行った!すみだ水族館のホタル観賞 おすすめスポットはこちら

ホタル観賞

『すみだ水族館』は、人工海水製造システムにより、水槽内の水の完全人工海水化を実現することが出来ました。
京都水族館に次いで国内で2番目もちろん、関東では初の施設となっています。

国内最大級の屋内開放水槽では、間近でペンギンやオットセイを見ることが出来ます。
また、季節ごとに様々なイベントを開催してリピートも多く楽しめることが出来ます。
また、バックヤードが見れるゾーンもあって、飼育の現場やスタッフとのコミュニケーションも取ることが出来る施設となっています。

すみだ水族館のアクセス

すみだ水族館にホタル観賞に行った日時、交通手段、入場料の有無、その時の混雑状況

2018年8月の昼過ぎ頃にスカイツリーに遊びに行った際、興味があったのですみだ水族館に入りました。
入場料はすみだ水族館への2050円です。
地元の水族館よりは少し高めの料金でしたが、都会でたくさんの生物が見られることや工夫のある展示が面白かったので納得の値段かと思っています。
交通手段は電車で、半蔵門線押上駅に降車して徒歩ですみだ水族館へと向かいました。
ちょっと距離はありますが余裕で歩けてしまう距離です。
休日ということもあって人気の生物には人が多く集まっていました。
展示されていたホタルを見る際にも看板を持った男性が列を整理していて、15分ほど並びました。
並んでる際もキョロキョロ近くの生物を見ることが出来たので飽きることはありませんでした!
飽きてるお子さんもいたので子連れの方は注意です。
トイレにも行っておいたほうがいいかもですね。
列を整理してくださる方がいらっしゃったので並びやすかった印象があります!

すみだ水族館に行こうと思った理由は?

一緒にいた友人が「ホタルいるじゃん!見たことないんだよね〜、、見ない?」と言われたので行くことにしました!
わたしも人生で一度もホタルを見たことが無く、更に一度は見てみたいと思っていたので賛成しました!
並んで入ると真っ暗な部屋があったので動物園のように広いスペースでホタルが放し飼いにされていて、ガラスを見るのかな?と思っていたのですが、実際は小さい箱があってその中を飛んでいました。
印象としては「これがホタル?LEDライトみたい!」です。ホタルの光ところしか見られないのでホタル感はあまりなかったです。
フラッシュはNGでしたが、写真や動画を撮ること次第は可能だったので写真や動画を撮りました。
時間制限は無いのですが、良識的に2、3分で次の方と交代しました。
あんまり感動などは無かったのですが、ホタルを見られたこと自体はよかったと思います!
次は自然の中、川辺にいるホタルを見たいと思ってしまいましたが。

すみだ水族館の周辺のおすすめ、穴場スポットはどこ?

スカイツリー内にあるすみだ水族館なのでやっぱりスカイツリーがオススメですね!
たくさんのショップが入っているのでショッピングが物凄く楽しいです!
観光客向けの日本らしいショップも多いのですが、そこは日本人が見ても楽しめる内容も多いですよね!
洋服や雑貨も多いので友人同士やデートで行っても楽しいですよね。
子ども向けのものも多いので、お子さん連れの方も楽しめると思います!
レストランや美味しいお菓子もたくさんあります。
オススメはキルフェボンさんです。
いちごのタルトが絶品です!
季節のフルーツを使ったタルトが魅力的でどの季節も美味しそうなタルトが並んでいます。
インスタグラムにアップしたらインスタ映えしそうですよね!
数多くのタルトからお好みのタルトを探して欲しいです!
値段は少しお高めですが自分へのご褒美などにいいかなと思います!
どんな方でも一つは興味のあるものがあると思います!もちろん展望台に登るのもいいですよね!