幼稚園や保育園とはどう違う?認定こども園とは

子供

「認定こども園」ときいた時、「保育園みたいな子供の通うところ」と

いうイメージはあるけれど、どんな園なのか曖昧な方は多いのではないでしょうか。


仕事していなくても預けられるの?

保育園との違いって何?

保育料は変わるの?

など、たくさんの疑問がありますよね。

そこで、認定こども園がどのようなところかわかりやすく解説したいと思います。

そして保護者の方が気になる「保育料」についても紹介しますので、認定こども園を

選ぼうか悩まれている方は、参考にしてみてください。

認定こども園とはどんなもの?わかりやすく解説

認定 こども 園とは わかりやすく

認定こども園を一言で説明すると、幼児教育・保育を一体的に行う施設です。

幼稚園と保育所の両方のよさをあわせもっている施設なんです。


認定は都道府県で行い、条例により認定内容が定められています。

中には、独自の基準を設けている所もあります。

認定こども園には4つの種類があります。

保育所は厚生労働省の管轄、幼稚園は文部科学省の管轄というのはなんとなく

皆さん知っていますよね。

これに対して、認定こども園は内閣府が管轄しています。

つまり、厚生労働省も文部科学省も関わってるので、両方の機能をもっている

施設なんですね。


認定こども園は、家庭の事情や地域の実情などに応じて柔軟な選択ができるように

4つの種類に分けられています。

では、それぞれ見ていきましょう。

①幼保連携型


幼稚園的機能と保育所的機能、両方の機能をあわせもっているタイプです。

小学校児童との交流の機会や小学校との連携などを図り、円滑に小学校へ進み

教育が受けられるようにと考えられタイプなんですね。

②幼稚園型


公立や私立の認可幼稚園がもととなっているタイプです。

幼稚園タイプと言っても、保育が必要なこどものための保育時間を確保して

長時間預かりを実施したり、0歳からのお子さまを預かったりするなど、保育所的な役割を備えています。

③保育所型


公立や私立の認可保育所がもととなっているタイプです。

保育が必要なお子さま以外のお子さまを受け入れるなど、就労していない保護者の

かたでも利用できる幼稚園的な役割も備えています。

④地方裁量型


幼稚園および保育所のいずれについても認可のない地域の教育・保育施設が

もととなっているタイプです。

待機児童解消のため、新たに認定こども園とし、その機能を果たしています。

以上が認定こども園の4つの種類です。

地域にある認定こども園がどの種類なのかを知っておくことも、認定こども園

選びで大切ですよ。

認定こども園の一番のメリットは、「保護者の就労に関係なく通うことができる」ということです。

保育園に通う場合、共働きの家庭でないといけません。

一方、認定こども園は、保護者が働いていても働いていなくても利用できます。

そのため、入園後に仕事が決まった、出産のために仕事をやめる、子供が大きくなるまでは、育児に専念する、など就労状況の変化があっても問題がありません。

このように、就労形態によっても柔軟に対応できるので、パート就労やフリーランスの家庭でも利用しやすいことも特徴のひとつです。

また、子どもにとっても、せっかく慣れた保育園や幼稚園を親の就労や出産で

変えなければならないということも避けられます。

さらに、認定こども園には共働き家庭の子どもも専業主婦(主夫)家庭の子どもと

赤ちゃんから年長児までいるため、違う年齢の子どもと接することができ、

子供の成長にも繋がります。

加えて、2・3号認定が完全給食である点もママとしては嬉しいですよね。

給食室が設置されているため、園によっては1号認定でも給食を食べられる

場合があります。確認してみるとよいでしょう。

たくさんのメリットを紹介しましたが、注意することがあります。

入園後に就労を開始する場合には認定区分に変更が生じます。

預かり時間などに変更がでる可能性があるので、事前に園に確認を取りましょう。

認定こども園の保育料はやっぱり高い?

認定こども園にはたくさんのメリットがあることはわかりましたよね。

だとすると、保育料は高いんじゃないの?と不安になりますよね。

結論からお話しすると、認定こども園だから保育料が高い・安いはありません。

保育料は、3つの認定区分のどれに認定されたかで決まります。

認定こども園の保育料は、「認定区分」によって利用条件が異なるため、

まずはご自身がどの区分に当てはまるのかを確認することが大切です。

これの保育料の認定は、認定保育園ではなくても同じです。

保育料の形態についてお話しします。
保育料は、国の定めた基準に基づき、市町村が認定します。

市町村民税と家庭の所得、認定区分、お子さまの年齢により料金が異なります。

きょうだいが同時入園する場合にはきょうだいの分は保育料が安くなるなどの

割引もあります。

料金の設定については、地域によって異なるため、注意しましょう。

例えば私立と公立で保育料が同じ料金設定であることもありますし、

入園料の設定が異なるといった場合もあります。

住んでいる自治体のホームページや問い合わせで確認してみましょう。


実際に国が定めている料金形態は次のようになります。

料金形態は1号~3号の認定区分で分けられています。

・1号認定:0円~25,700円(※月額)
・2号認定:0円~101,000円(※月額)
・3号認定:0円~104,000円(※月額)

これはあくまで国が決めた基準(上限)です。

市町村によって違いはあります。

また、各市町村で従来の幼稚園が認定こども園に移行する場合は、

移行前までと移行後で保護者のかたの負担に差が出すぎないよう

配慮することが指導されています。

その他にかかる費用もあるので、紹介します。

・バス代

通園区が広い園など、交通の手段がない場合に必要となります。

月額 約2,000円~5,000円程

・設備、制服、体操服、教材などにかかる費用

各施設によって料金や支払い方法(月額・年間)は異なります。

数千円~50,000円程

・保護者会費

保護者会のイベントや、園行事で園児に渡されるプレゼント代に使われる費用です。

年1,000~3,000円程

・園内の習い代

園内で、習いごと(体操、知育、英会話など)を実施している施設があります。

参加するのに掛かる費用です。

これらは、園によって、費用は大きく異なります。

月額数千円~数万円

保育料以外にかかる費用は、入園前に確認しておくといいですよ。

その他、現在は保育料の負担を減らす政策も打ち出されました。

住民税非課税世帯のみ、0歳~2歳の子の保育料は無料。(ただし月に4.2万円まで

なので、それを超えると実費になる)

3歳~5歳のお子さんは、全員が保育料無料となっています。

これは、認定こども園でも同じです。子育て家庭としては嬉しいですよね。

まとめ

認定こども園がどのような施設か知ることができましたでしょうか。

認定こども園は4種類あると紹介しました。

それぞれの種類別に特色がありますので、入園を希望される際には、まず

園の見学をして、特色を確認することをおすすめします。

保育料以外にかかる費用もあらかじめ確認しておくことで、急な出費に

慌てずに済みますよ。