思い出に残る素晴らしいものです。
ただ、時間が限られている中で、みんなで心のこもったメッセージカードを作るには、効率よくスピーディーに作業を進める必要があるため、作り方をよく考えなければいけません。
誰か一人に任せっきりにしたり、丸投げしたりなどしないよう、みんなで考えてより良いものにしていきましょう。

①色紙などに順番にメッセージを書いて回していく方法

これは、少人数の職場には向いていると思います。
大人数の場合、行方不明になったり、途中で汚れたりなどが増えてきたりするのでおすすめは出来ません。

②名刺サイズのメッセージカードを集める

最近人気なのは、名刺サイズのカードを全員に渡して、締め切りを決めて回収する方法です。
一人一人がゆっくりメッセージを考えて書くことが出来て、他の人を待つ必要もないので効率よくスピーディーな作業が見込めます。
そして、集まったカードをアルバムに貼ったり、一枚の大きめのボードに並べて額に入れたりすると見栄えが良くプレゼントとして立派なものになります。

《その他アイディア》

・似顔絵を絵心ある人に書いてもらう
・プロにタイトルを直筆してもらう

まとめ

退職祝いに伝えたいメッセージとメッセージカードについてご紹介しました。
退職理由別にまとめたメッセージもあらゆる人の退職にきっと役に立ってくれるのではないかと思います。

文章を考えるのが苦手な方は、文例を参考にして自分なりの言葉に変えたりなどしてみてください。
そしてメッセージカードを作成する方は、退職する方に思いのこもったカードを渡せると良いですね。