尾瀬ヶ原ハイキングに行こう!おすすめの時期や服装は?

尾瀬

尾瀬ヶ原は昔からハイキングやトレッキングの名所として知られており
多くの人が尾瀬ヶ原に訪れます。

その中心地ともいえる尾瀬国立公園は
福島、群馬、新潟、栃木の4県にまたがっています。

尾瀬ヶ原はアクセスにとても便利なのが魅力の1つです。
電車やバスで登山口でも来ることが可能です。
またコースによっては初心者でも歩きやすのも嬉しいですよね。

登山中に見ることがでる景色も素晴らしいです。

例えば水芭蕉では水の上に咲く小さい可愛い花を見ることが出来ます。
梅雨が終わると、鮮やかなニッコウキスゲの大群落を見ることができます。
湿原に咲く黄色い花は本当にきれいです。

このような景色をみるために尾瀬ヶ原に訪れる人も多いです。

たくさんの魅力がある尾瀬ヶ原ハイキング!

尾瀬ヶ原ハイキングへ行くならおすすめの時期は見たい花が咲く時期や
紅葉の時期に合わせて行くのをおすすめします。

しかしその時期の土日は混みます。
空いている時期はいい人はお盆以外の8月と10月がおすすめです。

また大切なのがハイキングするときの服装です。
尾瀬ヶ原ハイキングに行くときにい適切な服装をしていないと
怪我に繋がってしまったり、最後まで登れないこともあります。

尾瀬ヶ原ハイキングに行くならこの時期!

せっかく尾瀬ヶ原でハイキングを行うのであればおすすめの時期に
行って頂ききれいな景色を見ましょう!

まず山開きは毎年5月の中旬です。
山開きがされるとハイキングのシーズンがはじまります。

2018年の山開きは5月24日でした。
山開きは雪解けの状況で毎年前後します。

山開きしてすぐはまだ雪がのこっているので初心者向けではありません。
山開きして少したった6月上旬からがいいでしょう。

そしてこの6月上旬からミズバショウが咲き始めます。
ミズバショウはとても人気のある花で、この花を見にハイキングする人も多いです。

水辺に小さな白い花がたくさん咲いた風景は
山を登ってきた人しか見れないので特別な感じがいいですよね。

ミズバショウが終わると少しの間花がないので避けた方がいい時期ですね。

その後、7月になるとワタスゲの穂が白くなってきます。
白くてふわふわしたワタスゲは可愛く、緑の中に咲くのでとても映えます。

ワタスゲが花を咲かせている間はあまり注目されませんが、
花が散ったあと綿毛になったときに注目されます。

この綿毛は種子の集まりです。
ワタスゲは霜に弱い植物のため年によってはあまり咲かない年があります。

そして次は夏の花、ニッコウキスゲです。
1株から7個ほどの花が付いており、毎朝その中から1輪が咲き夕方には
散ってしまう1日花です。

尾瀬ヶ原ではたくさんのニッコウキスゲが一面に咲きます。
これほど大規模な花畑は珍しいので是非見て頂きたいです。

しかし近年ニホンジカの食害でどんどん数が減ってきてしまっています。

夏が終わる次は紅葉の季節です。
尾瀬ヶ原の紅葉はとても早く8月下旬から色づきます。
最盛期は例年だと敬老の日から秋分の日あたりまでになります。

その後は今度、草紅葉っていうことで、湿原にある葉っぱが赤くなります。
いわゆる紅葉は9月中下旬ですが、その後も10月上旬までは草紅葉で艶やかです。

自分のみたい植物に合わせて登のが1番おすすめです。
夏は涼しいので快適かもしれません。夏でも夜は寒いくらいです。

花が咲く時期の土日はたくさんの人が訪れるので混雑することを覚悟してください。
人が少ない時期がいい人はお盆以外の8月と10月がおすすめです。

自分の中で「絶対花が見たい」や「人が少ない時期に登りたい」など
何を重視するか決めてから時期を考えましょう!

尾瀬ヶ原ハイキングに行くときのおすすめの服装

尾瀬ヶ原ハイキングに行くとき、どんな服装をすればいいか悩んでしまいますよね。
特に初心者の人は分からないことがたくさんあると思います。

適した服装をしていかないと、寒かったり暑かったりしてしまい
登山が楽しくありません。

また安全のためにも服装は大切です。

ここではおすすめの服装を紹介します。
天気によっても左右しますが、服装を決める際は参考にして下さい!

まず尾瀬ヶ原の気温ですが平均して東京の気温より10度低くなります。
想像以上に寒いので注意しましょう。
真夏の8月でも平均気温は17.2度になります。

①乾きやすい服にしましょう。

②綿は乾きにくいでの不向きです。

③厚手の服を着るよりは重ね着で体温調節が出来るようにしておきましょう。

④靴は必ず登山靴をはいて行きましょう。

⑤山の天気は変わりやすいので雨具は必ず持って行きましょう。

⑥荷物はすべてリュックにいれて手には何も持たないようにしましょう。

⑦飲み物は500mlを2本くらいは用意しましょう。

⑧頭をまもるため帽子をかぶりましょう。

⑨手を怪我しないように手袋をします。

⑩長袖、長ズボンをはき肌を見せないようにしましょう。

⑪靴下は靴擦れしにくい厚手のものをおすすめします。

⑫フリースやダウンのような防寒着を着ましょう

さいごに

尾瀬ヶ原ハイキングのおすすめの時期は
自分が見たい花や紅葉に合わせていくことです。

花と紅葉の時期は以下の通りです。

①ミズバショウ:6月上旬~

②ワタスゲ:7月

③ニッコウキスゲ:7月中旬

④紅葉:8月下旬

この時期の土日は特に混雑します。
空いてる時期を狙いたい人はお盆以外の8月と10月がおすすめです。

適切な服装はハイキングを行うのにとても大切です。

以下のポイントはかならずおさえましょう!

①乾きやすい服
②綿は不向き
③重ね着で体温調節
④靴は登山靴
⑤雨具は必ず持って行く
⑥荷物はすべてリュックにいれて手には何も持たない
⑦飲み物は500mlを2本くらいは用意
⑧頭をまもるため帽子
⑨手袋をする
⑩長袖、長ズボンをはく
⑪靴下は靴擦れしにくい厚手のもの
⑫フリースやダウンのような防寒着

尾瀬ヶ原ハイキングを楽しみましょう!