祭り

楽天市場

レディース浴衣はセットでお手軽に買おう!

お祭りや花火大会の季節がやって来ます。今年は、浴衣を着て出かけてみませんか。 でも、普段洋服しか着てないと、何を揃えて、どうコーディネートしていいのか悩んでしまいますよね。 そんな悩みは、浴衣のセット購入で解決します。お手軽に揃えることが出来るので、オススメですよ。
祭り

御前崎みなと夏祭の花火大会!地元民が紹介するおすすめスポット

静岡県の御前崎市で毎年行われる夏祭り&花火大会です。 今年2019年も8月4日に開催されます。 打ち上げの花火は5000発となっていて荘厳ですね!
梅花見

南部梅林梅まつりはココを見ろ!見どころ一挙紹介

毎年たくさんの人が訪れる南部梅林梅まつりは平成31年2月2日(土)~3月3日(日)まで開催されています。お祭りの期間は地元の農家のお店が出店されており、梅干しや漬物が発売されています!名物は「かたやまのいももち」と言ってさつまいもで作られたもので、あんこが入っているものと、入っていないものがあります。是非食べてみて下さい!
京都

地元民が行った!京都葵祭のおすすめ穴場スポット

葵祭は京都三大祭のひとつです。 日本にはたくさんの祭があって最も優雅で古趣に富んだ祭として京都の人はもちろんの事、世界各国の人の間でも知られています。 世界の京都として、たくさんの観光客が「京都葵祭」を見に来ます。 古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発から、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。 壮大な景観と古きいにしえを感じることができます。
祭り

箕郷梅林梅まつりの見どころは?どんなことをやってるの?

群馬県高崎市箕郷町で、毎年梅の花の開花に合わせて「梅まつり」を開催しているよ! 足を運んでみたことはあるかな? 群馬県は全国でも、和歌山県に次いで2位の梅の産地なんだよ! 箕郷梅林のある、ここ高崎市は東日本一の梅の産地。 高崎市「箕郷梅林」、「榛名梅林」 安中市「秋間梅林」 この3つは「群馬三大梅林」と呼ばれているんだよ!
祭り

地元民が行った!府中市くらやみ祭りのおすすめ穴場ポイント

東京の府中市にある大國魂神社では、武蔵国の国府で行われていた5月例祭が起源となっています。 いまでは関東の3大祭りにも連なる伝統ある祭りの一つです。司馬遼太郎作の『燃えよ剣』でも土方歳三が暗闇祭りに参加するシーンが描かれていましたね。「くらやみ祭り」の由縁は、真っ暗な中行うからと云う、実にシンプルなところから名称になっています。
祭り

地元民が行った 吉備路れんげまつりのアクセスと感動穴場スポット

備中国分寺の周辺一面がれんげが満開に咲いていて、れんげ畑に入って遊ぶこともできるお祭りです。 ピンク色のれんげが満開ののどかな風景を見に行こうと思いました。 子供の頃れんげを摘んでおみごとをしたり、首飾りを作ったりして遊んだ懐かしい情景を思い出すことができます。
祭り

地元民が行った 鞆の浦観光鯛網のアクセスと感動穴場スポット

瀬戸内海は福山市では、鞆の浦の初夏の風物詩、観光鯛網です。鯛網は、鞆の浦に約380年も伝わる伝統漁法となっています。外洋で冬を過ごした鯛は初夏、豊後水道・紀伊水道を抜けて、産卵のため波穏やかな瀬戸内海中央部の鞆の浦沖へとやってきて、江戸時代初期までは陸地よりの地引網漁法でしたが、いつのころからか産卵に来る魚群を待ち構えて捕えるようになりました。 航海の安全と大漁を願う樽太鼓と大漁節が浜中に響き、弁財天の使いとなる乙姫が大漁祈願の舞を踊ります。 参加者は潮風に吹かれながら、海の上から漁の様子を見学します。往時の姿をそのまま今に伝える観光鯛網は、見る人の心に深い感動を与えます。
祭り

地元民が行った 笠間の陶炎祭のアクセスと感動穴場スポット

地元民の愛称は笠間のひまつりとして有名な茨城県笠間市で毎年、ゴールデンウイーク期間中に行われる陶芸家や窯元・そして地元の販売店さんなどが素敵な作品を展示するイベントとなっています。 今では茨城県の一大イベントの一つといっても過言ではないぐらいの盛況ぶりです。
北海道

札幌雪まつりは努力の結晶!雪像作りは超大変

「札幌雪まつり」と言えば、やはり雪像ですよね。 このお祭りは、1950年の戦後を少しでも明るくしようと地元の中高生が6基の雪像を作ったことから始まりました。 その後も市民たちによって引き継がれ、 1955年には陸上自衛隊も加わりました。 現在では、200基近くの雪氷像が展示される大きなお祭りへと発展しています。 札幌雪まつりのメインとも言える大雪像の準備は、1月上旬ごろから始まります。 まず札幌市内やその近郊から5tトラック、6500台を使って会場に雪を運び込みます。 その雪は、手間を惜しまず純度の高い雪だけが集められます。