ダークサイドミステリー(9月12日)ニホンオオカミを追え

2019年9月12日(木)21:00~22:00にBSプレミアムで放送予定の
『ダークサイドミステリー「幻のニホンオオカミを追え!」』について調べました

テレビ番組『ダークサイドミステリー』について

背筋がゾクゾクする程、怖いけど、見てみたい、そんなあらゆるミステリーについて徹底的に検証していくのが、この番組です。
自然の猛威・未解決事件・都市伝説等…、「幻解!超常ファイル」(2013~2018年)から内容を拡大し、より多くの謎を掘り下げていきます。
ナビゲーターを栗山千明さんの感情に流されない様なクールな雰囲気が、番組の雰囲気を更に盛り上げてくれます。またこの番組は日本のアニメーション文化から非常に影響を受けて制作されたとの事です。
(番組のキャラクターや背景像等)
それ故に、今年7月に発生し多くの犠牲者を出した『京都アニメーション放火事件』について、哀悼のコメントを述べられました。

参照元URL:公式HPhttps://www4.nhk.or.jp/darkside/

近年、貴重映像・画像を発見!

絶滅から100年以上経とうとしているニホンオオカミが、今日になって再び注目されています。
1905年(明治38年)に奈良県吉野郡で捕獲されたのが最後とされ(標本として現存している)、その映像はおろか写真さえも一枚も無く、全てが謎に包まれていました。
ところが最近、全国各地での目撃情報、写真の発見、更には最新技術のDNA研究も進められ、これまでの定説が根底から覆されようとしています…。
今から40年以上前の1970年代にも、中部地方の紀伊半島で捕獲された動物が“ニホンオオカミ”ではないかと推測された事がありました。
(実際のところ、この動物は野犬かキツネだったとの事です)
この様にいつの時代も、謎に隠されたミステリーや冒険を多くの方は求めていると感じられました。
そして、“とてつもなく大きな発見”をした時の喜びや刺激を願っているのではないでしょうか。

あらゆる視点で謎を解いていきます!

ニホンオオカミに関する写真・映像・資料といった最新情報が次々と発見される一方、ニホンオオカミの姿を“復元”しようと試みようとする方もいらっしゃいます。
その方はこれまで、恐竜等の絶滅種の『生物復元図』を手掛けておられます。
そして今回、数多くの分析をもとに“ニホンオオカミの再現”に挑戦されます。
今やもはやその姿も“伝説”と化している、ニホンオオカミの魅力が次々と掘り下げられていきます!

恐竜やマンモス等の絶滅した動物の絵や等身大の模型は沢山見た事があり、その迫力に圧倒された記憶があります。更に驚く事に(あくまで聞いた話ですが)、ニホンオオカミをクローンで復元する計画もあったらしいです。
ただ、(江戸時代頃から狂犬病等が発生した事もあり、その対策として)次々と人為的にニホンオオカミの駆除が行われ、絶滅へと繋がったとの事です。
それを今になって(最新技術が発達した現在とはいえ)、甦らせるという考えは“世間の話題”になる反面、ある意味人間のエゴの様に感じなくもないですね。

番組への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④