100均の折り紙でさくらの花を簡単に作ろう!作り方は写真で

簡単モノ作り

あと少しで4月になりますね!暖かくなり、昼間は薄着で過ごす日もあります。

私の住んでいる地域は、入学式の頃にさくらが満開に咲きます。今年度、入学式の頃にはさくらが散っているかもしれませんね。

そこで今回は、「さくら」の折り方を紹介します。風情があり、日本を象徴する「さくら」の折り方を覚えてくださいね!

さくらの花びらを作りましょう

さくらの花は、きれいですね。風とともに散っていく姿を見ると、なんだか悲しい気持ちになります。さくらを見ると、春を感じます。折り紙でも春を感じましょう。

用意するもの

折り紙 1枚 (できれば両面折り紙)

はさみ

さくらの折り方

半分に折ります。

手前の1枚、真ん中の部分のみ、折って印を付けます。

反対も②同様、真ん中の部分のみ、折って印を付けます。

角と印の部分を合わせて折ります。

角の部分とふちが、合わせるように折ります。

上の部分をふちとふちが、合わせるように折ります。

後ろに向けて折ります。

この形が出来たら、はさみを用意します。

折り目をつけた部分を、はさみで切ります。

はさみで切り、開くと五角形ができあがります。

下側の5ヶ所、写真のように折ります。

写真のように折ります。

残りの4か所も、⑫のように折ります。

角の部分を後ろに折り込みます。10分の1ずつ、角を折りましょう。

できあがり!

さくらができました

さくらの花びらが完成しました。今回は、ピンクの花びらに出来なかったのが残念でした。

両面折り紙で、葉の部分が黄緑色、花びらがピンク色だときれいなさくらですね。

さくらの花びらを壁・模造紙・画用紙などに貼ると、可愛らしくなりますよ。

まとめ

今回は、春を代表する花「さくら」の折り方を紹介しました。折り紙のさくらも良いですが、本物のさくらにはかなわないですね!

春の季節には、さくらの花びらを折り紙で作ってみてください。