夏休みの工作!小学校低学年におすすめなのは?

子供

夏休みの宿題の一つに『工作』がありますが、小学校低学年の子どもだと

一人で作るのって難しいですよね。

はさみを使ったり、一人では危ない作業もあるので、大人と一緒に

工作に取り組んであげましょう。

でも、夏休みの工作って何を作ればいいの?

小学校低学年でも簡単に作れる作品ってどんなの?

そんなパパやママの疑問にお答えします。

小学校低学年でも作りやすく、材料もすぐ手に入る牛乳パックを使った

工作を紹介します。

小学校低学年向きの工作キットもまとめたので、必見です。

夏休み工作で小学校低学年向け牛乳パック作品

牛乳パック(ジュース等の紙パック)はだいたいの家庭にありますよね。

ない場合もすぐに手に入る手軽な材料が良いところ。

切ったり貼ったりと加工もしやすく、小学校低学年の子どもの工作には

ぴったりなんです。

貼ったり、デコレーションをしたり、色を染めたりは子どもがやって、

切る目安の線引きや細かなカット部分などは親が手伝ってあげましょう。

≪鉛筆たて≫

鉛筆たては、小物入れやメガネたてなど、アレンジができます。

いくつかの牛乳パックをくっつけて形を変えることもできるので、お子さんと

アイディアを出しながら作るのも楽しいですよ。

≪ブックエンド≫

ブックエンドとしてはもちろん、写真を飾ったりする土台としても使えます。https://youtu.be/xZtexUgxpNI

≪船 水に浮かぶプロペラ船≫

宿題として提出用と自宅用2つ作るのがおすすめ。自宅用は完成したら

お風呂やビニールプールなどで一緒に遊んであげましょう。

自分で作ったおもちゃで遊ぶのも、子どもはとても喜びますよ。

≪ミニ絵本≫

牛乳パックで作る絵本です。お絵かきや物語が好きな子どもにおすすめです。

夏休みの思い出を本にしても素敵ですよ。世界に一つだけの本が作れます。

≪カエルのからくり貯金箱≫

お金を入れるとカエルの舌がパックンと動く仕掛けになっていて、

カエルがお金を飲み込んでいるように見える貯金箱です。

友達とは違う貯金箱を作りたいお子さまにどうぞ。

飾り付けや、アイディアでロボットや他の動物にもアレンジできますよ。


夏休み工作は小学校低学年ならこんなキットはいかが?

牛乳パックや家庭にある物で工作するのはちょっと苦手、少し手の込んだ

作品を子どもと一緒に作りたい。

そんなパパやママには、工作キットがおすすめです。

工作キットでも、デコレーションしたり、色をつければ、オリジナル

の作品にもなります。

小学校低学年向けの工作キットをまとめてみました。

参考にしてみてください。

≪ギンポー じぶんでつくる! ガチャマシン工作キット ≫

オリジナルのガチャガチャが作れる工作キットです。

家でもガチャガチャができるのが楽しいですよね。

カプセルも付属しているので、カプセルの中に入れる物も考えて作るのが

楽しいですよ。

≪自由工作に最適!楽しく作って・楽しく貯金(ちょっ金ハウス) ≫

制作時間は約2~3時間でできるキットです。

お金を入れると自動で10円と500円、5円と100円、1円と50円玉の

3組に分けることができます。

≪パイオニア 牛乳パックで作れる くるりん回転貯金箱 マリンビーチ≫

牛乳パックで簡単に貯金箱が作れるリサイクルキットです。

牛乳パック貯金箱をちょっと豪華に作りたいお子さまにおすすめ。
ポケットにお金を入れると、回転して引き出しにお金がたまります。
https://www.amazon.co.jp/dp1580868284&sr=8-1

≪学研ステイフル工作キットダンボール かぞくでつくる kazokutte カメラ ≫

家族で一緒に考えて一緒に作って遊べるキットです。
親と子どもで協力して組み立てる楽しさがありますよ。

完成したらデコレーションしたり、色をつけてアレンジしてみましょう。

ダンボール工作キットカメラは本物のカメラみたいにシャッターを切ったり、ズームレンズを伸縮させることができるので、お子さんも喜ぶ作品が

できますよ。
https://www.amazon.co.jp/dp1580868556&sr=8-1

≪科学工作 電気・磁気 マルチ発電機B(組立キット) ≫

電気や磁石など、科学が好きなお子さまにおすすめのキット。

電子オルゴールとLED付の組立キットで、組み立てながら発電機の構造

を知ることができます。

電子オルゴールは発電量によって音色が変わります。
https://www.amazon.co.jp/dp1580868850&sr=8-1

まとめ

いかがでしたか?子どもの工作ですが、大人もワクワクしてきますよね。

工作を一緒に作ることで、作品が完成できるのはもちろんですが、

親子のコミュニケーションも生まれます。

子どもと一緒に、アイディアを出し合ったり、作業をすることで、

子どもの成長を感じたり、普段では話さないような話を聞けたりできますよ。

工作を楽しみながら、夏休みの楽しい思いでも作ってくださいね。