なばなの里のイルミネーションに行ってきた!周辺のおすすめスポット

なばなの里

なばなの里のイルミネーションは国内最大の美しさです。
観光のセットで売られるのは、東京からのバス旅では、なばなの里のイルミネーションを見て宿泊して翌日に伊勢神宮参拝が人気のツアーとして各社力を入れていますね!
今回の記事は、地元民と言えるぐらいの方がイルミネーションの絶景に見惚れてライティングしてくれました。

なばなの里アクセス

なばなの里絶景イルミネーションに行った日時や交通手段などを教えてください


イルミネーション期間中に2回。2018年3月下旬と12月中旬に行きました。
交通手段は車で、伊勢湾岸自動車道長島ICから10分程度でした。
小学生の子供を含む家族と行き、料金は小学生以上2300円(里内で使える1000円の金券付き)でした。
コンビニで買える前売りチケットごありますが、入場がスムーズにできるということで料金的な特典はないそうです。
3月、12月ともに桜、イルミネーションのハイシーズンでしたが、平日の夕方四時ごろからから入園したので、チケット売り場で五分程度並び、園内は混雑しているが歩きにくいほどではない程度の混雑状況でした。
レストランは少し待てば座れる程度でしたが、イルミネーションの点灯時間が近づくと次第に人が増えてきて、着席の店舗は外まで行列していました。
イルミネーションは係員の誘導で順路に沿って歩く程度の混雑で、写真などはとれますが、気に入った場所に戻ることは難しかったです。渋滞は帰りに出口で10分程度でした。

なばなの里のイルミネーションに行こうと思った理由はなんですか?


イルミネーションと季節の草花が美しいスポットです。
川の河口近くにあるので、風がきつく、夕方から夜間はかなり冷え込みます。雨の日はイルミネーションを見るにも花を見るにも傘が必要です。
ベゴニアガーデンなど屋内のスポットもありますが、メインの見どころは晴れの日のほうが安い楽しめると思います。
イルミネーションを見ながら軽食が食べられるテラス席も冷え込むので、ベビーカーの方は毛布や、風で飛ばないようにクリップがあると便利です。
テラス席の椅子が冷たいので、子供用にアウトドア用の座布団を持っていったのが良かったです。
3月下旬はイルミネーションとともにライトアップされた桜が見頃でした。
満開の桜と色とりどりのイルミネーション、見渡す限りのチューリップ畑と鮮やかな光と花の絶景でした。
12月はイルミネーションと紅葉が楽しめました。
イルミネーションは冬の空気で冴えて光が鮮やかで、紅葉が園内の水面に映え、春とは全く違う景色を楽しむことができました。

なばなの里周辺の観光や美味しいお店やおすすめ、穴場、行った人だからこそ知ってるスポット


3月上旬から4月上旬にかけては、河津桜からはじまって、ソメイヨシノまで桜の風景が楽しめます。
日中はもちろん、5月までやっているイルミネーションと合わせた夜桜見物も美しいです。
真っ暗な空、ライトアップされた鮮やかな桜並木は必見です。
イルミネーションのメイン会場の出口付近にあるチューリップ畑も見事です。
こちらはメイン会場に比べると暗めなのですが、暗い夜空に浮かぶチューリップの花畑の散策はなかなかできない経験です。周りに植えられた桜も一緒に鑑賞することができます。
12月上旬までの紅葉のシーズンはイルミネーションと紅葉を同時に楽しむ事ができます。
この季節は園内にある日帰り温泉施設、里の湯がおすすめです。
露天風呂からの紅葉の美しさをながめ、イルミネーションや園内散策で冷えた身体を温泉で温めることができます。
また、地上45メートルの高さから園内を見下ろすことができる展望台、アイランド富士から見る園内のイルミネーションや近隣の夜景も絶景です。