愛犬家族!犬を多頭飼いしたい!利点、注意点、便利グッズなど

ペット

愛犬家の人は多頭飼いをする上で、注意点やメリット、デメリットなどについてわかりやすく紹介したいと思います。

犬を多頭飼いする場合のワンちゃん同士の相性~品種や年齢による違いやケアの仕方

多頭飼いするときに注意すること

 知らない人にほえる。

犬を外や部屋で飼うときは、家族が増える、排泄物や鳴き声などがあるので、近所の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。

相性がいい犬を飼う。

ミニチュア・ダックス、ミニチュア・ピンシャー、ゴールデン・レトリバー、ミニチュア・プードル、スタンダード・プードルなどは、仲が良いので多頭飼いしても喧嘩が起こりにくいのでおすすめです。

ゲージを用意する。

先に飼っている犬がいるときに、子犬を飼うときは離乳期は別な部屋で育てるため、ワクチンが終わるまで他の犬に触れあわないようにしましょう。
病気やケガ、体調が悪いときはケージが必要です。

多頭飼いは費用がかかる。

可愛がるためにつくられたポメラニアン、シーズー、マルチーズなどの犬は洋服を着せる、トリミングを定期的にする、エサ代やおやつなど費用がかかります。
愛玩用でつくられたワンちゃんは、可愛いので何着も服を持っているので、散歩をするときにたくさん着せたい人が多いです。
トイ・プードルはひとなつこく陽気で誰とでも仲良くできます。
ヨークシャーテリアは、個性は強いが同じ種類の犬を飼っても飼い主を独り占めすることがありません。

ワンちゃんの気持ちを理解しよう!犬の多頭飼いにはやきもちはつきもの。フェアな対応でワンちゃんもストレスフリー!

 尻尾を振っても機嫌はよくない。

犬が尻尾を振るのは機嫌が良いときだけではなく、緊張しているとき、攻撃的な気持ちのときもしっぽをふります。

神経質で不安なワンちゃんは、緊張して勢いなく振り、威嚇しているときは高い位置で小刻みに速く振ります。
尻尾を振っているときは、機嫌がいいよくないときもあるので、ワンちゃんの様子をみながら慎重に近づきましょう。
※興奮しやすく攻撃的な犬は、ほかの犬と生活が大変なので、新しく家族に入った犬にケガをさせてしまう可能性があるのでよく考えて、臆病なワンちゃんがいるときは、多頭飼いすることで、ストレスをためて我慢してしまいます。

ワンちゃん同士の年が離れている。

先に住んでいる犬と10歳以上離れて子犬が来たときは、先に住んでいる犬は老犬で静かな生活をしたいと考えている可能性もあるので、若くて元気があるワンちゃんは刺激が強いので、ワンちゃんの性格を考えて若いワンちゃんを飼いましょう。

甘えん坊で、飼い主さんへの依存心が強いワンちゃん。

飼い主さんのことが好きなワンちゃんは、多頭飼いをすることで、愛情を独占できないことでイライラしてしまう可能性があります。

多頭飼いメリットとは?

先に住んでいるワンちゃんが2頭目の犬にルールを教える。

きちんとしつけがなされていないと、二頭目を飼っても決まった場所に排泄物ができずに困ってしまうので、きちんとしつけをする必要があります。
トイレや吠え癖、食事の仕方などは、先に住んでいるワンちゃんのやり方をマネするので、二頭目のワンちゃんを飼うときは、しっかりとしつけをしてから多頭飼いをしましょう。

社会性が身につく。

犬は数頭で生活すると先に住んでいる犬が、二頭目以降の犬の世話やルールを教えてくれます。
多頭飼いをすることで社会的な常識を身につけられますよ。

留守番ができる。

飼い主が居ない状況の中にいると、不安な気持ちがあるので、家の中を歩き回る、ソファーなどを噛みつくなどをしますが、同じ仲間がいると安心して留守番ができるようになります。
家を留守にすることが多い人で、犬を飼っているときは多頭飼いをするときはよく考える必要があります。

散歩をするペースが違う。

大型犬と小型犬だけではなく若い犬、年老いた犬は、散歩のペースが違うので2匹別々に散歩に行く必要があります。
一緒に散歩に行くときは気を使うので、散歩中は他の犬に吠えられる、犬同士が仲が悪いとお互いにストレスを感じて、ストレスを発散させることが難しくなるときもあるので、毎日の生活で様子をみる必要があります。

お客さんがくるたびにほえる。

家の近くを通っただけなのに、よくほえるワンちゃんはいますが、毎回ほえていたら近所迷惑になるので注意が必要です。

まとめ

 

ワンちゃんが好きな人は多頭飼いをすることが多いと思いますが、ワンちゃんの性格やワンちゃん同士の相性を考えて他の犬を飼うようにすることが大切です。
私の知り合いにトイプードルを4匹飼っている家がありますが、リビングはゲージが置いてあり、お客さんがくるたびにほえるので大変だと言っていました。
定期的にトリミングや用事があるときは、ペットホテルに預ける、洋服を購入していると言っていました。