クロスをきれいにクリーニング!カビを落とす方法は?

家事

クロスを見てみたらビックリ!
カビが生えていて落ち込んだ経験をしたことある人は多いと思います。

そんなカビが生えてしまってクロスを綺麗にする方法を説明します。

この方法には自分で綺麗にする方法と業者に頼んで綺麗にする方法があります。

業者に頼む場合は料金が発生します。
その料金の相場も紹介します。

クロスのカビに困っている人は是非参考にしてクロスを綺麗にしてして下さい。

カビが生えたクロスをきれいにクリーニングする方法

なぜカビがクロスに生えてしまうのかを説明します。
この原因には3つあります。

①結露によってカビが生える
室内と外の気温との差があると出来るのが結露です。
結露によって濡れてしまったクロスにカビが生える可能性があります。

②風の流れが悪い
風の流れがない隅にはカビが出来やすくなります。
風が流れれば乾き湿気がなくなりますが、その風が吹き込みにくい場所は
湿気の多い状態が続いてしまうからです。

③水漏れ
何らかの原因で雨漏りしてしまったり、するとその水がクロスに吸収されカビの原因になります。
排水溝がつまったり、お風呂のお湯を止め忘れたりといろいろな要因があります。

このような事が原因で出来てしまったカビを
まずは自分で行える方法を紹介します。

市販でカビ取り剤は発売されています。
カビ取り剤には強力な成分が入ってるので、素手で触るのはやめましょう。
その成分は次亜塩素酸ナトリウムと、水酸化ナトリウム(水酸化カリウムの場合もあり)が
使用されています。

このカビ取り剤をクロスにスプレーして上からキッチンペーパーをかぶせます。
そのまま30分放置しましょう。
この方法で落ちない場合は何度か繰り返して試してみましょう。

きれいにカビが取れたあと、しっかりとカビ取り剤をふき取る必要があります。
スポンジやタオルにたっぷり水をしみ込ませて何度も拭きましょう。
そして綺麗に拭き取った後は濡れたままのするとまたカビが発生してしまう可能性が
あるのでドライヤーなどを使ってしっかり乾かしましょう。

あまりごしごししてしまうとクロスに傷がついてしまう場合があるので気を付けましょう。

しかしこのカビ取り剤はクロスを脱色してしまう可能性もあります。
クロスによって全然違うので気を付けましょう。

またこのカビ取り剤に入っている水酸化ナトリウムは再度水に溶けると
強アルカリ性にかわる性質があります。
この強アルカリ性は皮膚の表面を溶かす作用があるのでしっかりふき取ることが大切です。

カビは早めに対処するのが1番です。
見つけて放置しておくとあっという間に広がってしまいます。
早期のカビであれば、市販のアルコールで拭き取ることできれいになります。

酢をつけた雑巾でクロスを拭き、その後重曹をとかした水をスプレーを吹きかけます。
殺菌効果のある酢でカビを綺麗にし、
重曹をスプレーすることでカビ予防も可能になります。

カビ汚れのクロスクリーニングを業者に頼んだ場合の相場

先ほど紹介した方法を自分で試してみても綺麗にならない場合は業者に
お願いしてみましょう。

業者にお願いすることで独自のクロス専用洗剤で洗浄してくれるので
新品の時のようにきれいなクロスに生まれ変わります。

カビが広範囲になってしまった場合も自分で行うのは大変なので
業者にお願いするのもいいでしょう。

気になるのは値段です。
10平米で5000円~15000円とはばが広いです。

このような業者はたくさんあります。
自分がもとめるポイントを決めてから業者を探し始めましょう。

わたしはカビが生えないために結露を毎朝拭くようにしています。
冬は特に外と室内の温度差があるので結露がすごくカビが生えやすいので注意が必要です。

寝室は暖房を付けていなくても、人が寝ていると部屋が温まり
必ずと言っていいほど結露が出来ています。
また鍋を食べた日は部屋が熱気で温まるので結露が出来ます。

朝乾拭きをし窓と開けておくことで乾き、カビの防止に繋がります。

まとめ

カビが出来る原因は以下の3つです。

①結露によってカビが生える
②風の流れが悪い
③水漏れ

自分で生えてしまったカビを綺麗にするにはカビ取り剤や
酢、重曹、アルコールを使用する方法があります。

カビ取り剤を使う際にはクロスが脱色してしまったりする場合もあります。
またカビ取り剤を使用した後はしっかり引きとりましょう。

自分では綺麗に出来なかったり、カビが広範囲になってしまった場合は
専門の業者に依頼することが出来ます。

値段は10平米で5000円~15000円です。

お金は掛かってしまいますが、独自の洗剤や道具を使い
新品のように綺麗になります。

またカビは早く対応することが大切です。
早く対応することでカビ取り剤を使わすアルコールで綺麗にすることが出来ます。

放置しておくとすぐ広範囲に広がってしまいます。
注意しましょう。

そしてクロスのカビに悩んでいる人は是非参考にしてみて下さい。