タブレット学習はどのサービスがいい?小学生編おすすめランキング

勉強

勉強と言えば、教科書とノートを開いてひたすら書く見る覚える…

それはどうやら時代遅れで、今やタブレット学習の時代なのです。

今回は、小学生向けのタブレットをランキング形式でご紹介するのと

比較やタブレット学習のメリットデメリットについても触れてみます。

小学校はスタートが肝心ですので、1年生のお子さんをお持ちであれば

一考の余地はあると思います。

タブレット学習とは?

勉強と言えば、教科書とノートと鉛筆…の時代は終わったようです。

この現代、デジタル化が当たり前、勉強もタブレットで行う時代で

昨今多くの家庭が取り入れている、検討しているようなのです。

ですが、そもそもタブレット学習とは何なのか…取り残された方は

まずはそこが最も気になるところ、知りたいところだと思います。

ですのでその説明からですが、タブレット学習とはタブレット…

つまり携帯型の端末で、我々の思う一般的な認識で問題ありません。

それでタブレット学習サービスと連携をし勉強をするシステムです。

もっと要約するなら、「今風の通信教育」と言ったところですね。

もっとも従来と違うのは、リアルタイムの通信であることから

従来のポスト投函とは比較にならないレスポンスの早さとなります。

通信で実際に授業をし、担当者が実際にタブレットから声かけをして

解説は立体視出来る図形を利用して行い、学校の教科書にも対応…

もはや親が子供にしたかったことを詰め込んでいると言えます。

無料体験なども一般的で、タブレット学習を何も分からない親でも

気軽に相談出来る環境が敷かれていますので、近年その利用者は

うなぎ登りだと言っても過言ではないでしょう。

ですが、タブレット学習サービスはその人気、需要によるものか

近年数多く運営されていてどれが良いのか、どういう特徴があるのか

全てのサイトを見て判断するのも骨が折れます。

と言うことで今回、タブレット学習はどこのサービスが良さそうか

ランキング形式でご紹介していきますので、是非ご参考下さい。

それで気になる運営会社があれば、webサイトを確認しましょう。

・小学生向けタブレット学習サービスごとの比較

以降で、ランキング形式でタブレット学習サービス運営会社の比較を

させていただきますので、お子さんを基準に探してみましょう。

1.スマイルゼミ

【月額】

3,600円(小学生)

【特徴】

専用タブレットあり。

漢検合格率95%以上。

スマホアプリと連動してお子さんと対話が可能。

視覚に訴える授業で、子供の勉強に対する興味を引き上げる。

【継続】

学習への定着を感じた方が88%以上

【サポート】

電話対応あり。ネットからの問い合わせフォームあり。

【備考】

「スター」を貯めることが出来て、それを利用しゲームなどが出来る。

2.デキタス

【月額】

3,000円(小学生)

【特徴】

学校の教科書に対応、テストモードもあり。

家庭用のタブレットが使用可能。

全国規模のランキングがあり、競争可能。

【継続】

満足の声89%。

【サポート】

電話対応、メールでの問い合わせ可能。

【備考】

「デキタポイント」を貯められ、それを利用して景品に交換可能。

3.すらら

【月額】

7,480円(小中学生)(入会金10,000円必要)

【特徴】

苦手教科の克服カリキュラムをタブレットが自動に作成。

担当者がプロ…つまり先生であるため、学習計画が充実。

国語、算数、英語に特に強い。

【継続】

担当者が見守る形式であるため、子供の勉強が継続しやすい。

【サポート】

担当者により電話、メール対応あり。

【備考】

高額であるが、「プロ」であることを念頭に置きたい。

本来はもっと数多くサービスはあるのですが、これらはメイン処で

世間に最も浸透している運営会社ということでご紹介に至りました。

小学生のタブレット学習のメリットデメリットとは

なおこのタブレット学習はまだ目新しい、そしてアナログな方には

あまり良い印象がない、食わず嫌いなところがあると思います。

そこで、ここでメリットデメリットをご紹介させていただきますので

どちらも理解した上で、改めてタブレット学習を知ってみましょう。

まずはメリットからについてですが…

・とにかくレスポンスが早い

・勉強がゲーム感覚で吸収しやすい

・積み重ねられる

考えられるもので、このくらいでしょう。

リアルタイム通信教育であることから、レスポンスの早さについては

もはや言うまでもありませんし、映像で勉強をするので小学生には

ゲームのような感覚になりますしそれに伴い吸収も早くなるでしょう。

さらに、何度も繰り返し学習するので、積み重ねにも適しています。

次のデメリットになりますが…

・運筆力の低下を招く

・実際の学校の勉強と違うので戸惑う

・合わない子供はとことん合わない

運筆力…つまり、実際に鉛筆を手に取って書く力です。

タブレット学習であるため、どうしても「書く」が疎かになるので

頭が良くなっても実際にそれを鉛筆で表現出来なくなるなどがあり

それこそが親がタブレット学習を避ける要因ともなっています。

それと、やはりタブレットはタブレット、実際の学校とは違います。

それに伴いタブレット学習は出来ても、どういう訳か学校の勉強に

まるで付いていけないなどもあるようです。

あと、こういう勉強は合う合わないが非常に激しい傾向があり

合わないお子さんはとことん合わずに、放り投げてしまいます。

まとめ

昭和を生きた方々からすると、タブレット学習など理解の外ですが

漠然とでも、その学習効率やメリットなどに驚かれたと思います。

たしかにデメリットもあるものの、それを補ってあまるものが多く

これまでアナログ推進派のご両親も、気持ちが揺らぐことでしょう。

ですがまだまだ浸透途上であることから、周囲の子と差を付けるため

明日からでも早速体験希望をしてみては如何ですか?